脊椎・骨盤矯正と整体・カイロプラクティック

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック



前者は優良誤認、後者はいわゆるコンプガチャ規制に抵触するのでは――といった指摘も寄せられ、一部ユーザーの間では、消費者庁に通報したり、返金を求めたりといった動きも起こっていました。 こうした動きを受け、「グランブルーファンタジー」運営は8日、レジェンドガチャの出現率アップ表記と、ベアトリクスの性能表記についてゲーム内でコメントを発表。 加えて、同時期に実装された新キャラクター「ベアトリクス」の性能表記が実際の性能と異なっていたり、また「アンチラ」と他のガチャキャラクター両方をそろえることで、ゲームを有利に進められる「クロスフェイトエピソード」と呼ばれるイベントが発生することなども問題に。 今回の説明に納得していないユーザーも多く、Twitterでは「火に油を注いだだけ」「説明にも謝罪にもなってない」といった不満の声が依然として多く見られました。 「お客様に大変ご不安の念を抱かせてしまっておりますこと、先ずお詫び申し上げます」と謝罪したうえで、「出現率アップ表記」については、「出現率アップの値は、それぞれの武器ならびに召喚石ごとに上昇しています」、ベアトリクスの性能表記については、「(表記に)齟齬があったため文言表記の統一を図り」、実際のスキル効果に合わせて表記を修正したとのことです。 炎上の原因は、年末年始のガチャイベントで提供されていた「アンチラ」というキャラクター。 ただ、謝罪に伴う補填などは発表されておらず、ユーザーからは「謝罪になってない」「そこじゃない」などの声もあがっています。 ただ、本当にアンチラだけ出現率が低かったのかについては言及されず、コンプガチャ疑惑のあった「クロスフェイトエピソード」についても特に触れられませんでした。 また、他のキャラクターに比べて出現率が低く設定されている(ユーザーのガチャ報告などからの推測)にもかかわらず、その旨を事前に表記していなかったことも問題に。 このキャラクターの出現率が非常に低く、アンチラ狙いのユーザーが次々と爆死(大金をつぎ込んでも引けないこと)したのがそもそものきっかけでした。 ソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」が炎上していた件で、運営は1月8日、ゲーム内で「お客様には混乱を招きご不快な思いをさせてしまいましたこと、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪しました。 「アンチラが他のキャラクターと同じ確率で出ると誤解させる」として、ユーザーからは「有利誤認にあたるのではないか」との声があがっていました。 署名サイトChange.orgでは、運営会社に立入検査を求める署名も立ち上がっています。

この時計は、スイスの高級腕時計メーカー、H. モーザー(H. Moser & Cie.)が発表した「スイス アルプ ウォッチ(Swiss Alp Watch)」。 裏側のパネルは透明で、機械式の駆動機構が見えるようにもなっている。 デザインはApple Watchそっくりにもかかわらず、100%スイス製のムーブメントを採用。 「電子式の心臓部を備え、機械式時計のように見せかけた時計を作るのではなく、その反対の道を選んだ」。 見た目がApple Watchそっくりの「偽物」ウォッチが登場した。 なのに値段は2万4900ドル(約290万円)。 手巻きで100時間は連続使用できるという。 製品化の意図は、少なくともデザインをパクってApple Watchにあやかろうというのではない。 それとは逆に、アップルに対してジャブを繰り出した格好。 何よりも重要なのは、アップデートする必要がなく、いつの日か自分の子供たちに引き継げるという点だ」と話し、すぐに陳腐化するスマートウォッチにはない、機械式腕時計の素晴らしさを強調している。 アルプ ウォッチ」という商品名も「アップル ウォッチ」にかなり似ている。 それでもメイランCEOは、「伝統的な機械式腕時計にこそ未来がある。 同社のエドゥアルド・メイランCEOがこう話すように、アナログ的な外観を備えたApple Watchはじめスマートウォッチの流れに一矢報いるべく、外観がそっくりで内部は伝統的な機械式という、あべこべのアプローチをあえてとった。 スマートウォッチの登場でスイスの時計産業が大きな影響を受ける中、時計産業に殴り込みをかけたアップルやスマートウォッチのトレンドへの強い対抗意識から、こんなパロディー的な製品を世に出したようなのだ。 ただし、電話もメッセージの機能もなく、アプリを利用したり、愛しい人と互いの胸の高鳴りをアニメーションで共有したりもできない。 実はこれ、安っぽい模造品ではなく、れっきとしたスイスの高級機械式腕時計なのだ。 さらに、ブログのHodinkeeによれば、ケースは18金ホワイトゴールドで、全部で50個しか作られないという。 さらに、その製品紹介ビデオも、アップルのチーフ・デザイン・オフィサー、ジョニー・アイブ氏がナレーションを行うプロモーションビデオを彷彿とさせるスタイル。

