脊椎矯正と整体

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック



ただし『考える人』のように片手にあごを乗せても効果は上がらない」と指摘する。 バリウムで作った便のようなものを排せつする検査を受けた際に収集したデータを分析した。 チームは、高野部長が留学した米国の病院で、便秘など排便の困難を訴えて受診した男女約50人を対象に研究を実施。 リハビリテーションを行う理学療法士が医療現場で排便指導してきたことを初めて実証したといい、同病院の高野正太・大腸肛門機能科部長は「便秘で悩んでいる人は、まず『考える人』のポーズを試してみてほしい。 その結果、背筋を伸ばした真っすぐな姿勢では便を排せつできなかった22人(平均56歳)に対し、ロダンの「考える人」のように、肘を膝につける前傾姿勢を取らせたところ、11人が完全に排せつできた。 直腸と肛門が便をより出しやすい位置関係になる上、肛門を締め付ける筋肉が緩むためとみられる。 さらに、肛門を締め付ける「括約筋」などもより緩んだ状態だったことから、チームは「『考える人』の姿勢は背筋を伸ばすより排便しやすい」と結論付けた。 検査中のX線写真を詳細に解析すると、「考える人」の姿勢では、直腸と肛門のつながり具合がより真っすぐになり、便が出やすくなっていた。 著名なフランスの彫刻家ロダ(1840~1917年)の彫刻「考える人」のように前傾姿勢を取ると、洋式トイレでは排便しやすくなるという研究結果を、大腸や肛門が専門の高野病院(熊本市)の医師らのチームがイタリアの医学誌で発表した。
サメ(鮫)は、軟骨魚綱板鰓亜綱に属する魚類のうち、鰓裂が体の側面に開くものの総称。 2015年に起きたサメに人間が襲われる事故は、世界で98件に上り、過去最高となった。 これは過去10年間の平均的な数字だった。 バージス氏によると、襲撃件数の増加は、気候変動に起因する海水温上昇で、サメの行動範囲が南北ともにさらに広がったことが原因の可能性があるという。 発生件数を国別でみると、米国が最多の59件を数え、オーストラリアの18件と南アフリカの8件がそれに次いでいる。 鰓裂が下面に開くエイとは区別される。 これまでの最多襲撃記録は2000年の88件だった。 米国の大学が9日、明らかにした。 世界中の海洋に広く分布し、一部の種は汽水域、淡水域にも進出する。 また、深海性のサメも知られている。 また昨年は、エルニーニョの影響で海水温が上がり、海を訪れる人の数も多かったとされる。 1958年からサメの襲撃に関するデータを収集している米フロリダ大学(University of Florida)の「国際サメ被害目録(ISAF)」責任者、ジョージ・バージス(George Burgess)氏によると、死亡事故はこのうち6件のみだったという。 米国での襲撃件数のうち、30件は南東部のフロリダ(Florida)州で発生していたが、死亡事故が起きたのはハワイ(Hawaii)州だけだった。 世界中に約500種が存在する。 海水温の上昇と海を訪れた人が増えたことが原因と考えられるという。
同12月の期限切れに伴い、新しいヨウ素剤計23万8704錠を配布。 東京電力福島第1原発事故後、甲状腺被ばくを抑える「安定ヨウ素剤」を市民に事前配布しているいわき市で、3年間の使用期限を過ぎたヨウ素剤の回収率が約14.2%にとどまっていることが5日、分かった。 昨年1月に再び更新時期となり、40歳以上の希望者を含む市民に計24万1617錠(使用期限17年11月)を配布した。 市は「服用すると、副作用が懸念される」とし、回収への協力を呼び掛けている。 放射性同位体の崩壊を利用し放射線医学試薬として、または安定同位体を利用して原子力災害時の放射線障害予防薬や造影剤の原料として用いられるほか、強い殺菌力を利用し消毒薬、農薬などに用いられる。 ヨウ素剤(ヨウそざい、英: Iodine tablet)は、ヨウ化ナトリウムやヨウ化カリウムの製剤として内服用丸薬、シロップ薬、飽和溶液 (saturated solution of potassium iodide: SSKI)、粉末状の塩等として製剤される他、アルコール溶液やポリビニルピロリドンとの錯体として製剤される。 市は原発事故直後の2011(平成23)年3月、備蓄していたヨウ素剤計25万7700錠を40歳未満の全市民に配った。
