今月17日までの1週間の患者数も同じ時期として過去最多になっていて、厚生労働省は、うがいや手洗いをするよう呼びかけています。 国立感染症研究所によりますと、去年一年間に報告された患者は9万2625人で、過去10年で最多でした。 「伝染性紅斑」いわゆる「リンゴ病」は、感染すると発熱のほか、頬や腕に赤い発疹ができるのが特徴で、妊娠中の女性が感染すると流産につながることがあります。 「リンゴ病」の感染が広がっています。
木の中で繁殖し、自ら産んだ卵でオタマジャクシを育てる奇妙なカエルがおよそ140年ぶりにインドの北東部で再発見された。  メスは木のうろの内側に卵を産み付ける。 そこには水が溜まっており、オタマジャクシが孵化すると水の中に落ちる。 オタマジャクシと同じ水の中に隠れていたメスを、私たちは過去の研究で見つけています」 複数のメスが使ううろもあったことから、子どもに食事を提供し続ける負担を分かち合うカエルのコミュニティの存在も考えられるという。 同論文の共著者であるベルギー、ブリュッセル自由大学両生類進化研究所のイネス・ファン・ボクラール氏は、このカエルのDNA、奇妙な繁殖行動、そして生体構造は、「カエルの進化の過程におけるごく初期での枝分かれを示している」と言う。 メスはその場所で、オタマジャクシが小さなカエルになるまで自ら産んだ無精卵を食べさせるのだ。 「メスが営巣地に残っている可能性もあります。 氏は Polypedates jerdonii と命名したが、今回の調査のリーダーを務めるインド、デリー大学の生物学者サティアバマ・ダス・ビジュ氏らの研究により、まったく新しい属であることが判明。 集団で子育て? 研究チームは、メガラヤ州の東カシ丘陵地区で、最大19個のカエルの卵が入ったオタマジャクシを発見した。 なお、他のカエルのオタマジャクシの食料はたいてい植物性である。 氏は、メスが木のうろに戻ってはオタマジャクシの胃を卵で満タンにしているのではないかと考えている。  19世紀に、体長およそ5cmのこのカエルをインドのダージリン地方で初めて発見したのは英国の動物学者トーマス・ジェルドン氏だ。 新たに Frankixalus jerdonii と名付けられ、1月20日付の科学誌「PLOS ONE」で発表された。 エサを産み落とすところは観測できなかったが、1度に1つずつ産卵できる風変わりなチューブ状の組織がメスの生殖器から伸びているとビジュ氏は記している。 「彼らが母親の卵のみを食べていることは明らかです」とビジュ氏は言う。  科学者らは竹の中や木のうろに隠れているカエルを観察した。 彼らはそこで驚くべき芸当をやってのける。 このカエルが最後に記録されたのは1870年で、絶滅したと考えられていたが、2007年に開始した3年にわたる調査で科学者らが発見した。
宇宙を観測し続けたことで、大気中の汚れなどが表面に付着したため。 3月上旬にはメンテナンスを終え、再び鮮明な星空を映し出す予定。  同天文台では厚さ最大20センチ、重さ約1トンもの主鏡をはじめ、なゆたを構成する3種類の反射鏡を4日かけて慎重に搬出。 なゆたは、一般の人たちが観測可能な望遠鏡としては、世界一の大きさを誇る。 反射率は60%台から約90%に回復する見込みという。 今回は茨城県の工場に搬送し、表面のアルミニウム膜を張り直す「再蒸着(さいじょうちゃく)」を施す。 2004年に設置され、08年12月~09年3月には、初めての補修作業が欧州で行われた。 兵庫県立大西はりま天文台(同県佐用町西河内)で21日、世界最大の公開望遠鏡「なゆた」の口径2メートルの主鏡(反射鏡)が、補修に伴い7年ぶりに搬出された。 作業を見守った同天文台の研究員は「とにかく無事に、元通りになって戻ってきてほしい」と話していた。
この天体の重力は、太陽系外縁部の準惑星の動きや、海王星よりもさらに遠くにある「カイパー・ベルト(Kuiper Belt)」と呼ばれる領域の天体にも影響を与えているという。 チームによると、この天体は数理モデルとコンピューターシミュレーションを通じて発見された。 チームが発表した声明によると、「プラネット・ナイン(Planet Nine)」の通称で呼ばれているこの天体は、地球の約10倍、冥王星の約5000倍の質量を持ち、「太陽系外縁部の異様な、非常に細長い軌道」を巡っている。 また同大学のコンスタンティン・バティギン(Konstantin Batygin)助教(惑星学)は「過去150年以上の間で初めて、太陽系の惑星探査が不完全である確かな証拠が得られた」と話している。 「この新惑星が太陽の周りの公転軌道を完全に1周するのには1万~2万年かかる」と推定されるという。  直接の観測にはまだ至っていないが、現在、米ハワイ(Hawaii)のW・M・ケック天文台(W. M. Keck Observatory)にある口径10メートルの望遠鏡や、すばる望遠鏡(Subaru Telescope)などが観測を試みている。 カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン(Mike Brown)教授(惑星天文学)は「これは、本物の太陽系第9番惑星とみられる」「太陽系のかなりの部分が未解明の状態。  研究結果は、米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナル(Astronomical Journal)に掲載された。 これは、非常に胸を躍らせることだ」と語る。 米カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは20日、太陽系の最外縁部に存在する未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表した。
病期ごとの生存率はI・II期が100%で、III期が94.2%、IV期が52.8%だった。 全がん協は、これまで5年相対生存率を算出してきたが、加盟施設のデータが出そろったことなどから、10年相対生存率の公表に踏み切った。 今回の10年相対生存率は、データ提出施設が限られているため、施設別の生存率は公表していない。 全臨床病期の生存率は4.9%。 全臨床病期の生存率は90.9%。 KapWebの開発者である千葉県がんセンター研究所の三上春夫所長は、10年相対生存率を算出する意義について、「がんという病気は、5年や10年で終わるものではなく、私たちは長い経過の一部を切り取って評価をしている。 この10年相対生存率は、全がん協に加盟する16施設で1999年から2002年にかけて診断治療した3万5287症例が対象。 10年相対生存率が90%以上の甲状腺の症例数は505。 生存率が90%以上だったのは、甲状腺で90.9%だった一方、30%未満だったのは食道(29.7%)、胆のう胆道(19.7%)、肝(15.3%)、膵(4.9%)などだった。 これにより、がんを長い経過でとらえることができる」と話している。 データ精度を高めるために良性腫瘍や上皮内がんなどを除き、自施設診断自施設治療と他施設診断自施設治療を解析し、診断のみの症例を外した。 国立がん研究センター(国がん、堀田知光理事長)は20日、全国がん(成人病)センター協議会(全がん協、堀田会長)の協力を得て初めて集計したすべてのがんの全臨床病期の10年相対生存率が58.2%だったと発表した。 病期ごとでは、I期が29.6%でII期が11.2%、III期が3.1%、IV期が0.9%だった。 一方、生存率が30%未満の膵の症例数は895。



「カイロプラクティック」 (Chiropractic) は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック Chiropractic の他にオステオパシー (Osteopathy)スポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

アメリカ(米国)の治療師D.D.パーマー が体系づけられた。

病変は神経系の障害から発症するとの考えに基づき、体、主に脊椎関節の調整で神経の機能回復をしようとする施術なのです。