Skip to content

「カイロプラクティック」について考えよう

浜松市・植木・造園カイロプラクティック

カイロプラクティック 「Chiropractic」 とは、1895年アメリカの「ダニエル・デビッド・パーマー」により創始された手技療法です。

名前は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する造語。

世界保健機関(WHO)では補完代替医療に位置づけています。

発祥国のアメリカや、カナダ、ヨーロッパなどの一部の国(およそ40か国)において、おもに筋骨格系の障害を扱う筋肉、骨格健康管理の専門職として法制化されている。

WHO世界保健機関の定義は「筋肉・骨格の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断・治療・予防する専門職です。

治療法は、手技による関節アジャストメントあるいは脊椎マニピュレーションを特徴として特にサブラクセーションに注目している」。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 の定義は、いろいろな協会や学校で違っているケースも多くみられます。

また、疾病症状元が脊椎などの関節(運動分節)の構造的、機能的な歪み(サブラクセーション)だと考え、そしてその異常(サブラクセーション)を手や器具によって調整することで痛みや痺れを治すことが「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 だと解釈する人達がいます。 整体

「整体」知ってる?



整体(せいたい)は日本語では普通手技をもちいた民間療法、代替医療(だいたいいりょう)を表す言葉です。

静岡県浜松市西区のカイロプラクティック・整体

また、肉体を整える施術全てについて使用される。 Blog


整体(せいたい)って何だろう?

整体(せいたい)って何だろう?



日本語としては大正時代にもちいられ始めた語句で、アメリカで体系づけられた療法・整骨医学を「整体(せいたい)」と訳したのが始まりだと思われます。

整体(せいたい)を知ろう!

整体(せいたい)を知ろう!



今現在、普通に用いられる意味では、カイロプラクティック(背骨矯正術)に似た脊椎矯矯正法(主に背骨)を主目的とした治療方法を指してもちいられる場合がおおい。 Blog


整体



脊椎・骨盤・四肢など、肉体全体の骨格や関節のズレの調整、筋肉の調整を、手を使った手技療法(しゅぎりょうほう)と補助道具で行う施術およびそれらの行為を表してしるという人もいるが統一された形態はない。 Blog


「整体(せいたい)」って何だろう?

「整体(せいたい)」って何だろう?



手技的治療法により色々な症状を治癒させることを目的とする治療方法はマニピュレーションと総称されるが、この代表といえるのがカイロプラクティック(脊椎矯正術)とオステオパシー (Osteopathy)である。 自然治癒力(しぜんちゆりょく)を高めることと手技療法が治療の中心であるという共通点があるが、治療の哲学や着手方法の仕方は異なる。 カイロプラクティック

「整体」って…



どちらも19世紀に米国(アメリカ)で体系づけられた施術方法であります。 カイロプラクティック(Chiropractic) は椎骨間の「サブラクセーション」(亜脱臼)を徒手療法によって矯正アジャストし、病気を治す治療法(ちりょうほう)カイロプラクティック。 「オステオパシー」は、身体の骨格のアンバランスは体液の循環に悪い効果をあたえ、神経伝達や内分泌、血液やリンパ液の循環を妨げると考え、背骨だけでなくすべての筋肉繊維や骨格構造、内臓器、頭蓋骨が手技療法の対象となります。

カイロプラクティック

脳脊髄液の流れの回復やリンパ液の流れの回復も目的とされています。 「カイロプラクティック」 Chiropractic 又はオステオパシー (Osteopathy)の論理・技法は整体(せいたい)指圧といった日本の手技療法に大きな影響を与えました。 カイロプラクティック

「整体(せいたい)」で、知らないこと



整体に決められたやり方は無くやる人によって行うことは異なります。 大正のころに伝えられた「オステオパシー」カイロプラクティック(背骨矯正療法)などの欧米より伝来の手技療法を中心とする整体(せいたい)、日本古来の武術の柔術(じゅうじゅつ)や骨法(こっぽう)などの流派に伝承される手技療法を用いた整体(せいたい)、中医学の手技を使った整体(せいたい)、団体の独自の治療法など加えた整体などがある言われています。 カイロプラクティック

「整体」って何だろう?

「整体」って何だろう?

「整体」って何だろう?