でも、(総務省が)それがいかんという方針なら、我々はそれに従う」と思いを語る。 それを特に若い人に定価で買ってくださいというのは負担が大きいんじゃないかと思う。 「その分、ユーザーには通信料を安くするとか、学生のヘビーユーザーには『何ギガプレゼント』みたいな形で還元する。 その一方で、実質0円での提供は経営的には負担の方が大きかったとし、その負担が軽減されるという意味ではポジティブに捉えていると説明。 この点については、「別にあっても構わないと思うが、世界中でいろいろな会社がいろいろなモノの売り方をしている。 携帯キャリアの中で、最初に実質0円を打ち出したのはソフトバンクだった。 この前日となる2月9日に開催されたKDDIの決算会見で、同社代表取締役社長の田中孝司氏は、実質0円の販売が廃止された影響について、「来店客数は大幅に減っている」と語っていた。 それが世界一安く手に入る日本、僕はいいんじゃないかなという気がする。 我々としては逆にシェアが上がっているのが実態」と説明した。 また、行き過ぎたキャッシュバックと思われる広告や掲示を見つけた場合には、総務省が設置した窓口まで連絡するよう求めている。 孫氏は「iPhoneは6万円とか10万円とかする。 特定の業界であまり事細かに、手取り足取りというのはいかがなものかと一般論としては感じる」(孫氏)と疑問を呈した。 結果的には、総務省の皆さんが意図された方向に改善されてきているのではないか」と語った。 総務省は2月2日、ガイドラインを守っているかを確認するため、店舗での覆面調査を実施すると発表。 この影響についてソフトバンク代表取締役社長 兼 CEOの宮内謙氏は、「1月末までが激しいキャッシュバック戦争だったので、2月と比較すると相当減ったように見えるかもしれないが、2015年の2月と比べるとそんなに激減ではない。 ソフトバンクグループ代表取締役社長の孫正義氏は、2月10日に開催された決算会見で、2月から“実質負担0円”での端末の販売が廃止されたことについて、「本当にそれは改善なのか、改悪なのかは、いろいろな議論があるところだと思う」と見解を述べた。
プロモビデオは、1度見たユーザーに何度も表示されることはない。 Twitterは、「First Viewにより、マーケターはTwitterの最も価値のある広告枠を24時間専有することで、重要なオーディエンスリーチを獲得できる」と説明する。 TwitterはMAUこそ伸び悩んでいるものの、広告による売上高は堅実なペースで増加している。 2015年第3四半期(7~9月)の広告売上高は前年同期比60%増だった。 広告主はFirst Viewにより、プロモビデオを24時間限定でタイムラインの上部に表示できる。 同社は10日に第4四半期の業績を発表する。 広告料などの詳細は不明だが、かなり高額になりそうだ。 Twitterが昨年公開したプロモビデオの効果についての説明によると、ある効果測定の結果、プロモビデオを再生したユーザーの43%がそのブランドを記憶しており、また、プロモビデオに接しなかったユーザーよりもキャンペーンの認知率も高かったという。 「ユーザーが最初にTwitterを訪問したとき、あるいはTwitter.comにログインしたとき」に、タイムラインの上部にプロモビデオ(動画入りの広告ツイート)が表示される。 米Twitterは2月9日(現地時間)、新たな広告商品「First View」を発表した。 時系列が特徴のタイムラインに、ユーザーにとっての不純物がまた1つ増えることになる。 まずは米国で“ローリングアウト”していき、その後提供地域を拡大する計画。 First Viewに表示されるのは、まずはプロモビデオだけだが、Twitterの広報担当社が米TechCrunchに語ったところによると、今後他の広告商品も対象にする可能性があるという。 「最初にTwitterを訪問したとき」というのは、恐らく「あなたがいない間に」機能と同程度の期間を置いてTwitterを再訪したとき、という意味のようだ。






