骨盤矯正とカイロプラクティック(手技療法)


浜松市 .
浜松 .
整体院 . 整体

整体は、日本ではふつう手技(しゅぎ)をもちいた民間療法(みんかんりょうほう)民間療法、代替医療を示す言葉。



また体を整える施術方法(せじゅつほうほう)の多くにもちいられる言葉。



日本語として大正時代にもちいられるようになった言葉で、米国(アメリカ)で体系づけられた手技療法・整骨医術を「整体(せいたい)」と言い換えたのが始まりだと言われています。



今、俗に使用される意味ではカイロプラクティック 「Chiropractic」 に似た脊椎矯矯正療法(主に脊椎・骨盤)を主目的とした手技療法を指して使われることが多い。



脊椎・骨盤・上肢・下肢など、体全体の骨格や関節のズレの調整、骨格筋の調整を、手を使った手技と矯正器具で行う治療およびそれらの行為を示しているという意見もあるが統一された形態はない。



徒手的治療法により種々の病態を治すことを目的とする療法は「マニピュレーション」と称されるが、この代表ともいえるものがカイロプラクティックと「オステオパシー」である。 自然治癒力(しぜんちゆりょく)を活かすことと手技療法が施術の中心であるという共通部分があるが、治療哲学やアプローチの仕方は違います。



どちらも19世紀に米国(アメリカ)で誕生した施術である。 カイロプラクティック(脊椎矯正術)は脊椎間の「サブラクセーション」(不全脱臼)を徒手的手技によって調整アジャストメントし、病態を治癒させようとする療法。 「オステオパシー」は、肉体の骨格のアンバランスは血液の循環んに悪い作用をおよぼし、神経の伝達や内分泌、血液やリンパ液の循環を妨害すると確信し、脊柱だけでなく全ての筋肉や骨格構造、内臓、頭蓋骨が施術の対象とします。



脳脊髄液(のうせきずいえき)の流れの改善やリンパの循環の改善も目的としています。 「カイロプラクティック」 Chiropractic とオステオパシー (Osteopathy)の論理・技術は、整体指圧(しあつ)などの日本の手技治療に影響をあたえた。



整体(せいたい)では定められた手順は無く、やる人によりする事は異なる。 大正のころ伝わったオステオパシーやカイロプラクティック(脊椎矯正術)など欧米より伝来の手技療法を中心とする整体(せいたい)、日本古来の格闘術の柔術骨法(こっぽう)などの流派に伝承される徒手矯正を取り入れた整体(せいたい)、中国医学の手技を用いた整体、各団体の独特の理論や哲学など加味した整体(せいたい)などが存在するともいわれる。



民間療法で、医療制度から見れば補完代替医療の一種であるが、保険の適応外であるので、一般の医療と一緒に通常の医療現場で補助療法として行われることはない。 法制度からは医業類似行為の一種とされる。 「整体術(せいたいじゅつ)」・「整体法(せいたいほう)」・「整体療法」 とも呼ばれる。 明治末ごろから出現した民間療法で、指圧、カイロプラクティック、オステオパシー、光療法、電気治療などの手段を用いて病気治療の目的で業をなすことを「療術」というが、整体もこの一つとされています 。



整体(せいたい)は論理・術が統一されていない為、整体(せいたい)を冠する治療家それぞれが自説を語っている。



「カイロプラクティック」の様な「科学的」・「物理的」方法と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で臨床に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの論理の合わせたものとなっている。



体の各関節(脊柱・骨盤・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・等)の歪み・ズレの補正と骨格筋のアンバランスの補正など中心に手足による技(道具を使用することも)で行う治療である。

側湾症 .
頭が痛い .
出産後の骨盤矯正 .

骨盤矯正

カイロプラクティック カイロプラクティック カイロプラクティック


カイロプラクティックと整体と腰痛


p3ストレートネック、整体
急性腰痛症。
急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)は、いきなり腰の周りに激しい症状が発生する疾患で、腰部関節の捻挫・筋肉の損傷・筋膜組織の損傷などの病状をいう。
原因。
腰痛とは、ウェスト部分に症状が出現することであります。
一般に、腰の周囲痛の場合は臓器の障害、筋繊維、皮膚組織の障害、脊椎椎間間接の捻挫が考えられる。

内科的な原因でないことを確認する


s3肩凝り、整体
臓器の内科的な疾患の時には大変な時にが多く、腰部の疼痛の患者をみたらまずは内科的な疾患の診察を行うことです。 基準として検査で異常個所の無い皮膚の疾病はまずない。
臓器の病気のケースでは安静時痛で、動いている時で症状が軽減しない(例外がすい臓炎で丸まった方が病状が減少する)ことが変わった特徴である。

筋肉・靭帯からくる腰痛


27.ぎっくり腰
筋繊維の疾病の時は運動痛が主になるのが独特な特性である。
整形外科に腰部の症状を一番の症状に外来受診をする患者はやたら数多い。 しかし腰の疾病発病時の腰のところ痛みがなわりに強烈な痛み予後が良好であり1週間くらいで約半分の腰痛患者が、14日から30日間で約90パーセントが完治していくのが特性である。 病院を来院した突然の腰部の疼痛の人の70%が非特異的腰痛で予後が良好であり椎間板の病変や骨折のような疾病が約15%であり悪性腫瘍や感染症が原因となるのは1パーセント以下であるという統計があります。 すなわち、腰(こし)の痛みのみで筋肉の病態であろうというふうに考えられたら急性腰痛症というような診断でNSAIDsを14日間ほど処方し経過を観察するのが普通である。

気を付けなければならないこと


a3肋間神経痛、整体
注意すべき腰痛
腰部脊柱管狭窄症や椎間板の損傷は検査やCTやMRIの診断で大抵決定診断できます。 だがしかしその中には、整形外科的疾患の中にも注意の必要のある腰(こし)の疼痛があり後に列記する。




カイロ .
カイロ .
カイロ .
カイロ .
カイロ .
カイロ .
慢性頭痛と脊椎矯正 .