骨盤矯正と整体・カイロプラクティック



著名なフランスの彫刻家ロダン(1840~1917年)の彫刻「考える人」のように前傾姿勢を取ると、洋式トイレでは排便しやすくなるという研究結果を、大腸や肛門が専門の高野病院(熊本市)の医師らのチームがイタリアの医学誌で発表した。 チームは、高野部長が留学した米国の病院で、便秘など排便の困難を訴えて受診した男女約50人を対象に研究を実施。  リハビリテーションを行う理学療法士が医療現場で排便指導してきたことを初めて実証したといい、同病院の高野正太・大腸肛門機能科部長は「便秘で悩んでいる人は、まず『考える人』のポーズを試してみてほしい。 ただし『考える人』のように片手にあごを乗せても効果は上がらない」と指摘する。 さらに、肛門を締め付ける「括約筋」などもより緩んだ状態だったことから、チームは「『考える人』の姿勢は背筋を伸ばすより排便しやすい」と結論付けた。 検査中のX線写真を詳細に解析すると、「考える人」の姿勢では、直腸と肛門のつながり具合がより真っすぐになり、便が出やすくなっていた。 その結果、背筋を伸ばした真っすぐな姿勢では便を排せつできなかった22人(平均56歳)に対し、ロダンの「考える人」のように、肘を膝につける前傾姿勢を取らせたところ、11人が完全に排せつできた。 バリウムで作った便のようなものを排せつする検査を受けた際に収集したデータを分析した。 直腸と肛門が便をより出しやすい位置関係になる上、肛門を締め付ける筋肉が緩むためとみられる。
サメ(鮫)は、軟骨魚綱板鰓亜綱に属する魚類のうち、鰓裂が体の側面に開くものの総称。 2015年に起きたサメに人間が襲われる事故は、世界で98件に上り、過去最高となった。 これは過去10年間の平均的な数字だった。 バージス氏によると、襲撃件数の増加は、気候変動に起因する海水温上昇で、サメの行動範囲が南北ともにさらに広がったことが原因の可能性があるという。 発生件数を国別でみると、米国が最多の59件を数え、オーストラリアの18件と南アフリカの8件がそれに次いでいる。 鰓裂が下面に開くエイとは区別される。 これまでの最多襲撃記録は2000年の88件だった。 米国の大学が9日、明らかにした。 世界中の海洋に広く分布し、一部の種は汽水域、淡水域にも進出する。 また、深海性のサメも知られている。 また昨年は、エルニーニョの影響で海水温が上がり、海を訪れる人の数も多かったとされる。 1958年からサメの襲撃に関するデータを収集している米フロリダ大学(University of Florida)の「国際サメ被害目録(ISAF)」責任者、ジョージ・バージス(George Burgess)氏によると、死亡事故はこのうち6件のみだったという。 米国での襲撃件数のうち、30件は南東部のフロリダ(Florida)州で発生していたが、死亡事故が起きたのはハワイ(Hawaii)州だけだった。 世界中に約500種が存在する。 海水温の上昇と海を訪れた人が増えたことが原因と考えられるという。
世界保健機関(WHO)は8日、妊婦の感染と新生児の小頭症の関連が疑われるジカウイルス感染症(ジカ熱)のワクチンについて、12の研究グループが開発に着手していることを明らかにした。 WHOはワクチンの実用化に向け、臨床試験の迅速な認可のための支援を必要な国々に行う方針。 ワクチン(独: Vakzin、英: vaccine)はヒトなどの動物に接種して感染症の予防に用いる医薬品。 毒性を無くしたか、あるいは弱めた病原体から作られ、弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り、以後感染症にかかりにくくする。 名前の由来はラテン語の「Vacca」(雌牛の意)から。 ワクチンを発見したのはイギリスの医学者、エドワード・ジェンナー。 弱いとはいえ病原体を接種するため、まれに体調が崩れることがある。 接種方法としては皮下注射、筋肉内注射が多いが、経口生ポリオワクチン(OPV)のように直接飲む(経口ワクチン)ものやBCGのようなスタンプ式のもの、変則的接種方法として、皮内注射などもある。 また、マラリア予防薬のように服用するタイプの予防薬の研究も始まっているほか、ウイルスを媒介する蚊の駆除方法などの検討も進んでいる。 ただ、いずれも「開発の初期段階であり、実用化には数年かかる」としている。 牛痘にかかった人間は天然痘にかからなくなる(またはかかっても症状が軽い)事を発見し、これにより天然痘ワクチンを作った。 その後、ルイ・パスツールが病原体の培養を通じてこれを弱毒化すれば、その接種によって免疫が作られると理論的裏付けを与え、応用の道を開いたことによって、さまざまな感染症に対するワクチンが作られるようになった。 ジカウイルスは、デング熱や黄熱病、日本脳炎のウイルスなどと同じフラビウイルス科のウイルス。
ヒトの口腔内にも存在し、う蝕(虫歯)の原因菌のひとつである。 虫歯の原因菌として知られる虫歯菌の一種が脳内で炎症を引き起こし、脳出血の発症に関与していると国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)などが5日発表した。 このうち、コラーゲンと結合して止血作用を阻害する性質を持つ「cnm遺伝子保有株」が検出された患者は、脳出血の発症可能性が他の患者の約4倍あった。 虫歯菌は最初からヒトの口腔内に存在しているのではなく、口移しや食器の共有などによって、感染者の唾液が口に入ることによって感染する。 磁気共鳴画像装置(MRI)で確認できる微小な脳出血の跡も多かったという。 論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。 S. mutansやS. sobrinusなどがあるが、それら全てが虫歯菌と考えられていた。 国循の殿村修一医師は「病原性の高い細菌を選んでなくす方法を確立できれば、脳出血の予防につながる可能性がある」と話している。  研究グループは、国循に入院した脳卒中患者100人から唾液を採取し、中に含まれる虫歯菌を培養した。 虫歯菌(ミュータンスきん、学名:Streptococcus mutans)とは、グラム陽性で通性嫌気性の連鎖球菌の一種のことである。 しかし、DNAによる同定法などが確立してきたために、それらが別の菌であることが分かった。 虫歯菌の別名でも有名。 1924年にJ. K. Clarkeによって発見された。 なお虫歯菌とは、現在Streptococcus mutansのことを主に指すが、過去にはミュータンス群のことを指していた時代がある。
巨大IT企業が立場を利用して、自社に有利な取引条件などを強要している場合には、独占禁止法違反として公取委が摘発する可能性もある。 調査は今月下旬から4月上旬まで、音楽や電子書籍を配信するネット関連企業やゲーム開発会社など国内20~30社を対象に実態を聞き取る。 国内のレコード会社や出版社などのコンテンツ事業者が、グーグルやアップル、アマゾンなどインターネット取引の場を提供している巨大IT企業から不当な扱いを受けていないかどうかを把握するため、公正取引委員会と経済産業省が共同調査に乗り出す方針を固めた。 結果を踏まえ、法整備などの政策に反映させる考えだ。 また、経産省はネット事業に取り組むコンテンツ企業や小売業者などから情報提供を受け付ける窓口をネット上に開く。






カイロプラクティック

カイロプラクティック(背骨矯正術)は、1895年米国(アメリカ)のD.D.パーマー によって創始された施術方法です。

カイロプラクティックの名称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する新しく作られた造語。

世界保健機関では補完代替医療に位置づけている。

発祥国の米国や、イギリス、カナダ、ヨーロッパなどの一部の国(およそ40か国)においてはおもに筋肉、骨格の障害を取り扱う筋・骨格系ヘルスケアの専門職として法制化されている。

WHOの定義では、「筋肉・骨格の障害とそれがおよぼす健康への影響を診断・治療・予防をする専門職である。

治療法は、手技による関節アジャストもしくは背骨マニピュレーションを特色とし、椎骨のわずかの歪みに注目している」。

ただしカイロプラクティック(背骨矯正法)の定義は、様々な団体や教育機関によって異なるケースも多くみられます。

痛み症状要因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な異常(サブラクセーション)だと考え、そしてその異常(サブラクセーション)手技や器具で矯正することで痛み・痺れを治療するうことがカイロプラクティック(脊椎矯正療法)だと考えている人々もいます。