カイロプラクティックと骨盤矯正



カイロプラクティック(背骨矯正法)は、脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」の他にも「オステオパシー」やスポンディロセラピ-などの脊椎矯正法があります。

アメリカの治療家「ダニエル・デビッド・パーマー」(1845~1913) が生み出された。

病態は神経系の障害で起るという考え方に基づいて、身体、主に背骨の調整により神経の機能の回復をしようとする治療法なのです。

19 世紀末アメリカで体系づけられた神経機能障害に対する施術

椎骨の歪(亜脱臼)みを調整、神経の機能を改善させ、各組織や器官の不調を治す

カイロプラクティック(脊椎矯正療法)は、筋肉骨格系障害とそれらが及ぼす身体への影響を判断、治療、予防をする専門職であり、関節矯正もしくは脊椎マニピュレーションを含む手技を特徴とし、主に椎骨のズレ(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療です。

ざっくり言えば…、骨格ゆがみ、特に脊椎異常を手や特殊な矯正ベッドによって治すことで神経の作用を治す施術です。

人の人体を主に制御するのは脳に繋がっている神経線維であり、神経細胞の働きが良くなれば自然と身体は病状の消失とともに健康的になると考えるわけです。

健康管理システムの中の脊椎健康管理の専門家。

神経系や骨格系機能健康そして生活の質をより高める機能を有している。

最新の研究および臨床に基づき、特に脊椎(背骨)と神経系の関り合いを重視し診断、検査、治療に専門的な着手計画をします。

手技、体操、患者の教育など含みながら、特に背骨アジャストメントをする教育を受けた専門家。

カイロプラクティック(脊椎矯正療法)は、既往歴を訊き、姿勢バランスチェックなど各検査を行っていきます。

身体の不整列を統合的に診断して施術方法を組立て病状や体の特徴に適した手技テクニックを用います。

気象庁によると、18日08:30頃と08:36頃、鳥取県湯梨浜町で震度4の揺れを観測する地震が発生しました。 鳥取県中部では17日17:53頃にも湯梨浜町で震度4を観測する地震が発生していました。







「29カ月連続で客数が前年割れしているが、増えるのはいつか」と問われると、カサノバ社長は、「なるべく早い時期にプラスにしたい。  昨年7月に発覚した期限切れ鶏肉問題から業績が急速に悪化した日本マクドナルドは今年4月、業績回復に向けた中長期の取り組み「リカバリープラン」を発表した。 お客の反応を見る必要はあるが(回復への)自信はある」と答えるにとどまった。  だが、日本マクドナルドホールディングスが8月に発表した2015年6月中間決算は、最終(当期)損益が262億円の損失で、01年の上場以降、最大の赤字を記録。 お得感のあるメニューを前面に打ち出す「新・おてごろ宣言!」と銘打ち、サラ・カサノバ社長兼最高経営責任者(CEO)が「新時代を切り開きたい」と期待を込めた。
また、「1年前に始めた昼マックの終了は、客に迷走という印象を与えるのではないか」との質問に対しては、「朝食時間をのぞき、曜日と時間に関係なく、いつでもお手ごろ価格を提供できる」と新メニューに自信を見せた。  昨年10月から平日のランチ時(10時半~14時)に実施していた各種バーガーとポテト、ドリンクを3種の価格帯(350円・450円・550円)で割引販売する「昼マック」は、「おてごろセット」の導入に伴い、10月23日で終了する。 カラフルでポップ感のある包装紙のほか、「エグチ」「バベポ」「ハムタス」のニックネームをそれぞれ名付けるなど客を呼び込むための親しみやすさを打ち出した。 このため、期限切れ鶏肉問題から1年3カ月たったいま、500円の「おてごろセット」で失った顧客を取り戻す狙いだ。 100%のビーフやポークのパテ、タマゴやチーズ、野菜などの具材を使ってボリューム感を増した。 業績悪化に歯止めがかかったとは言えない状況だ。 期限切れ鶏肉問題の影響で悪化した業績回復を目指すリカバリープランの一環。 会見の質疑では、業績を踏まえた厳しい質問が相次いだ。  3種のバーガーは「エッグチーズ」「バーベキューポーク」「ハムレタス」。 8月の既存店の売上高は前年同月比2.8%増となり、19カ月ぶりにプラスに転じたものの、客数は9月まで29カ月連続の前年割れが続いている。




これらのデータは傾いたマンションだけで10本分あった。  担当者はデータの記録に失敗したが、くいが固定されており、再調査が難しいことから、データを転用した可能性がある。
旭化成などによると、同マンションでは建設中の平成17年12月から18年2月の間に、4棟で473本のくいが打たれた。 元請け業者である三井住友建設は、事前に地盤調査を実施し、くいを打つ場所を設定したデータを旭化成建材に提供していた。 結果的に、10本のうち6本は強固な地盤である「支持層」に達しておらず、2本は支持層に到達してはいたが、打ち込みが不十分だった。 横浜市都筑区の大型マンションが施工不良で傾いた問題で、くい打ち施工を行った旭化成建材の工事担当者が「地盤の強度データを記録し損ねた」と、他の地盤データを転用・加筆した理由について説明していることが15日、旭化成への取材で分かった。 くいを打ち込みコンクリートで固定していた。
旭化成によると、工事担当者は聞き取り調査に対し、「プリンターのスイッチを押し忘れたり、記録紙が泥で汚れたり、雨でぬれたりして、きちんと記録できなかった」などと話し、データが適切に記録できていなかったことを認めた。
旭化成建材の担当者は、このデータをもとに施工を行い、ドリルが支持層に達したかを確認。 このうち傾いた建物を含む3棟で計38本分のデータに転用や加筆があったとしている。 旭化成はデータ取得に失敗した状況について、さらに詳しく調査する。