カイロプラクティック

カイロプラクティック 「Chiropractic」 は、1895年に米国の「パーマー」により生みだされた施術方法です。

カイロプラクティックの名称の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する新しく作られた言葉。

WHO世界保健機関では補完代替医療に位置づけています。

発祥国アメリカや、カナダ、オーストラリア、EU諸国などの一部の国において、主に背骨・骨盤の障害を扱う筋肉系、骨格系ヘルスケアの専門家として法制化されている国もあります。

WHO世界保健機関の定義は「筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康への影響を診断・治療・予防をする専門職です。

治療法としては、手による脊椎矯正もしくは背骨マニピュレーションを特色として、背骨のズレに注目している」。

但しカイロプラクティックの定義は、いろいろな団体学校で違うケースも多く見られます。

また、中には痛み症状原因が背骨などの関節の構造的、機能的なズレ(サブラクセーション)だと考え、その亜脱臼(サブラクセーション)手技や矯正器具によって正す位置に矯正することで痛み・痺れを治療するうこと「カイロプラクティック」と解釈する人もいます。






出産後の骨盤の歪み .
出産後の骨盤の歪み .
出産後の骨盤の歪み .
出産後の骨盤の歪み .
出産後の骨盤の歪み .
背骨のズレを治す .
肩凝り(肩こり)とマッサージ .

脊椎・骨盤矯正と整体(手技療法)



だが、ほぼ同時に二つの地震が発生すると、震源が一つの大きな地震と誤認し、予測が過大になる傾向がある。 現在の予測システムは、東日本大震災のような巨大地震や、ほぼ同時に二つの地震が発生した場合などに精度が低下しやすい。 現在は、最初に揺れをとらえた観測点のデータを主に利用して、震源や地震の規模を推定し、各地の震度を予測する。 こうした弱点を補う高精度化事業は2段階で進める。 従来の震度予測手法を大幅に改良するとともに新手法も導入し、併用することで、予測した震度と実測の誤差が1以内に収まる「的中率」が85%以上となる精度を目指す。 第1段階は、従来の予測手法の改良だ。 2014年度の的中率は83%だったが、大震災が起き、余震が続いた10~11年度は28~56%と低かった。 気象庁は今春にも緊急地震速報の高精度化事業を始める。
木の中で繁殖し、自ら産んだ卵でオタマジャクシを育てる奇妙なカエルがおよそ140年ぶりにインドの北東部で再発見された。  メスは木のうろの内側に卵を産み付ける。 そこには水が溜まっており、オタマジャクシが孵化すると水の中に落ちる。 オタマジャクシと同じ水の中に隠れていたメスを、私たちは過去の研究で見つけています」 複数のメスが使ううろもあったことから、子どもに食事を提供し続ける負担を分かち合うカエルのコミュニティの存在も考えられるという。 同論文の共著者であるベルギー、ブリュッセル自由大学両生類進化研究所のイネス・ファン・ボクラール氏は、このカエルのDNA、奇妙な繁殖行動、そして生体構造は、「カエルの進化の過程におけるごく初期での枝分かれを示している」と言う。 メスはその場所で、オタマジャクシが小さなカエルになるまで自ら産んだ無精卵を食べさせるのだ。 「メスが営巣地に残っている可能性もあります。 氏は Polypedates jerdonii と命名したが、今回の調査のリーダーを務めるインド、デリー大学の生物学者サティアバマ・ダス・ビジュ氏らの研究により、まったく新しい属であることが判明。 集団で子育て? 研究チームは、メガラヤ州の東カシ丘陵地区で、最大19個のカエルの卵が入ったオタマジャクシを発見した。 なお、他のカエルのオタマジャクシの食料はたいてい植物性である。 氏は、メスが木のうろに戻ってはオタマジャクシの胃を卵で満タンにしているのではないかと考えている。  19世紀に、体長およそ5cmのこのカエルをインドのダージリン地方で初めて発見したのは英国の動物学者トーマス・ジェルドン氏だ。 新たに Frankixalus jerdonii と名付けられ、1月20日付の科学誌「PLOS ONE」で発表された。 エサを産み落とすところは観測できなかったが、1度に1つずつ産卵できる風変わりなチューブ状の組織がメスの生殖器から伸びているとビジュ氏は記している。 「彼らが母親の卵のみを食べていることは明らかです」とビジュ氏は言う。  科学者らは竹の中や木のうろに隠れているカエルを観察した。 彼らはそこで驚くべき芸当をやってのける。 このカエルが最後に記録されたのは1870年で、絶滅したと考えられていたが、2007年に開始した3年にわたる調査で科学者らが発見した。
子供の健康管理との関係が分かりにくく、測定の手間もかかるなどの声が学校現場から上がり、文科省は2014年4月に学校保健安全法を改正し、健診の義務項目から外した。 60年の祖父母世代と比べると、座高より身長の伸び率が高く、足は長くなったという。 衛生環境の改善で感染が激減し、今年の検出率は小学校で0.12%、幼稚園で0.06%。 中学2年以上の子供は身長に占める足の長さの割合が30年前と比べ小さく、親世代より胴長体形であることが22日、文部科学省の学校保健統計調査で分かった。 約80年続いてきた座高測定は、来年度の学校健康診断から廃止される。 小3以上では親世代より0.1~1.5センチ高くなっていた。  寄生虫の卵の有無を調べるぎょう虫検査も廃止される。 長年ほぼ検出のない状況が続き、省略が決まった。  座高測定は内臓の発育確認などの目的で37年に始まった。 感染が多い地域では継続される見通し。 調査では、幼稚園年長~高3の13学年の座高平均を1985年と比較。 平均身長も0.4~2.6センチ伸びたが、年齢が上がるほど差が縮まり、身長から座高を引いた足の長さの割合は、高3男子が身長の46%で85年より0.7ポイント低くなるなど、中2以上の男女全てで胴長傾向となった。
生後7~8週でも低体重、壁沿いの移動の異常があった。 実験では、妊娠期の母マウスに細菌の増殖を抑える抗生物質を飲ませ、腸内細菌を減らしてバランスを乱し、その後生まれた子を観察した。 ただ、脳の発達に腸内細菌がどう関与するかは不明で、研究チームは仕組みの解明を目指す。 産後も授乳などで母親の皮膚から細菌が入るという。 人の場合、産道を通るときから細菌を摂取し、腸管で腸内細菌を育む。 福井大学の研究チームは20日、腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることを妊娠マウスの実験で示したと発表した。  正常な母マウスから生まれた子と比べ、生後4週で平均体重が約2グラム(約12%)軽く、夜行性なのに暗闇での活動が低下し、広い空間では不安から壁沿いを移動するなどの異常が見られた。 妊娠、出産の時期にヨーグルトなどで腸内環境を整えることはリスク軽減や予防につながる可能性がある」と説明した。 米オンライン科学誌プロスワンに論文が掲載される。 栃谷特命助教は「発達障害の原因はさまざまあり、母親の腸内細菌の減少、バランスの乱れはあくまでリスクの一つ。 母子の健康に影響を与えるとされる腸内細菌に着目した。  これとは別に、正常な母マウスから生まれた子を生後すぐ、腸内細菌を減らした母マウスに育てさせても生後4週で暗闇での活動低下など異常が見られた。 栃谷特命助教は「健康効果がある微生物プロバイオティクスなどを母子マウスに投与して腸内環境を整え、子の異常行動を予防できるかの研究も始めている」と話した。 母体の腸内環境悪化と子どもの脳の発達異常について関連性を示唆する内容で、仕組みの解明や予防につながる成果と期待される。 逆に腸内細菌を減らした母マウスの子が、正常な母マウスに育てられると正常な行動を示したことから、出生後に脳の発達が受ける影響があるとみられる。  研究チームは、福井大子どものこころの発達研究センターの栃谷史郎特命助教、松崎秀夫教授ら。
1か所あたり1・0人を超えるのは、2011年7月以来。 通常は1~2週間で治るが、無菌性髄膜炎や脳炎などを引き起こすことがあり、0・1~1%の確率で難聴になる。  感染研感染症疫学センターの砂川富正・第二室長は「おたふく風邪の流行は4~5年周期で起こる傾向があり、今年は流行する可能性がある。 まとめによると、今月4~10日に、全国約3000の小児科から報告のあった患者数は3771人で、1か所当たり1・2人となった。  おたふく風邪はムンプスウイルスの感染で起きる。 おたふく風邪(流行性耳下腺炎)が今年に入り、4年半ぶりに全国的な流行の兆しを見せていることが、国立感染症研究所のまとめでわかった。 ワクチンを接種して予防することも重要だ」と話している。 1か所当たりの患者数が多い都道府県は、佐賀(5人)、宮崎(4・23人)、石川(3・31人)で、各県とも流行注意報を発令した。 2~3週間の潜伏期間後、耳の下が腫れ、発熱する。



カイロプラクティック(背骨矯正法)は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎指圧療法)以外にオステオパシースポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

