中国国家衛生・計画出産委員会は9日、南米ベネズエラを旅行し帰国した江西省の男性がジカ熱に感染したと明らかにした。 この感染症はアフリカからアジアにかけての赤道付近の限られた緯度の範囲で1950年代から知られており、ジカ熱と呼ばれる。 同委員会は蚊が活動する季節ではないことから、感染拡大の危険は極めて低いとしている。 ブラジルでは2016年8月にリオ五輪開催を控えており、渡航した人が日本に持ち込むことにより、国内でのジカ熱流行が危惧されている。 2014年に太平洋をまたいでフランス領ポリネシアとイースター島に、また2015年には南米、中米、カリブ諸国へと西に感染が広がり、シンガポールにまで及んだため、一部でパンデミックと見られている。 1947年、ウガンダにあるジカ森(英語版)のアカゲザルから初めて分離された。 ジカウイルス(英: Zika virus)は、フラビウイルス科に属する+鎖のRNAウイルスの1種である。 中国でジカ熱の感染が確認されたのは初めて。 ベネズエラ滞在中から発熱などの症状があり、香港や広東省深セン市を経由して5日に地元に戻ったが、6日から隔離治療を受けていた。
人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、人の免疫機能を活性化させる細胞を作製したと、京都大iPS細胞研究所の金子新准教授らの研究チームが発表した。 こうして若返った「再生iNKT細胞」は、他の免疫細胞の活性化を助ける機能を維持していたほか、通常のiNKT細胞にはない、がん細胞を直接攻撃する能力を備えていた。 「血液のがん」と呼ばれる白血病の細胞で実験したところ、約6割のがん細胞を死滅させたという。 健康な人の血液からこの細胞を採取してiPS細胞を作製し、5週間かけて再びiNKT細胞に変化させた。 論文は10日、米科学誌ステムセル・リポーツ電子版に掲載された。 2006年(平成18年)、山中伸弥率いる京都大学の研究グループによってマウスの線維芽細胞(皮膚細胞)から初めて作られた。 人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう、英: induced pluripotent stem cells[注 2])とは、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)[注 3]と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。 将来は、がん患者の免疫治療に応用が期待できるという。 金子准教授は「関連分野の研究者らと連携し、臨床応用を目指したい」と話した.
認識していない群はそうではない[3]。 細胞を使った実験で再現できたことで、ストレスの影響を細胞レベルで直接検討できるようになり、記憶障害などの予防法や治療法の開発につながると期待される。 様々なストレス管理の方法がある。 観察した結果、脳神経細胞間で情報を伝達するシナプスの形成が阻害され、記憶の固定や維持ができない状態が確認できた。 オックスフォード英語辞典では、苦痛や苦悩を意味するDistressが短くなった単語とされる。 ストレス(英:Stress)とは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である。 しかし、近年の2012年の研究では、ストレスが健康に影響を与えると認識している群の死亡率が43%高まることが見いだされている。 ストレスホルモンが直接影響したと考えられるという。 ストレスの概念は一般に、1930年代のハンス・セリエの研究に起源を持つとされる。 この文脈では、精神的なものだけでなく、寒さ熱さなど生体的なストレスも含む。 記憶の固定や維持にストレスが悪影響を及ぼすことを生体の外で初めて再現したと、大阪大の小倉明彦教授らの研究グループが8日発表した。 論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。 などストレスに対する認識の影響の研究が進展している。 ストレスが健康に影響を与える研究が行われてきた。 研究グループは、マウスの大脳皮質の一部で記憶に関係する「海馬」の切片を培養し、ストレスホルモン「グルココルチコイド」を投与。 これまでも人や動物を使った実験でストレスにより記憶の固定が阻害されることは報告されていた。 だが、ストレスが直接影響しているのか、ストレスを回避するための生体の防御反応なのかは明らかになっていなかった。
虫歯菌は最初からヒトの口腔内に存在しているのではなく、口移しや食器の共有などによって、感染者の唾液が口に入ることによって感染する。 磁気共鳴画像装置(MRI)で確認できる微小な脳出血の跡も多かったという。 なお虫歯菌とは、現在Streptococcus mutansのことを主に指すが、過去にはミュータンス群のことを指していた時代がある。 このうち、コラーゲンと結合して止血作用を阻害する性質を持つ「cnm遺伝子保有株」が検出された患者は、脳出血の発症可能性が他の患者の約4倍あった。 虫歯菌の別名でも有名。 ヒトの口腔内にも存在し、う蝕(虫歯)の原因菌のひとつである。 1924年にJ. K. Clarkeによって発見された。 論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。  研究グループは、国循に入院した脳卒中患者100人から唾液を採取し、中に含まれる虫歯菌を培養した。 虫歯菌(ミュータンスきん、学名:Streptococcus mutans)とは、グラム陽性で通性嫌気性の連鎖球菌の一種のことである。 虫歯の原因菌として知られる虫歯菌の一種が脳内で炎症を引き起こし、脳出血の発症に関与していると国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)などが5日発表した。 国循の殿村修一医師は「病原性の高い細菌を選んでなくす方法を確立できれば、脳出血の予防につながる可能性がある」と話している。 しかし、DNAによる同定法などが確立してきたために、それらが別の菌であることが分かった。 S. mutansやS. sobrinusなどがあるが、それら全てが虫歯菌と考えられていた。








カイロプラクティック

カイロプラクティック(Chiropractic) とは1895年米国(アメリカ)のダニエル・デビッド・パーマーにより生みだされた施術法。

カイロプラクティックの名称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する新しく作られた言葉。

WHO世界保健機関では補完代替医療に位置づけている。

発明国のアメリカや、イギリス、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパ諸国などの一部の国(およそ40か国)では、おもに背骨・骨盤の障害を扱う筋肉系、骨格系の専門職として法制化されている。

WHOの定義では、「筋骨格系の障害とそれが与える健康への影響を診断、治療、予防する専門家であります。

治療としては、手技によって行われるアジャストメントあるいは骨格マニピュレーションを特徴として、椎骨のズレに注目している」。

ただし「カイロプラクティック」 (Chiropractic) の定義は、いろいろな協会や学校によって異なっている時も多い。

また、中には病気症状元が脊椎などの(運動分節)の構造的、機能的な亜脱臼(サブラクセーション)だと考え、そのズレ(サブラクセーション)を手・矯正器具によって正す位置に矯正することで苦痛を施術することがカイロプラクティック(脊椎矯正術)だという考えを持っている人達もいます。