整体・カイロプラクティックと脊椎・骨盤矯正

「システムLSI(大規模集積回路)」については、大分工場(大分市)の画像センサー製造ラインを売却することで、28日にソニーと基本合意した。

合わせて約260億円の固定費削減につなげ、半導体事業の中で赤字が続いていた2分野を2016年度に黒字化する目標。

今後は家電やパソコンでも改革を進められるかが焦点になる。

 白色LEDは「ディスクリート」と言われる単機能半導体の一種。

システムLSI分野では約160億円の固定費を削減する。

利益水増し問題からの再生に向け、最初の一歩を踏み出した格好だ。

東芝は28日、半導体事業の構造改革の具体策を発表した。

 半導体事業では、2分野の赤字を稼ぎ頭の「フラッシュメモリー」の黒字の一部で相殺する構図だったが、“止血”が実現すれば収益の改善が期待される。

東芝はカンパニー制を敷くため、経営トップが範を示すことで各カンパニーの協力を得たい考えだ。

採算が悪化していたため、15年度末までに撤退して約100億円の固定費を削減する。

 ディスクリート分野では、高電圧を扱い、電力変換に使われるパワー半導体を中心に立て直す方針だ。

関係する従業員約1100人に関してはソニーに転籍させる方向だ。

再生策の第1弾として半導体に切り込んだのは、室町正志社長の出身母体であることが大きい。

売却額は200億円程度になる見通し。

照明に使う白色発光ダイオード(LED)と、スマートフォンに組み込まれ、画像処理を行う画像センサーの生産から撤退し、早期退職も募る。

白熱電球などからの置き換えで需要拡大が見込まれたため、東芝も強化してきたが、中国製などとの競争が激しく「価格下落が想定以上だった」(関係者)という。

雑誌の読者プレゼントの当選者数水増しを内部告発したところ、不当に懲戒解雇されたとして、秋田書店(東京)の元社員の女性が解雇無効や地位確認などを求めていた訴訟は28日、同社が女性に解決金120万円を支払うことなどを条件に東京地裁で和解が成立した。

女性の代理人弁護士らによると、女性は2007年4月に入社。

プレゼント業務を担当し、12年3月に懲戒解雇された。

透明化した組織の細胞壁と細胞核を後から蛍光色素で染色することもでき、蛍光たんぱく質を導入するための遺伝子組み換えができない植物にも適用できるとしている。

 開発したのは、同大大学院の栗原大輔特任助教と、同大WPIトランスフォーマティブ生命分子研究所の東山哲也教授ら。

成果は英科学誌「Developement」(オンライン速報版)に公開された。

 生体組織の内部構造を観察するためには「2光子励起顕微鏡」という高価な顕微鏡を使う必要があったが、蛍光たんぱく質で標識した組織を透明化した場合、一般的に普及している「共焦点顕微鏡」でも観察できるという。

植物を蛍光たんぱく質を使った観察の際に邪魔になるクロロフィル(葉緑素)を除去する最適な化合物の組み合わせを探し、植物を透明化する試薬「ClearSee」の開発に成功した。

理化学研究所が開発した透明化解析技術「CUBIC」で用いた方法を植物に応用。

観測データは、67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P/Churyumov-Gerasimenko)を取り巻くガス中の酸素分子(O2)が、彗星が形成される「以前か、その最中」に存在していたことを示唆していると、ビーラー氏は記者団に語った。

 通説では、生まれたての太陽系は混沌とした状態にあり、天体同士の衝突によってまき散らされた物質が、形成されたばかりの太陽に近づいたり、離れたりしながら漂っていたとされていた。

酸素を含む原始の氷の粒はこのような荒々しい環境には耐えられなかったとされ、太陽系形成の過程はこれまで考えられていたよりも「穏やか」だったと推測できると、研究チームは述べている。

 これは、約46億年前の太陽系形成にかかわる化学に関する人類の理解に影響を及ぼすかもしれない。

米ミシガン大学(University of Michigan)の科学者、アンドレ・ビーラー(Andre Bieler)氏は、今回の発見は「大きな驚き」であり、太陽系形成に関する通説を覆すものだと述べている。

これまでの説では、67Pなどの彗星上にO2は存在しないはずだとされていた。

今回の発見に関する英科学誌ネイチャー(Nature)掲載の研究論文の共同執筆者、スイス・ベルン大学(University of Bern)のキャスリン・アルトウェッグ(Kathrin Altwegg)氏は、O2は他の元素と非常に容易に結合するため、「酸素が(原始の状態で)数十億年間も『生き残る』ことができるとは思ってもみなかった」と話す。

「この酸素は始原的、つまり太陽系より古いものと考えられる」という。

背骨矯正と整体

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック

今でもテストする場所を探すことで苦労している」と述べた。

その上で「実際に自動運転を導入する準備ができている国があるとすれば、それは日本だと思う。

信頼できる技術、デバイスが揃い、市街地での自動走行が可能になるのが2020年。

従って20年には私達は準備ができているということ。

ゴーンCEOは「私たちの仕事はまず技術を揃えるということ。

なぜなら日本では公道での自動運転のテストが可能だからだ。

ただそれを量販できるかどうかというのはやはり誰が何を決めるかによる。

欧州では公道でのテストはできない。

量販できるか否かは行政次第になる」と指摘。

ただ、主力のタイヤ事業は好調で、120億円を見込む税引き後利益は目減りはするが、黒字は確保できる見通しだ。

特別損失の内訳は、免震ゴムの交換に伴う建物所有者への補償や代替品の生産費用が70億円程度で、自動車部品の価格カルテルを巡り、顧客の自動車メーカーに支払う和解金42億円も計上する。

15年12月期の業績予想の下方修正は3度目。

東洋ゴム工業が、性能を偽装していた免震ゴムへの対応などのため、100億円超の特別損失を2015年12月期連結決算に追加で計上する見通しとなった。

生体組織の内部構造を観察するためには「2光子励起顕微鏡」という高価な顕微鏡を使う必要があったが、蛍光たんぱく質で標識した組織を透明化した場合、一般的に普及している「共焦点顕微鏡」でも観察できるという。

植物を蛍光たんぱく質を使った観察の際に邪魔になるクロロフィル(葉緑素)を除去する最適な化合物の組み合わせを探し、植物を透明化する試薬「ClearSee」の開発に成功した。

成果は英科学誌「Developement」(オンライン速報版)に公開された。

理化学研究所が開発した透明化解析技術「CUBIC」で用いた方法を植物に応用。

開発したのは、同大大学院の栗原大輔特任助教と、同大WPIトランスフォーマティブ生命分子研究所の東山哲也教授ら。

透明化した組織の細胞壁と細胞核を後から蛍光色素で染色することもでき、蛍光たんぱく質を導入するための遺伝子組み換えができない植物にも適用できるとしている。

カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック