脊椎・骨盤矯正とカイロプラクティック(手技療法)



新宿御苑や京都御苑など一般財団法人「国民公園協会」が管理する施設の5駐車場で、駐車場の管理にあてるために徴収した駐車料金計約5600万円が、売店の赤字補塡(ほてん)などに流用されていたことが、会計検査院の調べで分かった。 問題があったのは、皇居外苑、新宿御苑、京都御苑の計5駐車場。 協会は環境省の委託で駐車場を管理しており、年計約3億円になる駐車料金からまかない、余った分は積み立てている。 検査院が協会の経理を2014年度までの10年分について調べたところ、5駐車場で徴収した駐車料金から計約4300万円が売店やレストランの損失の穴埋めに充てられ、計約1300万円が駐車場以外の清掃などへの人件費に使われていた。
声明では、「次回会合では雇用や物価の進展について精査する」として、12月の会合で利上げするかどうかを見極める姿勢を示した。 米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)は28日、2008年から続けている実質的な「ゼロ金利」政策を維持することを決めた。 声明では、米国経済は「緩やかに拡大している」との景気判断は維持したものの、雇用回復のペースについては「減速した」と判断を引き下げた。


「この酸素は始原的、つまり太陽系より古いものと考えられる」という。  観測データは、67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P/Churyumov-Gerasimenko)を取り巻くガス中の酸素分子(O2)が、彗星が形成される「以前か、その最中」に存在していたことを示唆していると、ビーラー氏は記者団に語った。 これは、約46億年前の太陽系形成にかかわる化学に関する人類の理解に影響を及ぼすかもしれない。  今回の発見に関する英科学誌ネイチャー(Nature)掲載の研究論文の共同執筆者、スイス・ベルン大学(University of Bern)のキャスリン・アルトウェッグ(Kathrin Altwegg)氏は、O2は他の元素と非常に容易に結合するため、「酸素が(原始の状態で)数十億年間も『生き残る』ことができるとは思ってもみなかった」と話す。 これまでの説では、67Pなどの彗星上にO2は存在しないはずだとされていた。 米ミシガン大学(University of Michigan)の科学者、アンドレ・ビーラー(Andre Bieler)氏は、今回の発見は「大きな驚き」であり、太陽系形成に関する通説を覆すものだと述べている。 酸素を含む原始の氷の粒はこのような荒々しい環境には耐えられなかったとされ、太陽系形成の過程はこれまで考えられていたよりも「穏やか」だったと推測できると、研究チームは述べている。  通説では、生まれたての太陽系は混沌とした状態にあり、天体同士の衝突によってまき散らされた物質が、形成されたばかりの太陽に近づいたり、離れたりしながら漂っていたとされていた。