米国の治療師「ダニエル・デビッド・パーマー」(1845~1913) が創始された。

疾患神経機能障害により発症するという考えに基づいて、肉体、特に脊柱の調整によって神経系機能の回復をしようとする治療方法なのです。

手技療法(カイロプラクティック)脊椎矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック



今年8月5日から夏季五輪の開催を控えているブラジルにとっては、憂慮すべき事態だ。 そのためWHOは、「ジカウイルスは今後も広がり続け、両大陸の中でネッタイシマカが生息するあらゆる国と地域に到達する可能性が高い」と警鐘を鳴らしている。 同国での小頭症の症例はかつて年間160件程度だったが、北東部での急増が指摘され始めた昨年10月以降、すでに3893例が報告されている。 ■性感染の可能性も?ブラジルを中心とした中南米で感染例が急増していることを受けて、米国など一部の国の政府は妊娠中の女性に対し、同域への渡航を自粛するよう勧告を出した。 その一方で、血液感染する恐れもあり、ヒトの精液からも検出されている上、「性交渉によりヒトからヒトへ感染した可能性を示す事例も1件ある」と述べている。 またジカウイルスは、デング熱やチクングンヤ熱のウイルスも媒介する蚊の一種「ネッタイシマカ」を通じて感染が広がるが、WHOはこの種が米大陸のうちカナダとチリを除く全域に生息していることを強調している。 妊婦が感染すると、胎児に頭部が異常に小さくなる小頭症という病気をもたらす可能性が指摘されているが、その因果関係はまだ立証されていない。 コロンビア、エクアドル、エルサルバドル、ジャマイカの4か国は、自国の女性らに対し、妊娠自体避けるよう呼び掛けている。 これについてはブラジルでも、保健当局者の中には賛意を示す者もいるものの、国の公式見解としては女性たちに蚊に刺されないよう注意を喚起するにとどまっている。 WHOの声明によると、このウイルスは米大陸の55か国・地域のうち21ですでに存在している。 ジカウイルスは、感染しても大半の人はインフルエンザのような症状を短期間にわたり経験するのみで終わる。  米大陸ではこれまでジカ熱流行の経験がなく、昨年5月にブラジルで確認されるまでは人々のウイルスに対する免疫がなかったことも、ウイルスの急速な拡散の原因になったとされる。  WHOは、ジカウイルスがネッタイシマカによって媒介されていることは確認されているが、その他の感染経路を示す証拠は限られているとしている。
一度打ち上げたロケットを再び発射し、着陸させたのは初めてと発表した。 米民間宇宙企業「ブルーオリジン」は22日、昨年11月の打ち上げ後に地上へ軟着陸させたロケットを再びテキサス州から打ち上げ、地上に再度着陸させた。 ロケットを再利用できるようになり、打ち上げ費用の大幅な削減につながる。 宇宙船部分もパラシュートで地上へ帰還した。 ロケットは宇宙船部分を高度100キロ余りまで打ち上げた後、エンジン噴射で姿勢を制御しながら地上へ垂直で軟着陸した。  ブルーオリジンは、米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が創業した。 ロケットを点検し、点火装置などを交換、ソフトウエアにも改善を施して再利用が実現した。  米民間宇宙企業「スペースX」も昨年12月にフロリダ州から発射したロケットを地上へ軟着陸させているが、まだ再利用はしていない。