 製品発表会に登壇したエプソン販売代表取締役社長の佐伯直幸氏は、一般コンシューマーがプリントをためらう理由として、消耗品切れや交換の手間、コストなどを挙げ、2年間インクの追加購入が不要なエコタンクで、「これまでのプリンタの悩みを解消する新たな提案をしていく」とアピール。 エコタンク搭載モデルは、カラー6500ページ/モノクロ6000ページの印刷が可能な大容量タンクを搭載しているのが特徴。 価格は順に1万円台半ば、1万円前後、2万円前後(税別)。 A4カラー1万1000枚印刷時のインク交換回数は、カートリッジ式インクを採用する従来のプリンタが88回であるのに対し、エコインク搭載モデルはわずか8回と、インク補充の手間を大幅に省くことができる。 このほか、カラリオプリンタの新モデルとして、6色染料インクを採用するA4多機能複合機「EP-708A」と、A4顔料インク採用のA4対応複合機「PX-048A」をラインアップに追加したほか、PCなしで写真やシールを印刷できる新カラリオミー「PF-71」を発表、1月28日より発売する。  また、2年分のインク(A4モノクロ文書を月300枚印刷した場合を想定)を同梱しており、1枚当たりの印刷コストは、EW-M660FTがカラー0.8円/モノクロ0.4円、PX-M160TとPX-S160Tがモノクロ0.3円と、ランニングコストが低いのも目を引く。 これまでプリンタ市場のビジネスモデルは、本体の価格よりも消耗品のカートリッジ型インクで利益を上げる図式だったが、新興国で先行展開しているエコタンク搭載モデルが大きく成長しており、「気兼ねなく印刷できる」をキーワードに国内でも新しいビジネスに乗り出す。 プリントボリュームの高いユーザー層に向けて訴求する。

 このうちベインは、11年にすかいらーくを約3000億円で買収、再建に成功して15年10月に再上場を果たした実績がある。  米マクドナルドが、株式の売却先として打診したのは投資ファンドや総合商社。 米マクドナルドが、約5割を握る日本マクドナルドホールディングス(HD)の株式売却を模索し始めた。  そのため、ついに米マクドナルドはしびれを切らし、日本マクドナルドHD株の売却に向けて動き始めたというわけだ。 具体的な名前は明らかにされていないが、米ベインキャピタルや三井物産の名前が挙がっている。 。  日本マクドナルドは、2014年夏に発覚した期限切れチキン問題をきっかけに業績が悪化。 というのも、昨年7月に米マクドナルドが打ち出したグローバル戦略で、日本は「最重要マーケット」から外されており、「見放された」と受け止められていたためだ。 ただ、社内は至って冷静。 すかいらーくの会長には、元米マクドナルド社長だったラルフ・アルバレス氏が就くなど人的関係も深い。  にもかかわらず、14年3月に就任したサラ・カサノバ社長の施策は、セットメニューの値下げや値上げを繰り返すなど迷走しており、売上高は一向に回復しそうにない。 売上高が大幅に落ち込み、2期連続の最終赤字が見込まれている。 また、「総合商社で唯一関心を示した」(関係者)とされる三井物産は生活消費関連に弱い。  マクドナルド、ベイン、三井物産3社とも「今回の件にはコメントできない」としている。 そのため、フランチャイズも含めて全国に約3100店舗、売上高にして約4400億円のチェーンが一気に手に入ることに興味を示したようである。



カイロプラクティック(Chiropractic) は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正療法)以外にオステオパシー・スポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

アメリカ(米国)の治療家「ダニエル・デビッド・パーマー」 が開発された。

病態は神経の障害により起きるという考えに基づき、体、特に脊柱の指圧により神経系の機能回復をしようとする治療法です。





カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック