手技療法(整体)と骨格矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック



カイロプラクティック 「Chiropractic」 は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)の他にも「オステオパシー」やスポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

米国の治療家パーマー(1845~1913) が創始した。

疾患は神経の機能の障害により起きるとの考え方に基づいて、肉体、特に脊柱の調整により神経の機能の回復を目的とした治療法なのです。

19 世紀アメリカで創始された神経機能に対して行う施術方法

背骨(椎骨)の歪(ズレ)みを整え、神経機能を整えさせ、組織や各器官の不具合正常化する

カイロプラクティック(脊椎矯正法)は背骨・骨盤の障害とそれらが及ぼす体への作用を診断、治療、予防をするスペシャリストであり、関節矯正もしくは脊椎マニピュレーションを含めた手技を特徴とし、主に背骨の小さなズレ(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する施術法です。

ざっくり言えば…、骨のゆがみ、特に骨(背骨)のズレを手技や矯正器具によって改善することで神経の働きを改善する治療法

すなわち人の体をコントロールするのは脳と脊髄繋がっている神経で、その神経系の伝達がよくなれば自ら人間は痛みの消失とともに健康的になると考える訳です。

健康管理・システムの中の脊椎健康管理の専門職です。

神経系や骨格系の機能、能力、健康全般そして日常生活の質をより高める能力を有している。

最近のリサーチと臨床に基づいて、主に脊椎と神経系の関りを重視しながら治療、検査、診断に専門的な着手計画を行う。

手技矯正、運動、患者教育など含み、主に背骨アジャストメントを執り行う教育を受けた専門職。

「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 では既往歴を訊き取り、姿勢バランス検査など各種の検査をします。

そして身体の歪みを総合的に判断して治療順番を構成して、症状や個人差に合わせた矯正のカイロプラクティック・テクニックを用います。

規定で転売は禁止されているが、年約10億円分のチケットが転売されており、正規価格の7倍で取引された例もあったという。
大阪市のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の運営会社は、11月から不正転売されたチケットを無効にすると発表した。 転売を目的にインターネットで購入されたチケットは、同一人物が販売開始直後に数百枚を買うなど不審な点がある。 インターネット上のオークションでは、USJの人気アトラクションの待ち時間を短縮できる「エクスプレス・パス」などが高値で売買されており、運営会社は監視チームを作り、転売の撲滅を目指す。 チケットには番号が付けられていることから特定も可能。 運営会社によると、エクスプレス・パスやパレードなどを特別席で鑑賞できるチケットの転売は、昨年7月に「ハリー・ポッター」エリアがオープンしたころから増加。 監視チームが購入履歴やインターネット・オークションなどをチェックし、転売を確認できたチケットは使えないようにする。

撤廃品目数は、農林水産物834品目の約半数に達する見通しで、日本政府が「聖域」として交渉してきたコメ、牛・豚肉、乳製品、麦、砂糖の重要5項目以外は、ほとんどの関税が即時撤廃か数年間で段階的に撤廃される。 このため、野菜ではホウレンソウやレタス、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツなどにかかっている3%の関税がTPPの発効後すぐになくなる。 現状3.5%以上のカツオやベニザケ、ヒラメなどは即時撤廃となる。 TPP交渉は元々、すべての品目の関税撤廃が原則とされてきた。 TPPの大筋合意以降、国内では詳しい説明を求める声が高まっており、農林水産省が各品目についての精査を進めている。
一方で、国内に漁業者が多いアジやサバについては16年目までの段階的な撤廃となる。  関税が早期撤廃される野菜や魚については、元々の関税がそれほど高くない上に、TPP参加国からの輸入品と国産品が競合しているケースは少ない。 果物ではパイナップル缶詰などの一部の加工品を除いて、オレンジやサクランボなどの関税が段階的に下がり最終的にはゼロとなる。 タマネギは原則8.5%の関税が6年目に撤廃される。  水産物では、魚の関税がすべて撤廃される。 このため、「生産者に与える影響は限定的」(交渉関係者)とする見方が多い。 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で、野菜や魚は全ての関税が16年目までに撤廃されることが分かった。 また、重要5項目の中でも、牛タンやハム、ソーセージなどの一部加工品は段階的に撤廃される。

現状3.5%以上のカツオやベニザケ、ヒラメなどは即時撤廃となる。 このため、「生産者に与える影響は限定的」(交渉関係者)とする見方が多い。 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で、野菜や魚は全ての関税が16年目までに撤廃されることが分かった。 撤廃品目数は、農林水産物834品目の約半数に達する見通しで、日本政府が「聖域」として交渉してきたコメ、牛・豚肉、乳製品、麦、砂糖の重要5項目以外は、ほとんどの関税が即時撤廃か数年間で段階的に撤廃される。 TPP交渉は元々、すべての品目の関税撤廃が原則とされてきた。 タマネギは原則8.5%の関税が6年目に撤廃される。 このため、野菜ではホウレンソウやレタス、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツなどにかかっている3%の関税がTPPの発効後すぐになくなる。 関税が早期撤廃される野菜や魚については、元々の関税がそれほど高くない上に、TPP参加国からの輸入品と国産品が競合しているケースは少ない。
TPPの大筋合意以降、国内では詳しい説明を求める声が高まっており、農林水産省が各品目についての精査を進めている。 果物ではパイナップル缶詰などの一部の加工品を除いて、オレンジやサクランボなどの関税が段階的に下がり最終的にはゼロとなる。 水産物では、魚の関税がすべて撤廃される。 また、重要5項目の中でも、牛タンやハム、ソーセージなどの一部加工品は段階的に撤廃される。 一方で、国内に漁業者が多いアジやサバについては16年目までの段階的な撤廃となる。

これまでは、課徴金額は機械的に決められたため、企業にとって調査に協力するメリットが小さく、不正の実態解明の障壁になっていた。 調査協力した企業に“見返り”を与えて実態解明を容易にし、違反の抑止力を高める狙いがある。
現在の制度は、不正に関連した売上高に一定の算定率をかけた額を課徴金とし国庫納付を命じている。  新たな“裁量型”では、違反と認定された企業が公取委から求められた資料を全て提出した場合に、算定率を10%から8%に下げる例や、逆に提出を全て拒んだ企業には算定率を高めるケースなどが想定される。 公取委は独禁法改正案の提出を目指し、原案作成を進めている。
カルテルや私的独占など独占禁止法違反が認定された企業について、公正取引委員会が、調査への協力度などに応じて課徴金の額を公取委の裁量で増減できる「裁量型課徴金制度」の導入を検討していることが15日、関係者への取材で分かった。 また、有力企業に小さな企業がカルテルへの参加を強要された場合などは、課徴金を減免する措置なども想定されている。 法改正をめぐっては、市場秩序を向上させる効果が期待される一方、公取委に強い裁量権を与えることへの妥当性についての議論も予想される。











カイロプラクティック
カイロプラクティック
カイロプラクティック
Sidebar