Skip to content

背骨矯正と整体・カイロプラクティック(手技療法)

Posted in 未分類



菅官房長官は、総務省が携帯電話料金の引き下げに向けて有識者会議で検討を始めたことを受け、「大手3社が似たような料金を設定しているのは国民から見ても問題だと思う」と述べて、公明正大に議論をしてほしいと注文をつけました。 そういうことについて委員会で審議をしていただければと期待をしています」(菅義偉 官房長官) また、菅長官は携帯電話料金の家計にしめる負担が年々増大していると指摘した上で、料金設定も大手3社が似たようなプランを出していて、利用者のニーズや利用度の低いユーザーに沿ったものにはなっていないと批判しました。 「特に3社が同じような料金体系というのは、やはり国民から見えても問題があるのではないかなと思いますけども。













ただ、オバマ氏は南シナ海問題などで中国が国際規範に違反した場合は、共に「声を上げることを期待する」と要請。  朴氏は9月に中国が北京で開いた「抗日戦争勝利70年」の軍事パレードなどの行事に出席。 習氏と天安門城楼で並ぶなどして世界に緊密ぶりを印象付けた。 米国は主要同盟国である韓国にも対中けん制で役割を果たすよう強く求め、過度な中韓接近にくぎを刺した格好だ。  だがその後「我々は第二次大戦後の国際規範によって利益を享受し」、それが弱体化することは「韓国を含む全ての国にとって良くない」と指摘し、中国が違反した場合には共同歩調を取るよう求めた。 オバマ米大統領は共同記者会見で韓国と中国の関係強化を支持し、韓国内では「中国傾斜論払拭(ふっしょく)」(聯合ニュース)との評価が出ている。 米国内では「一部の人々には神経に障るイメージ」(ワシントン・ポスト)との見方も出て、韓国の「中国傾斜論」に拍車がかかった。 さらに「もし朴氏が(中国国家主席の)習近平氏と会えば、米国に問題が生じるとの見方があるが、おかしな話だ」と指摘した。 米ホワイトハウスで16日に開かれた米韓首脳会談は、韓国と中国の接近による米国の懸念を朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領が取り除けるかが焦点の一つだった。  オバマ氏は韓国側の記者に「米韓関係に亀裂があるとの指摘をどう考えるか」と問われ「米韓関係は過去のどのときよりも強い」と反論。


Comments are closed.