骨格矯正と整体・カイロプラクティック

ブログ ブログ カイロプラクティック





ロイター通信によると、イージス駆逐艦「ラッセン」はベトナムやフィリピンが領有権を主張する岩礁の12カイリ内にも進入しており、特定の国に肩入れしない「中立性」を強調する行動とみられている。  陸局長は、今回の作戦が国際法などにどう違反するかについては言及しなかった。 陸局長の発言は、こうした立場に基づいたものとみられる。 これに対し、陸局長は「自らの行動を米国がどう説明しようと、それは彼らの事情だ」と米国の説明を突っぱねた。 国連海洋法条約では、他国の領海内でも安全を害さない「無害通航」であれば軍艦を含む艦船の航行を認めている。 米海軍のイージス駆逐艦が南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で中国が埋め立てた人工島から12カイリ(約22キロ)の海域内を航行したことについて、中国外務省の陸慷(りくこう)報道局長は28日の定例会見で、「国連海洋法条約などの国際法と中国の関連する法律に違反した」と改めて批判した。 また、中国は南シナ海のほぼ全域を9本の破線で囲った「九段線」の範囲内に主権と権益が及ぶと主張している。 米国は作戦の「中立性」を強調しているが、中国は主張を受け入れない構えを鮮明にしている。 しかし、中国が1992年に制定した領海法では、他国の軍艦が領海内を航行する場合には中国側の許可を得るよう義務づけている。
領土問題などそれ以外の紛争については、ICJを引き続き活用する。  今後は国連海洋法条約に基づき、国際海洋法裁判所(ITLOS、ドイツ・ハンブルク)などで紛争解決を図る。  南極海の調査捕鯨に関して、政府はICJ判決に従い、昨年度は捕獲を伴わない目視調査にとどめた。 この敗訴を踏まえ、政府は専門家の訴訟関与など、より専門的な見地からの紛争処理が可能なITLOSなどを優先することにした。 今年度は捕獲頭数などを削減した上、冬にも再開したい考えだ。 このため政府は今月6日、海洋生物資源に関する分野をICJの管轄から除外することを通知。 政府が、捕鯨など海洋生物の調査や管理に関する国際紛争について、国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)での裁判には原則応じない方針を国連に通知したことが28日、分かった。 外務省などによると、ICJの訴訟では、あらかじめ特定分野を対象から除外できる。  ICJは昨年3月、日本が行っている南極海の調査捕鯨について、「科学的調査とは言えない」などとして中止を命じた。
水素は原始的な微生物がエネルギー源に利用しており、関根准教授は「生命の存在可能性としてはプラスになる」と話している。  東大大学院の関根康人准教授らは、プルームに含まれる微粒子ナノシリカの生成を実験で再現。 こうした岩石は鉄を多く含み、水との反応で水素が大量に発生する。 米航空宇宙局(NASA)はカッシーニをプルームに突入させ、成分を分析する。 氷に覆われた海に生命の発生可能な条件が備わっているとされる土星の衛星エンケラドスの岩石は、地球の岩石と異なり隕石(いんせき)に近い組成であることを、東京大と海洋研究開発機構などの研究チームが明らかにし、27日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。 過去に高熱で溶けたことがある地球の岩石と異なり、隕石や小惑星のような組成でないと、ナノシリカが生成されないことを突き止めた。 原始的な微生物が「食料」にする水素が発生しやすい環境と考えられるという。  研究チームは今回、別の実験で、熱水と反応しているエンケラドス内部の岩石の組成を推定。 エンケラドスは直径約500キロで、表面は氷で覆われている。 米欧の探査機カッシーニが2009年、南半球の氷の下に海が存在し、氷の粒や塩分を含む蒸気(プルーム)が噴き出す様子を確認した。 今年3月、エンケラドスの海に90度以上の熱水が発生していることを明らかにした。






カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック

手技療法(カイロプラクティック)脊椎矯正



D10号棟2階に住む年金生活の1人暮らしの女性(70)は「横浜の旭化成建材の問題は知っていたが、まさか自分が住んでいる所がそうだと分かり、びっくりした」という。 道が問題を公表した28日夜、テレビ局の取材クルーのライトやカメラのフラッシュに建物が浮かび上がった。 新たに不正が発覚したのは、釧路市にある道営愛国団地D10号棟。 北海道まで問題が拡大したことに、長浜局長は会見で「正直、驚きを隠し得ない」と話した。 入居者には28日、道から問題を知らせる文書が届いたという。 旭化成建材は「客観的に見てデータの転用があったと認めざるを得ない」と話しているという。 今のところ不具合は感じていないとしながらも、不安そうな表情を浮かべた。
雑誌の読者プレゼントの当選者数水増しを内部告発したところ、不当に懲戒解雇されたとして、秋田書店(東京)の元社員の女性が解雇無効や地位確認などを求めていた訴訟は28日、同社が女性に解決金120万円を支払うことなどを条件に東京地裁で和解が成立した。 女性の代理人弁護士らによると、女性は2007年4月に入社。 プレゼント業務を担当し、12年3月に懲戒解雇された。


「この酸素は始原的、つまり太陽系より古いものと考えられる」という。  観測データは、67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P/Churyumov-Gerasimenko)を取り巻くガス中の酸素分子(O2)が、彗星が形成される「以前か、その最中」に存在していたことを示唆していると、ビーラー氏は記者団に語った。 これは、約46億年前の太陽系形成にかかわる化学に関する人類の理解に影響を及ぼすかもしれない。  今回の発見に関する英科学誌ネイチャー(Nature)掲載の研究論文の共同執筆者、スイス・ベルン大学(University of Bern)のキャスリン・アルトウェッグ(Kathrin Altwegg)氏は、O2は他の元素と非常に容易に結合するため、「酸素が(原始の状態で)数十億年間も『生き残る』ことができるとは思ってもみなかった」と話す。 これまでの説では、67Pなどの彗星上にO2は存在しないはずだとされていた。 米ミシガン大学(University of Michigan)の科学者、アンドレ・ビーラー(Andre Bieler)氏は、今回の発見は「大きな驚き」であり、太陽系形成に関する通説を覆すものだと述べている。 酸素を含む原始の氷の粒はこのような荒々しい環境には耐えられなかったとされ、太陽系形成の過程はこれまで考えられていたよりも「穏やか」だったと推測できると、研究チームは述べている。  通説では、生まれたての太陽系は混沌とした状態にあり、天体同士の衝突によってまき散らされた物質が、形成されたばかりの太陽に近づいたり、離れたりしながら漂っていたとされていた。