民間療法で、医療の制度から見れば補完代替医療の一つですが、保険適用外であるため、通常医療と同時に病院で補助療法として用いられることはない。 法制度からは医業類似行為の一つとされる。 「整体術」「整体法(せいたいほう)」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも言われています静岡県浜松市西区のカイロプラクティック明治頃に現れた民間療法で、指圧、カイロプラクティック(脊椎矯正法)、オステオパシー、光療法、電気治療などの手段を用いて病気改善の目的で業となす行為を「療術」といいますが、整体(せいたい)もこの一種とされました 。

「整体」について考えよう

「整体」について考えよう

「整体」について考えよう

「整体」について考えよう



整体は理論・技術の両方とも統一されていない為、整体を冠する療法家めいめいが、独自の説を語っている。

整体について知ってみよう

整体について知ってみよう

整体について知ってみよう

整体について知ってみよう



カイロプラクティック(背骨矯正療法)のような科学的・「物理的」方法と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常の医療で臨床に使われる内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)などの論理のミッスクとなっています。

「整体(せいたい)」って何だろう?

「整体(せいたい)」って何だろう?



体全体の各関節(背骨・骨盤(こつばん)・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・顎関節等)の歪み(ゆがみ)・ズレの補正と骨格筋のバランスの調整などを中心に手足による矯正(道具を使用することも)でする施術である。



腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰(こし)の周りに疼痛発赤などを生じる病態を指す一般的な用語。
NO.2
世界の腰痛事情。
国は地域で、学会の施策、カルチャーや暮し暮し暮し暮しや習わし習わし習わし習わしが違ってもが違ってもが違ってもが違っても、腰部の病気腰部の病気腰部の病気腰部の病気の発症の度合いは発症の度合いは発症の度合いは発症の度合いは比較的変わりないの変わりないの変わりないの変わりないのである。 世界保健機構WHOの資料資料資料では、以下のように以下のように以下のように書かれている書かれている書かれている。
「腰の疾患腰の疾患腰の疾患の発症の比率発症の比率発症の比率や有病割合はそれぞれの土地それぞれの土地それぞれの土地のたくさんの場所でたくさんの場所でほぼ同じである同じである。
腰(こし)の疾病腰(こし)の疾病は、各国で各国で仕事を休業する仕事を休業する原因のナンバー1」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰(こし)の疾患の苦痛の原因は身体の姿勢にあると昭和51年のナッケムソンの指摘から、欧州では就労中・家事労働中などの対策がされている。

神経学的診察神経学的診察神経学的診察
背骨背骨背骨、脊髄の疾患脊髄の疾患脊髄の疾患が推考推考推考できた場合は神経学的検査神経学的検査神経学的検査の経験経験を使用して使用して解剖学的な判断解剖学的な判断や画像診断をやってみる必要がある。
脚脚への広がる疼痛広がる疼痛が診られるときでは、椎間板の損傷の見込みが出て来る。
椎間板の損傷は90%位がL4/L5椎間板かL5/S1椎間板に起こるという。
脊椎・脊髄の解剖学的な特性からL4・L5椎間板障害原因ならL5だけの障害かL5とS1の障害が予測され、腰椎5番・仙骨1番椎間板の症状仙骨1番だけの障害となる。
障害された神経根を探すには筋力(きんりょく)、反射(はんしゃ)、知覚(ちかく)をテストするべきです。
No.53
反射
膝蓋腱反射:L4神経根が主に関っている主に関っている。
この神経がこの神経が機能の低下を起こせば機能の低下を起こせばL4機能障害機能障害などを可能性を考慮する可能性を考慮する。
アキレス腱反射。 仙骨1番神経根が大きく関連している。 この神経が低下すれば仙骨1番機能障害などを考える。
No.54
知覚知覚知覚知覚
腰椎4番腰椎4番腰椎4番腰椎4番。 脛骨脛骨脛骨脛骨(すね)の内側。
L5、脛骨稜(すね)の外側。
第1指と第2指の間。
S1:足裏足裏足裏、外踝外踝外踝の下。
No.55
筋力筋力
腰椎4番腰椎4番、足首の関節足首の関節の内反と背屈。
L5、足の指の背屈。
S1:足首の関節の外反と底屈、足の指の底屈。
このような神経学的所見により解剖学的判断をすることができます。
より定性的なテストとして根症状を観る誘発診断が有用です。 すごく使用されているのがラセーグ徴候(SLRテスト)というもので仰向けで横になって膝を伸展した状態で脚を持ち上げる。
お尻お尻~膝の下膝の下に疼痛疼痛を発したら発したらL5,S1の根症状を持っている根症状を持っている証拠です証拠です。 持ち上げた持ち上げた脚の反対の方が痛みがでる事がありクロスSLRと言われています。
FNS検査といわれるものもあり腹ばいの状態で膝関節を屈曲し下肢をもち上げる検査方法。
腰椎3番,L4の神経根が障害されていると大腿の前面に症状が出現する。
浜松市・植木・造園
Published in未分類

Comments are closed.