整体と背骨矯正

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰のまわりに疼痛発赤などを感じ取る様を指し示す一般的に使用される用語。
NO.2
世界の腰痛事情。
地域によって行政や学会の方針、カルチャーや暮らしや習わしが違っても、腰部(ようぶ)の痛みの発症の頻度は、大体一定である。 WHOの通知では次のように評されている。 「腰(こし)の疼痛の発症の度合いや有病割合は、それぞれの土地の多くの場所でほぼ一定です。
腰(こし)の疾病は、世界中で休業するりゆうのナンバー1」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰(こし)の疾患の痛みの原因は体の姿勢にあると1976年のナッケムソンの発言以来、欧州ヨーロッパでは仕事中・家事労働中などの対策がされている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年の欧州ヨーロッパ委員会の腰部の痛み診療ガイドラインによれば、欧州ヨーロッパでの腰部(ようぶ)の疼痛の一生涯発症の比率は84%で、有病割合は23%です。
NO.5
米国での腰痛事情。
米国アメリカでも、多数クランケの腰部(ようぶ)の疼痛は原因を特定できない原因不明の腰痛のようです。 この事に関して、ナッケムソンは明確に学会の問題点を示唆しています。 米国は、腰(こし)の症状が原因で、12ヶ月間に日本円で1000億円以上が失われていると計算されている。
NO.6
日本の腰痛事情。
日本においても、腰部の痛みが有訴者率一番(もっとも多い症状)で、日本人の80パーセント以上が生涯において腰(こし)の疼痛を経験されています。 大半の人は腰部(ようぶ)の疼痛を訴えてもレントゲンやMRI診断で異常個所が見つけられないことも珍しくない。 要因がある時もその異常部位が腰部の疾病の原因でない事もあり、腰部の症状患者の80パーセントが原因部分の、特定することができない(非特異的腰痛)。
ブログブログブログ



カイロプラクティック
カイロプラクティック
カイロプラクティック

カイロプラクティックと脊椎矯正

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰の処に苦痛炎症などを感ずる状況を指し示す一般的に使用される語句。
NO.2
世界の腰痛事情。
国・地域によって、行政や学会の方策カルチャーや暮らし、仕来りが違っていても腰の疾病の発症の度合いは、おおよそ一定である。
WHO世界保健機構の著述では後述のように書かれている。
「腰(こし)の疾患の発症の度合いや有病割合は世界中の至る所でおおよそ同じである。
腰部(ようぶ)の痛みは、世界各国で休業する要因のナンバーワン」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰の疼痛の苦痛の原因は体の姿勢にあると1976年のナッケムソンの発言から、欧州では職務中・家事などの対策が行われている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年の欧州委員会の腰部の疼痛診療ガイドラインでは、欧州における腰部(ようぶ)の疾患の一生のうちでの発症確立は84%で、有病割合は23%である。
NO.5
米国での腰痛事情。
米国おいて、多数クランケの腰の症状は原因を断定できない非特異的腰痛です。 こ現状について、ナッケムソンは明確にアカデミーの問題点を指摘されています。
米国アメリカは腰(こし)の病気が原因で、12ヶ月間に日本円にして1000億円以上が失われていると算出されている。
NO.6
日本の腰痛事情。
日本においても、腰部(ようぶ)の痛みが有訴者率一番(最多の症状)で、日本国民の8割以上が一生において腰部(ようぶ)の疼痛を経験している。 大半の人は腰痛(ようつう)を主張してもエックス線・MRIで原因が診つけられないことも多くあります。
異常が見つかる場合でも、その異常部位が腰部(ようぶ)の疾病の原因とは限らず、腰(こし)の症状の人の80%が病変部位が、特定されない(非特異的腰痛)。
ブログブログロック



ブログ
ブログ
カイロプラクティック

整体(手技療法)と脊椎・骨盤矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰(こし)周りに痛み炎症などを生ずる病状を指す一般的な言葉。
NO.2
世界の腰痛事情。
国によって、行政の政策カルチャーや生活様式や習わしが違っていても腰の疾病の発症の頻度は、おおむね同じである。 世界保健機関の情報では、次のように語られている。
「腰の病気の発症の比率や有病率はそれぞれの地域の至る所でほぼ同じです。
腰(こし)の痛みは各国で仕事を休む原因のナンバーワン」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰(こし)の痛みの痛みの原因は普段の姿勢にあると1976年のナッケムソンの発言以後、ヨーロッパでは就業中・炊事洗濯中などの予防がされている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年の欧州ヨーロッパ委員会の腰の痛み診療ガイドラインによれば、ヨーロッパにおける腰の疾病の一生のうちでの罹患率は84%で、有病割合は23%である。
NO.5
米国での腰痛事情。
アメリカおいては、多数人の腰部(ようぶ)の症状は要因を特定できない非特異的腰痛である。 この点について、ナッケムソンは明確なアカデミーの問題を示唆しています。 アメリカは、腰部の症状が原因で1年間に日本円に換算して1000億円以上が失われていると計算されている。
NO.6
日本の腰痛事情。
わが国でも腰(こし)の疼痛が自覚症状のある患者の比率で第一位(もっとも多い症状)であり、日本国民の80パーセント強が生涯において腰痛(ようつう)を経験している。 大半の人は腰の疾患を主張してもレントゲン・MRI診断で要因が見当たらないようなこともあります。 異常個所があった時もその異常個所が腰部(ようぶ)の疼痛の原因とはかぎらず、腰部の痛み患者の80パーセントは疾病部分の分からない(非特異的腰痛)。
ブログブログブログ



カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック