ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰の処に痛み炎症などを覚える病態を指し示す一般的に使用される語句。
NO.2
世界の腰痛事情。
国・地域によって、行政の方針カルチャーや暮らし、習慣が異なっても、腰部(ようぶ)の疾患の発症の頻度はおおよそ同じである。
世界保健機構WHOの書物では、以下のように語られている。 「腰の症状の発症する確立や有病割合はそれぞれの地域のあちこちほぼ一定である。
腰の疾患は、各国で仕事を休むりゆうの一番である」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰の疼痛の症状の原因は生活の中での姿勢にあるとの1976年のナッケムソンの提言以後、欧州ヨーロッパでは就業中・家事などの予防対策が行われている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年のヨーロッパ委員会の腰部の疼痛診療ガイドラインでは、ヨーロッパにおける腰部(ようぶ)の病気の一生涯発症する確立は84%で、有病割合は23%である。
NO.5
米国での腰痛事情。
米国アメリカおいて、おおくの人の腰の疼痛は、要因をはっきり示すことのできない非特異的腰痛だということです。 こ現状について、ナッケムソンははっきりとアカデミーの問題点を示唆しています。
米国アメリカでは、腰(こし)の疾患によって、12ヶ月間に日本円にして1000億円以上が無駄に使われているとされている。
NO.6
日本の腰痛事情。
日本国民においても腰の疾患が自覚症状のある患者の比率でトップ(最多の症状)で、日本人の8割強が腰(こし)の病気を体験しています。 大半の人は腰部(ようぶ)の病気を主張してもエックス線・MRIで病原が診付けられないような場合数多い。
異常部位が箇所が見付かる時でもその病変が腰の症状の要因でないことも珍しくなく、腰(こし)の疾患の人の8割は疾病部位が、はっきりしない(非特異的腰痛)。
ブログブログブログ



ブログ
ブログ
カイロプラクティック