Skip to content

脊椎・骨盤矯正とカイロプラクティック・整体

ブログ ブログ カイロプラクティック



コスト削減に加えて電気料金も引き上げ、13~14年度は2年連続で経常損益が黒字となった。  発行額や時期の詳細は、金融機関などと今後詰める。 東電は原発事故の賠償などで経営危機に陥り、2012年夏に国が資本注入して議決権の過半数を握った。 経営は持ち直しつつあるとして、16年度に運転資金として社債の発行再開を含めて1兆円を調達する計画をたてていた。 東京電力は来秋にも、福島第一原発事故後に止まっていた社債の発行を再開し、3千億円規模を調達する見通しとなった。 原発事故で社債市場の信用力が下がり、銀行からの借り入れに頼ってきたが、自力で調達して「実質国有化」から脱する足がかりをつくる。 ただ、業績回復を後押しする柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働が遅れれば、発行時期は遅れる可能性もある。 国の議決権は、順次引き下げていく道筋を描いている。

ただ、業績回復を後押しする柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働が遅れれば、発行時期は遅れる可能性もある。  発行額や時期の詳細は、金融機関などと今後詰める。 経営は持ち直しつつあるとして、16年度に運転資金として社債の発行再開を含めて1兆円を調達する計画をたてていた。 国の議決権は、順次引き下げていく道筋を描いている。 コスト削減に加えて電気料金も引き上げ、13~14年度は2年連続で経常損益が黒字となった。  東電は原発事故の賠償などで経営危機に陥り、2012年夏に国が資本注入して議決権の過半数を握った。 原発事故で社債市場の信用力が下がり、銀行からの借り入れに頼ってきたが、自力で調達して「実質国有化」から脱する足がかりをつくる。 東京電力は来秋にも、福島第一原発事故後に止まっていた社債の発行を再開し、3千億円規模を調達する見通しとなった。


















ブログ
ブログ
カイロプラクティック
Published in未分類

Comments are closed.