手技療法と背骨矯正








カイロプラクティック

カイロプラクティック(背骨矯正法)は1895年に米国「D.D.パーマー 」により発明された治療法。

カイロプラクティックの名前の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた言葉。

(WHO)世界保健機関では補完代替医療として位置づけています。

発明国の米国や、ヨーロッパ諸国などの一部の国(約40カ国)は主に背骨の障害を扱う背骨・骨盤の専門職として法制化されている国もあります。

世界保健機関の定義では「筋肉系、骨格系障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防をする専門職です。

治療として手によるアジャストあるいは背骨マニピュレーションを特色とし、特に椎骨の小さなズレに注目している」。

「カイロプラクティック」の定義は、様々な団体や教育機関で違っている時も多く見られます。

痛み症状原因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な異常(サブラクセーション)だと考え、そしてその亜脱臼(サブラクセーション)を手や矯正器具調整することで病気を治療するうことがカイロプラクティック(脊椎矯正術)と考えている人達もいます。