手技療法(整体)と骨格矯正


整体院 .
カイロプラクティック .
整体 .
側湾症 .整体

整体(せいたい)とは、日本語ではふつう手技を使った民間療法(みんかんりょうほう)、代替医療を示す言葉です。



また肉体を整える治療方法全般に対して使われる言葉です。



日本語としては、大正時代に用いられ始めた語句で米国(アメリカ)で生まれた療法・整骨術を整体(せいたい)と言い換えたのが始まりのようです。



今現在、俗にもちいられる意味では、「カイロプラクティック」に似た脊椎矯矯正療法(主に脊椎・骨盤)を主目的とした治療方法を指してつかわれる場合がおおい。



脊椎・骨盤・四肢など、体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正、筋肉の調整を、手を使った手技と補助器具で行う技術及びその方法を表してしるという意見もあるが統一された形態は無い。



徒手的療法により色々な病態を治すことを目指す治療法は「マニピュレーション」と総称されるが、この代表的なものが「カイロプラクティック」・オステオパシーである。 自然治癒力を活性化することと手技療法が治療の中心であるという似た点があるが、セラピー哲学やアプローチの仕方は異なります。



どちらも19世紀後半に米国(アメリカ)で誕生した療法であります。 カイロプラクティック(脊椎矯正術)は脊椎間の「サブラクセーション」(亜脱臼、不全脱臼)を手技によって調整「アジャストメント」し、身体の不調を回復させていこうとする治療法(ちりょうほう)。 オステオパシーは、身体の構造の歪みは体液の循環に悪い効果を及ぼし、神経伝達や内分泌、血液やリンパ液の循環を阻害すると考え、脊柱だけでなく全ての筋肉繊維や骨格構造、内臓、頭蓋骨が治療法の対象となる。



脳髄液の流れの回復やリンパ液の流れの回復も目的とされる。 カイロプラクティック(脊椎指圧療法)・オステオパシー (Osteopathy)の論理・技術は、整体指圧といった日本の徒手矯正に大きな影響を与えた。



整体に定められたやり方はなく、施術する人によって理解・解釈は異なります。 大正のころに伝えられたオステオパシーやカイロプラクティック(背骨矯正法)などの欧米伝来の治療法を主とする整体(せいたい)、日本古来の格闘術の柔術骨法(こっぽう)などの流派に伝わる施術を使った整体、中国医学の施術を利用した整体(せいたい)、各団体の独自の施術方法などを加えた整体(せいたい)などがあるといわれています。



民間療法で、医療の制度から見れば補完代替医療の一つであるが、保険の適応外であるので、通常の医療と一緒に一般の医療現場で治療として利用されることはない。 法律からは医業類似行為の一つとされています。 「整体術」・「整体法」・「整体療法」 とも言われる。 明治に現れた民間療法で、指圧、カイロプラクティック 「Chiropractic」 、「オステオパシー」、光線療法、電気治療などの方法で病気改善の目的で業となす行為を「療術(りょうじゅつ)」というが、整体もこの一つとされた 。



整体(せいたい)は理論・技術共に共通でないため、整体(せいたい)を冠する治療家めいめいが自説を展開している。



カイロプラクティック(脊椎矯正術)の様な科学的・物理的治療と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で一般的に使われる内臓体壁反射などの理論のミッスクとなっている。



体全体の各関節(背骨・骨盤・・四肢・顎関節等)の歪み(ゆがみ)・ズレの補正と筋繊維のアンバランスの矯正など中心に手を使った技術(道具を使用する場合も)でする施術である。

カイロ .
浜松 .
整体院 .

整体(手技療法)と骨盤矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック


腰痛と原因


f8整体、浜松市
急性腰痛症。
急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)は、ある日いきなりウエストに激しい痛みが発現病気で、関節の捻挫・筋繊維の損傷・筋膜の炎症などの状態を言う。
原因。
腰痛とは、腰背部あたりに病状が発病することである。
普通は、ウエスト周り痛のケースでは内臓諸機関の病気、筋肉、皮膚の障害、腰椎関節の捻挫とかが考えられる。

内科的な腰痛でないことを確認する


p5ストレートネック、静岡県浜松市
臓器の内科的な病態のケースには大変な時にが多く、腰痛の患者を診たら一番最初は内科的な病態の確認を行うように。
目安として視察で異常病状の見当らない皮膚組織の疾病はまず無い。
内臓諸機関の疾病の時は安静時の痛みであり、動いているときで症状が収束しない(例外が膵臓炎で丸まった方が病状が軽減する)ことが特別な特徴である。

筋繊維からくる急性腰痛


整体、カイロプラクティック、静岡県浜松市、不眠症
筋繊維の怪我の時では運動時の痛みが主になることが変わった特徴である。
病院などに腰部の痛みを一番の症状に外来受診をする人たちはとても数多い。
腰部の疾患発症した時の腰周り病状が耐えられない痛みなわりに予後が好く1週間程度でおおよそ半分の患者が2週間~1か月で約90パーセントが完治するのが特徴である。
病院を訪れた突発的な腰痛の人の70%が原因不明の腰痛で予後が良好であり椎間板の病変や圧迫骨折などの腰の疾病が約1.5割であり悪性新生物や感染症が原因となるのは1%以下であるという統計があるようです。
すなわち、腰の痛みのみで筋肉の損傷であろうと考えられたら急性腰痛症というような診断でNSAIDsを14日間ほど処方し様子見するのが一般的である。

注意しなければならない「ぎっくり腰」


z6側弯症
注意すべき腰痛
腰椎脊柱管狭窄症や腰椎椎間板異常は臨床所見やCT検査やMRI検査の所見で大方判断できるようです。
だがしかし中には、整形外科的疾患の中にも注意しなければならない病気があり後に記す。




カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック