カイロプラクティック・整体(手技療法)と脊椎・骨盤矯正





健康な人の血液からこの細胞を採取してiPS細胞を作製し、5週間かけて再びiNKT細胞に変化させた。 金子准教授は「関連分野の研究者らと連携し、臨床応用を目指したい」と話した。 人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう、英: induced pluripotent stem cells[注 2])とは、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)[注 3]と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。 将来は、がん患者の免疫治療に応用が期待できるという。 こうして若返った「再生iNKT細胞」は、他の免疫細胞の活性化を助ける機能を維持していたほか、通常のiNKT細胞にはない、がん細胞を直接攻撃する能力を備えていた。 2006年(平成18年)、山中伸弥率いる京都大学の研究グループによってマウスの線維芽細胞(皮膚細胞)から初めて作られた。 研究チームは、がん細胞を攻撃するキラーT細胞などを活性化させる働きを持つ「iNKT細胞」に着目。 論文は10日、米科学誌ステムセル・リポーツ電子版に掲載された。 「血液のがん」と呼ばれる白血病の細胞で実験したところ、約6割のがん細胞を死滅させたという。 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、人の免疫機能を活性化させる細胞を作製したと、京都大iPS細胞研究所の金子新准教授らの研究チームが発表した。 再生iNKT細胞は大量に作製でき、さまざまな種類のがん治療に応用が期待できるという。
世界保健機関による定義は「避妊をしていないのに12ヶ月以上にわたって妊娠に至れない状態」となっている。 そのため、少子化を食い止める手厚い補助が検討されてきた。 所得制限はする予定だが、県では来年度予算案に数千万円規模の費用を計上する方針だ。 ただ、和歌山県の今の出生数は1970年代の第2次ベビーブーム時の4割程度しかなく、2000年には全国平均より早く65歳以上が21%を超える超高齢社会になった。 不妊(ふにん)とは、自然な状態で妊娠に至れないか、妊娠を一定期間以上維持することができない状態を指す。 男性の不妊症については「男性不妊症」または「性機能障害」を参照。 WHO、日本産科婦人科学会ともに、「1年以内に妊娠に至れない状態」と定義している。 昨年4月で96万6千人の人口が、60年には50万人に減ると予測されている。 この項では主に女性の不妊症について述べる。 さらに、治療を受ける人が住む市町村がそれぞれ2割程度を助成して、最終的に3割程度の負担になるようにする。 県の新たな制度案では、2回目以降の治療で、従来の上限15万円に上乗せし、治療を受ける人の負担が半額程度になるよう県単独で助成。 自治体が上限15万円までを助成し、1月には国の方針で初めての治療に限り上限が30万円に引き上げられた。 アメリカ生殖医学会も患者向けガイドラインの中で「1年以上」としており、さらに「もしあなたが35歳以上であるならば、6か月以上避妊せずに性交しても妊娠が起きなければ医学的な検査を始めるべきだ」と推奨している。 なお、妊娠に至れない状態を原発性不妊、一度以上の妊娠・分娩後妊娠に至れない状態を続発性不妊と区別する場合もある。
脱毛症(だつもうしょう)とは、本人が生えることを期待していた毛髪(主に過去に生えていた箇所の毛)が生えなくなった状態のことである。 生理学的には、ヒトの頭髪の形状は年齢や個々人の個性により多様であり、こうあらねばならないという正解があるわけではない。 年を取ると毛が薄くなり抜けてしまうのは、毛を生み出す幹細胞が老化し、毛穴の小器官「毛包(もうほう)」が次第に縮小して消えてしまうためだと分かった。 その結果、毛包の幹細胞が本来の能力を失って表皮の角化細胞に変わり、毛包自体も次第に縮小し消失する。 最近では女性のレーザー脱毛と混同されることから 薄毛と言われる事が多い。 55~70歳の女性は若い女性に比べ、縮小した毛包が多く、17型コラーゲンの減少を確認できた。 東京医科歯科大や米ニューヨーク大などの研究チームがマウスの背中の毛と高齢女性の毛髪で解明し、5日付の米科学誌サイエンスに発表した。 毛包の縮小は男性ホルモンによる男性型脱毛症に特徴的な現象と考えられていたが、高齢化でも進むことが確認された。 研究チームはマウス実験の成果を人間で調べるため、大分県別府市の「くらた医院」の協力を得て、顔のたるみやしわを取る美容整形手術で切除された側頭部の皮膚を分析した。 早期に17型コラーゲンの分解を防げば、毛を長期間、維持できるという。 医学的には、毛密度が生来の50%以下に低下した場合を指し、他人から見ても目立つ場合が多いとされる。 毛包では幹細胞が自ら増殖するとともに毛を作る細胞を供給しており、通常は毛の成長と脱毛、休止のサイクルを繰り返している。 17型コラーゲンが分解されると、毛髪を黒くする色素の幹細胞も枯渇して白髪になる。 東京医科歯科大の西村栄美教授らは17型コラーゲンの分解を防ぐ物質を探し始めており、西村教授は「5年から10年の間に薬ができれば」と話している。 幹細胞の老化を防ぐには、細胞と基底膜を結び付ける「17型コラーゲン」が必須であることも発見。 しかし、年を取るとDNAの損傷を修復できなくなり、17型コラーゲンが酵素で分解されてしまう。 通俗的には禿げ(はげ)と言われる。
The Guardianは、フリーカメラマンのAntonio Olmosさんの話を紹介している。 Touch IDセンサ(が取り付けられているリボンケーブル)を交換した場合、新しい部品をiPhoneとペアリングする必要がある。 「iPhone」の指紋認証機能「Touch ID」を非正規の業者に修理してもらったことがある場合は、「iOS 9」へのアップグレード時に端末が使用できなくなる恐れがある。 Appleの正規の修理センターがなかったため、Olmosさんは非正規業者に交換を依頼したという。 「すべてがひどい話だ」とOlmosさんは述べた。 簡単にGoogle検索をかけただけでも、iPhoneが使用不能になったユーザーが多数存在することがわかる。 Appleは、新しいiPhoneを購入する以外に手段はないと述べている。 「アップグレードで使用不能になる製品をわざわざ製造して、顧客にはそれを警告もしないなんてことがあり得るのか」(Olmosさん)この問題の影響を受けたのは、Olmosさんだけではない。 Olmosさんは仕事でマケドニアを訪れていた際にiPhoneを壊した。 しかしそれは、アップデートで端末が使用できなくなるとは思っていなかったユーザーにとって、何の慰めにもならない。 Touch IDセンサは、iPhoneや「Apple Pay」のセキュリティの中心的な要素であるため、改ざんを防ぐためのセキュリティ機能が組み込まれていることは納得できる。 Appleの広報担当者は「エラー53」に関して、米ZDNetへの返答で次のように説明した。 後にOlmosさんのiPhoneに「iOS」アップグレードの通知が来たが、アップグレードは完了せず、端末は「エラー53」が表示されて使用不能になったという。 iOS 9はこのペアリングをチェックしているらしく、ペアリングが実行されていない場合は、警告することなくiPhoneを使用不能にする。 そしてその操作は、正規の修理センターのみで実行される。






カイロプラクティック

カイロプラクティック(脊椎矯正法)は1895年米国(アメリカ)の「パーマー」により発明された治療法です。

カイロプラクティックの呼称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた言葉。

世界保健機関では補完代替医療に位置づけています。

発明国のアメリカや、カナダ、オーストラリア、EU諸国などの一部の国(およそ40か国)はおもに背骨の障害を取り扱う筋肉系・骨格系の専門職として法制化されている国もあります。

世界保健機関(WHO)の定義は「筋肉骨格系の障害とそれが与える健康への影響を診断・治療・予防をする専門職です。

治療として手による関節アジャストメントあるいは背骨マニピュレーションを特色とし背骨の小さなズレに注目している」。

但し、カイロプラクティック(背骨矯正法)の定義は、様々な団体や学校で異なっている場合も多く見られます。

また、疾病症状要因が背骨などの椎骨の構造的、機能的なズレ(サブラクセーション)にあると考え、その亜脱臼(サブラクセーション)手や器具正すことで痛み・シビレを治療するうことがカイロプラクティック Chiropractic と思っている人々がいます。