カイロプラクティックと脊椎・骨盤矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック


腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰に苦痛、発赤などを生じる状態を指す一般的な言葉。
NO.2
世界の腰痛事情。
国で学会の施策文化や暮らしや慣習が異なっても腰の疼痛の発症確立は比較的一定である。
世界保健機関の資料は次のように言っている。
「腰部(ようぶ)の症状の発症の度合いや有病割合は各地域のあちこちおおよそ同じである。 腰(こし)の症状は各国で休業する要因の筆頭である」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰部(ようぶ)の病気の痛みの原因は日常の姿勢にあると1976年のナッケムソンの提言以降、欧州では就業中・家事労働中などの予防がされている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年のヨーロッパ委員会の腰痛診療ガイドラインでは、ヨーロッパにおける腰(こし)の病気の生涯発症する割合は84%で、有病割合は23%になります。
NO.5
米国での腰痛事情。
アメリカにおいても、大半の人の腰部(ようぶ)の疼痛は、要因を定めることのできない原因不明の腰痛である。 この問題についてナッケムソンは明快な学会の問題を指摘している。 米国アメリカでは、腰部(ようぶ)の痛みの為に1年間に日本円で1000億円以上が無駄に使われていると算出されている。
NO.6
日本の腰痛事情。
わが国でも腰部(ようぶ)の疾患が自覚症状のある患者の比率で一番(最多の症状)で、国民の80%強が生涯において腰部(ようぶ)の疼痛を経験している。 多くの人々は腰部(ようぶ)の病気を主張してもレントゲン・MRI診断で異常部位が見付けられないようなケースも普通にあります。 異常が箇所が見つかる時もその病変部位が腰痛(ようつう)の要因と言えない場合もあり、腰部(ようぶ)の痛み患者の8割が病因場所が、わからない(原因不明の腰痛)。
NO.7
筋骨格系の腰痛と、それ以外の腰痛の割合。
腰部(ようぶ)の疾病を訴える患者のうち、骨折、感染症、がん、変性疾患など、要因の特定できるのは15%ほどであり、あとの85パーセントほどは、原因箇所の分からない非特異的腰痛である。 エックス線・MRI異常が見付かったとしてもそれが腰(こし)の疾患の原因であるとはかぎらない。
NO.8
年配者の腰痛
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄は、年寄りには非常にありふれていて、CT検査やMRI検査で大抵の老人には認められるが、たいていのケースは、それは腰の疼痛の原因ではない。
そのことは、しばしば外科手術を実施する理由にされるが、その外科的処置がうまくいっても結果的に腰部の症状が減少することはまれである。
NO.9
緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)。
筋繊維などに過度なストレスが加えられることで、筋肉繊維が緊張する為にひきおこされる腰の疼痛です。 過剰な負荷を強いられると、交感神経は通常優勢になり活発化し緊張をしいられ、他の筋肉組織にも力が入る。
その結果バランスを調整しようと腰の筋繊維かかる力が大きくなり、腰痛が出現する。
NO.10
慢性腰痛。
腰の疾病が、3ヶ月以上持続する時慢性腰痛です。
心理的不安や精神的ストレスなどのメンタル因子の関係が大きい。 急性腰痛から慢性腰痛への変化は、しばしばイアトロジェニックである。
NO.11
イアトロジェニック病って?。
アメリカの死亡の要因の三大原因の一つにイアトロジェニック病というのがあります。
1位は心臓の病気2位は癌、そして3位がイアトロジェニック病です。 イアトロジェニック病というのは分かりやすくいうと病院の治療で引き起こされた死。 医療や薬、手術などが要因となる死です。
NO.12
危険な腰痛。
緊急性の高い腰痛は、致死性の腹部大動脈瘤と大動脈解離、ケースによっては死亡する危険性の腎梗塞、急性膵炎、排尿と排便ができにくくなる場合もある馬尾症候群などが挙げられる。 注意を必要とする腰痛は、結核性脊椎炎、化膿性脊椎炎椎間板炎などの脊椎感染症や、多発性骨髄腫やがんの骨転移などの悪性腫瘍の骨病変がある。
NO.13
非特異的腰痛を来たしやすい要因。
心理的要素(家族への不満、不安、精神的緊張、抑うつ)。
肥満(BMI高値)。 妊娠後期(子供を出産した後腰痛は軽快する)。
腰に負荷のかかる職業(重量物の運搬、介護職、運転手)。
運動不足。 腰痛の男女の比率は、そんなにない。
脚長差は、ほとんどの場合腰痛の要因になりません。
NO.14
欧州の腰痛のガイドラインによれば…。
ヨーロッパでの指針によれば、腰痛は、疾患でなく、症状である。 腰痛の要因は、腰部に過剰な負担のかかる腰の使い方による神経・腰椎・椎間板などの障害、悪性新生物などの特異的疾患による障害、の2つである。




カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック