すなわち、シュクレリ氏がダラプリムの薬価を一挙に55倍以上も上げたことは、不道徳ではあっても、政府が薬価を規制する日本を含む多くの他の国と違い、米国では全く合法なのです。 これは妊婦が感染すると死産や流産を、あるいは免疫力が低下しているエイズ患者や一部のがん患者などが感染すると重篤な脳症から場合によっては死に至るというトキソプラズマ症や、高熱や頭痛を引き起こす感染症であるマラリアの治療薬として利用されています。 そうした実態があるからこそ、ライシュ教授の指摘に多くの人が共感するのです。 しかし、米国の製薬会社は、シュクレリ氏のように薬価を一気に55倍は上げていなくても、がんや高コレステロール血症、糖尿病などの薬価を毎年10%以上も上げています。  1つ目は、米国の高齢者および障害者向けの公的医療保険制度であるメディケアによって、アメリカ食品医薬品局(FDA)で承認されたすべての抗がん剤の治療費を公的保険でカバーしなければならなくなったことに起因します。 2つ目は、米国では政府が薬価について製薬会社を規制できないことになりました。 その事件が契機となり、再び米国で薬価高騰の問題に関心が集まっているのです。 これに対し、製薬会社やバイオ企業などの業界団体である「米国研究製薬工業協会」(Pharmaceutical Research and Manufacturers of America:PhRMA)は、シュクレリ氏は薬の開発をしているわけではなく、古い薬の製造販売権を買収して薬価を上げただけで、製薬会社ではなく投資家である、と反論しています。  昨年9月、その薬剤に関するニュースが全米の注目を集めました。 米製薬会社「チューリング医薬品(Turing Pharmaceuticals)」の32歳のCEO(最高経営責任者)マーチン・シュクレリ氏が同年8月、ダラプリムの製造販売権を買収し、なんと、一晩で薬価を1錠13.50ドル(約1620円)から750ドル(約9万円)へ、実に55倍以上も引き上げたのです。 米メディアはシュクレリ氏を「米国で最も嫌われる男」と呼んだほどでした。 ところが、元々がヘッジファンドマネージャーであったシュクレリ氏は、人々の注目を浴びたがる究極のナルシストとも言われ、傲慢な態度でテレビに出演したりソーシャルメディアに情報を発信したことで、皮肉にも、連邦捜査局(FBI)や証券取引委員会(SEC)の調査のターゲットになりました。 つまり、製薬会社にとっては薬剤の販売チャンスが飛躍的に増大することになりました。 それだけに、シュクレリ氏の事件後、専門家や識者らは製薬会社への批判を強めました。 たとえば、『ニューズウィーク』誌によると、クリントン政権時の労働長官で、現カリフォルニア大学バークレー校公共政策大学院教授のロバート・ライシュ氏は、「シュクレリ氏のやったこと(薬価の大幅値上げ)は、巨大製薬会社がずっとやってきたことだ」と指摘しています。 しかも、ほとんどの州の民間保険会社も、メディケアに準拠します。 通称「ダラプリム」と呼ばれる、62年前に開発された薬剤をご存じでしょうか。 つまり、製薬会社が自由に薬価を設定できるのです。 【Drug Goes From $13.50 a Tablet to $750, Overnight,The New York Times,Sept.20】【Reviled drug CEO Martin Shkreli arrested,CNN money,Dec.17】■製薬会社が自由に薬価を吊り上げ 2003年、米国の連邦法として定められた法律「メディケア処方薬剤改善、近代化法」は、製薬会社に2つの大きな利益をもたらしました。  この2点によって、製薬会社が、古い薬でも新しい薬でも価格を思うままコントロールできる環境が生み出されました。 その結果、昨年末の12月17日、彼が以前所有していた会社が「ポンジ・スキーム」と呼ばれる投資詐欺を行っていた容疑で逮捕されました。
 科学者らは竹の中や木のうろに隠れているカエルを観察した。 彼らはそこで驚くべき芸当をやってのける。 「メスが営巣地に残っている可能性もあります。 木の中で繁殖し、自ら産んだ卵でオタマジャクシを育てる奇妙なカエルがおよそ140年ぶりにインドの北東部で再発見された。 氏は Polypedates jerdonii と命名したが、今回の調査のリーダーを務めるインド、デリー大学の生物学者サティアバマ・ダス・ビジュ氏らの研究により、まったく新しい属であることが判明。 オタマジャクシと同じ水の中に隠れていたメスを、私たちは過去の研究で見つけています」 複数のメスが使ううろもあったことから、子どもに食事を提供し続ける負担を分かち合うカエルのコミュニティの存在も考えられるという。 このカエルが最後に記録されたのは1870年で、絶滅したと考えられていたが、2007年に開始した3年にわたる調査で科学者らが発見した。 集団で子育て? 研究チームは、メガラヤ州の東カシ丘陵地区で、最大19個のカエルの卵が入ったオタマジャクシを発見した。 そこには水が溜まっており、オタマジャクシが孵化すると水の中に落ちる。 なお、他のカエルのオタマジャクシの食料はたいてい植物性である。 エサを産み落とすところは観測できなかったが、1度に1つずつ産卵できる風変わりなチューブ状の組織がメスの生殖器から伸びているとビジュ氏は記している。  19世紀に、体長およそ5cmのこのカエルをインドのダージリン地方で初めて発見したのは英国の動物学者トーマス・ジェルドン氏だ。  氏は、メスが木のうろに戻ってはオタマジャクシの胃を卵で満タンにしているのではないかと考えている。  同論文の共著者であるベルギー、ブリュッセル自由大学両生類進化研究所のイネス・ファン・ボクラール氏は、このカエルのDNA、奇妙な繁殖行動、そして生体構造は、「カエルの進化の過程におけるごく初期での枝分かれを示している」と言う。 メスは木のうろの内側に卵を産み付ける。 メスはその場所で、オタマジャクシが小さなカエルになるまで自ら産んだ無精卵を食べさせるのだ。 新たに Frankixalus jerdonii と名付けられ、1月20日付の科学誌「PLOS ONE」で発表された。 「彼らが母親の卵のみを食べていることは明らかです」とビジュ氏は言う。
東北大大学院生命科学研究科の東谷篤志教授(分子遺伝学)のグループが2009年11月、生まれた直後の線虫約1万匹をスペースシャトルで「きぼう」に輸送。 宇宙での映像を見ると運動能力が低下していた。 無重量状態が影響して虚弱体質になったとみられる。 約1000個の細胞からなり、生命現象の研究に用いられるモデル生物。 解凍して数千匹を調べた結果、無重量状態で育った線虫は、同じ宇宙空間であっても重力を加えた線虫より筋肉量が約2割少なかった。 宇宙での長期滞在に向け、生理的な影響を検討していく必要がある」と指摘した。 線虫は土壌に生息する微小生物で体長約1ミリ。 4日間成育した後、冷凍し、10年2月に再びシャトルで回収した。 宇宙空間で育った線虫は筋力が弱く、運動能力も低いことが、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」での成育実験で分かった。  東谷教授は「宇宙飛行士はトレーニングで筋力維持に努めているが、内臓などは細胞レベルで働きが落ちている可能性がある。


2~3週間の潜伏期間後、耳の下が腫れ、発熱する。 1か所当たりの患者数が多い都道府県は、佐賀(5人)、宮崎(4・23人)、石川(3・31人)で、各県とも流行注意報を発令した。 通常は1~2週間で治るが、無菌性髄膜炎や脳炎などを引き起こすことがあり、0・1~1%の確率で難聴になる。 感染研感染症疫学センターの砂川富正・第二室長は「おたふく風邪の流行は4~5年周期で起こる傾向があり、今年は流行する可能性がある。  おたふく風邪はムンプスウイルスの感染で起きる。 1か所あたり1・0人を超えるのは、2011年7月以来。 ワクチンを接種して予防することも重要だ」と話している。 おたふく風邪(流行性耳下腺炎)が今年に入り、4年半ぶりに全国的な流行の兆しを見せていることが、国立感染症研究所のまとめでわかった。  まとめによると、今月4~10日に、全国約3000の小児科から報告のあった患者数は3771人で、1か所当たり1・2人となった。



「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 以外にオステオパシーやスポンディロセラピ-などの脊椎矯正法があります。

米国(アメリカ)の治療家パーマー が体系づけられた。

病気は神経系の機能障害から発生するという考え方に基づき、体、特に椎骨の関節の矯正で神経系の機能回復をしようとする治療です。