アメリカの宇宙開発企業スペースX社は2016年1月21日、前年の11月24日に行われた、ドラゴン2宇宙船のホバリング(空中停止)テストの動画を公開した。 これに対し、ドラゴン2はSF映画の宇宙船のように、ゆるやかに減速してソフトに着陸する。 ロシアのソユーズ宇宙船はパラシュートで陸上に着陸しているが、着地の直前に短時間の強力なロケット噴射で速度を落とすという程度で、着地の衝撃は小さくないし、転倒することもある。 スペースXが現在運用しているドラゴン宇宙船は、パラシュートで降下し海上に着水する。 またカプセル型有人宇宙船には通常、ロケットで打ち上げられる際の脱出用ロケット、軌道上で使用するための軌道変更用ロケットが個別に装備されるが、ドラゴン2宇宙船は8基の「スーパドラコ」エンジンが脱出用、軌道変更用、着陸用を兼用しており、コストダウンに貢献している。 これはアポロ宇宙船など、これまでのアメリカのカプセル型宇宙船と同様の方法だが、新型のドラゴン2宇宙船は陸上へソフトに着陸することを目指している。 動画では、ワイヤーで吊り下げられたドラゴン2宇宙船が、ロケット噴射でわずかに持ち上がったまま、ほとんど動かない状態で制御されていることがわかる。 海上への着水と比べて、船で回収する費用が掛からない、海水で濡れないため再使用しやすい、有人宇宙船の場合は乗員の負担が小さいといったメリットがある。 今回公開された試験の動画では、この精緻な制御が成功しているように見える。
逆に腸内細菌を減らした母マウスの子が、正常な母マウスに育てられると正常な行動を示したことから、出生後に脳の発達が受ける影響があるとみられる。 これとは別に、正常な母マウスから生まれた子を生後すぐ、腸内細菌を減らした母マウスに育てさせても生後4週で暗闇での活動低下など異常が見られた。 産後も授乳などで母親の皮膚から細菌が入るという。 栃谷特命助教は「健康効果がある微生物プロバイオティクスなどを母子マウスに投与して腸内環境を整え、子の異常行動を予防できるかの研究も始めている」と話した。 母子の健康に影響を与えるとされる腸内細菌に着目した。 栃谷特命助教は「発達障害の原因はさまざまあり、母親の腸内細菌の減少、バランスの乱れはあくまでリスクの一つ。 母体の腸内環境悪化と子どもの脳の発達異常について関連性を示唆する内容で、仕組みの解明や予防につながる成果と期待される。 米オンライン科学誌プロスワンに論文が掲載される。 研究チームは、福井大子どものこころの発達研究センターの栃谷史郎特命助教、松崎秀夫教授ら。 生後7~8週でも低体重、壁沿いの移動の異常があった。 妊娠、出産の時期にヨーグルトなどで腸内環境を整えることはリスク軽減や予防につながる可能性がある」と説明した。 福井大学の研究チームは20日、腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることを妊娠マウスの実験で示したと発表した。 人の場合、産道を通るときから細菌を摂取し、腸管で腸内細菌を育む。 ただ、脳の発達に腸内細菌がどう関与するかは不明で、研究チームは仕組みの解明を目指す。 実験では、妊娠期の母マウスに細菌の増殖を抑える抗生物質を飲ませ、腸内細菌を減らしてバランスを乱し、その後生まれた子を観察した。  正常な母マウスから生まれた子と比べ、生後4週で平均体重が約2グラム(約12%)軽く、夜行性なのに暗闇での活動が低下し、広い空間では不安から壁沿いを移動するなどの異常が見られた。
2~3週間の潜伏期間後、耳の下が腫れ、発熱する。 1か所当たりの患者数が多い都道府県は、佐賀(5人)、宮崎(4・23人)、石川(3・31人)で、各県とも流行注意報を発令した。 通常は1~2週間で治るが、無菌性髄膜炎や脳炎などを引き起こすことがあり、0・1~1%の確率で難聴になる。 感染研感染症疫学センターの砂川富正・第二室長は「おたふく風邪の流行は4~5年周期で起こる傾向があり、今年は流行する可能性がある。  おたふく風邪はムンプスウイルスの感染で起きる。 1か所あたり1・0人を超えるのは、2011年7月以来。 ワクチンを接種して予防することも重要だ」と話している。 おたふく風邪(流行性耳下腺炎)が今年に入り、4年半ぶりに全国的な流行の兆しを見せていることが、国立感染症研究所のまとめでわかった。  まとめによると、今月4~10日に、全国約3000の小児科から報告のあった患者数は3771人で、1か所当たり1・2人となった。



カイロプラクティック(脊椎矯正術)は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(背骨矯正術)以外にオステオパシーやスポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

米国(アメリカ)の治療家「ダニエル・デビッド・パーマー」(1845~1913) が生みだされた。

病気は神経の機能障害から起きるという理論に基づいて、肉体、特に背骨指圧で神経の機能の回復をはかろうとする治療方法なのです。





カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック

手技療法(カイロプラクティック・整体)と脊椎矯正



またジカウイルスは、デング熱やチクングンヤ熱のウイルスも媒介する蚊の一種「ネッタイシマカ」を通じて感染が広がるが、WHOはこの種が米大陸のうちカナダとチリを除く全域に生息していることを強調している。 コロンビア、エクアドル、エルサルバドル、ジャマイカの4か国は、自国の女性らに対し、妊娠自体避けるよう呼び掛けている。 今年8月5日から夏季五輪の開催を控えているブラジルにとっては、憂慮すべき事態だ。 同国での小頭症の症例はかつて年間160件程度だったが、北東部での急増が指摘され始めた昨年10月以降、すでに3893例が報告されている。 そのためWHOは、「ジカウイルスは今後も広がり続け、両大陸の中でネッタイシマカが生息するあらゆる国と地域に到達する可能性が高い」と警鐘を鳴らしている。 ■性感染の可能性も?ブラジルを中心とした中南米で感染例が急増していることを受けて、米国など一部の国の政府は妊娠中の女性に対し、同域への渡航を自粛するよう勧告を出した。 妊婦が感染すると、胎児に頭部が異常に小さくなる小頭症という病気をもたらす可能性が指摘されているが、その因果関係はまだ立証されていない。 その一方で、血液感染する恐れもあり、ヒトの精液からも検出されている上、「性交渉によりヒトからヒトへ感染した可能性を示す事例も1件ある」と述べている。 これについてはブラジルでも、保健当局者の中には賛意を示す者もいるものの、国の公式見解としては女性たちに蚊に刺されないよう注意を喚起するにとどまっている。 WHOは、ジカウイルスがネッタイシマカによって媒介されていることは確認されているが、その他の感染経路を示す証拠は限られているとしている。 米大陸ではこれまでジカ熱流行の経験がなく、昨年5月にブラジルで確認されるまでは人々のウイルスに対する免疫がなかったことも、ウイルスの急速な拡散の原因になったとされる。 WHOの声明によると、このウイルスは米大陸の55か国・地域のうち21ですでに存在している。 ジカウイルスは、感染しても大半の人はインフルエンザのような症状を短期間にわたり経験するのみで終わる。
 科学者らは竹の中や木のうろに隠れているカエルを観察した。 彼らはそこで驚くべき芸当をやってのける。 「メスが営巣地に残っている可能性もあります。 木の中で繁殖し、自ら産んだ卵でオタマジャクシを育てる奇妙なカエルがおよそ140年ぶりにインドの北東部で再発見された。 氏は Polypedates jerdonii と命名したが、今回の調査のリーダーを務めるインド、デリー大学の生物学者サティアバマ・ダス・ビジュ氏らの研究により、まったく新しい属であることが判明。 オタマジャクシと同じ水の中に隠れていたメスを、私たちは過去の研究で見つけています」 複数のメスが使ううろもあったことから、子どもに食事を提供し続ける負担を分かち合うカエルのコミュニティの存在も考えられるという。 このカエルが最後に記録されたのは1870年で、絶滅したと考えられていたが、2007年に開始した3年にわたる調査で科学者らが発見した。 集団で子育て? 研究チームは、メガラヤ州の東カシ丘陵地区で、最大19個のカエルの卵が入ったオタマジャクシを発見した。 そこには水が溜まっており、オタマジャクシが孵化すると水の中に落ちる。 なお、他のカエルのオタマジャクシの食料はたいてい植物性である。 エサを産み落とすところは観測できなかったが、1度に1つずつ産卵できる風変わりなチューブ状の組織がメスの生殖器から伸びているとビジュ氏は記している。  19世紀に、体長およそ5cmのこのカエルをインドのダージリン地方で初めて発見したのは英国の動物学者トーマス・ジェルドン氏だ。  氏は、メスが木のうろに戻ってはオタマジャクシの胃を卵で満タンにしているのではないかと考えている。  同論文の共著者であるベルギー、ブリュッセル自由大学両生類進化研究所のイネス・ファン・ボクラール氏は、このカエルのDNA、奇妙な繁殖行動、そして生体構造は、「カエルの進化の過程におけるごく初期での枝分かれを示している」と言う。 メスは木のうろの内側に卵を産み付ける。 メスはその場所で、オタマジャクシが小さなカエルになるまで自ら産んだ無精卵を食べさせるのだ。 新たに Frankixalus jerdonii と名付けられ、1月20日付の科学誌「PLOS ONE」で発表された。 「彼らが母親の卵のみを食べていることは明らかです」とビジュ氏は言う。
子供の健康管理との関係が分かりにくく、測定の手間もかかるなどの声が学校現場から上がり、文科省は2014年4月に学校保健安全法を改正し、健診の義務項目から外した。 60年の祖父母世代と比べると、座高より身長の伸び率が高く、足は長くなったという。 衛生環境の改善で感染が激減し、今年の検出率は小学校で0.12%、幼稚園で0.06%。 中学2年以上の子供は身長に占める足の長さの割合が30年前と比べ小さく、親世代より胴長体形であることが22日、文部科学省の学校保健統計調査で分かった。 約80年続いてきた座高測定は、来年度の学校健康診断から廃止される。 小3以上では親世代より0.1~1.5センチ高くなっていた。  寄生虫の卵の有無を調べるぎょう虫検査も廃止される。 長年ほぼ検出のない状況が続き、省略が決まった。  座高測定は内臓の発育確認などの目的で37年に始まった。 感染が多い地域では継続される見通し。 調査では、幼稚園年長~高3の13学年の座高平均を1985年と比較。 平均身長も0.4~2.6センチ伸びたが、年齢が上がるほど差が縮まり、身長から座高を引いた足の長さの割合は、高3男子が身長の46%で85年より0.7ポイント低くなるなど、中2以上の男女全てで胴長傾向となった。
また同大学のコンスタンティン・バティギン(Konstantin Batygin)助教(惑星学)は「過去150年以上の間で初めて、太陽系の惑星探査が不完全である確かな証拠が得られた」と話している。 「この新惑星が太陽の周りの公転軌道を完全に1周するのには1万~2万年かかる」と推定されるという。 チームが発表した声明によると、「プラネット・ナイン(Planet Nine)」の通称で呼ばれているこの天体は、地球の約10倍、冥王星の約5000倍の質量を持ち、「太陽系外縁部の異様な、非常に細長い軌道」を巡っている。 直接の観測にはまだ至っていないが、現在、米ハワイ(Hawaii)のW・M・ケック天文台(W. M. Keck Observatory)にある口径10メートルの望遠鏡や、すばる望遠鏡(Subaru Telescope)などが観測を試みている。 これは、非常に胸を躍らせることだ」と語る。  カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン(Mike Brown)教授(惑星天文学)は「これは、本物の太陽系第9番惑星とみられる」「太陽系のかなりの部分が未解明の状態。 研究結果は、米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナル(Astronomical Journal)に掲載された。 チームによると、この天体は数理モデルとコンピューターシミュレーションを通じて発見された。 米カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは20日、太陽系の最外縁部に存在する未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表した。 この天体の重力は、太陽系外縁部の準惑星の動きや、海王星よりもさらに遠くにある「カイパー・ベルト(Kuiper Belt)」と呼ばれる領域の天体にも影響を与えているという。
病期ごとの生存率はI・II期が100%で、III期が94.2%、IV期が52.8%だった。 全がん協は、これまで5年相対生存率を算出してきたが、加盟施設のデータが出そろったことなどから、10年相対生存率の公表に踏み切った。 今回の10年相対生存率は、データ提出施設が限られているため、施設別の生存率は公表していない。 全臨床病期の生存率は4.9%。 全臨床病期の生存率は90.9%。 KapWebの開発者である千葉県がんセンター研究所の三上春夫所長は、10年相対生存率を算出する意義について、「がんという病気は、5年や10年で終わるものではなく、私たちは長い経過の一部を切り取って評価をしている。 この10年相対生存率は、全がん協に加盟する16施設で1999年から2002年にかけて診断治療した3万5287症例が対象。 10年相対生存率が90%以上の甲状腺の症例数は505。 生存率が90%以上だったのは、甲状腺で90.9%だった一方、30%未満だったのは食道(29.7%)、胆のう胆道(19.7%)、肝(15.3%)、膵(4.9%)などだった。 これにより、がんを長い経過でとらえることができる」と話している。 データ精度を高めるために良性腫瘍や上皮内がんなどを除き、自施設診断自施設治療と他施設診断自施設治療を解析し、診断のみの症例を外した。 国立がん研究センター(国がん、堀田知光理事長)は20日、全国がん(成人病)センター協議会(全がん協、堀田会長)の協力を得て初めて集計したすべてのがんの全臨床病期の10年相対生存率が58.2%だったと発表した。 病期ごとでは、I期が29.6%でII期が11.2%、III期が3.1%、IV期が0.9%だった。 一方、生存率が30%未満の膵の症例数は895。



「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正法)以外にもオステオパシーやスポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

米国(アメリカ)治療師「ダニエル・デビッド・パーマー」 が創始された。

病気は神経系の機能の障害によって発現するという考え方に基づき、、主に椎骨矯正により神経の機能回復を目指した施術法なのです。