手技療法と脊椎矯正



ただし『考える人』のように片手にあごを乗せても効果は上がらない」と指摘する。 バリウムで作った便のようなものを排せつする検査を受けた際に収集したデータを分析した。 チームは、高野部長が留学した米国の病院で、便秘など排便の困難を訴えて受診した男女約50人を対象に研究を実施。 リハビリテーションを行う理学療法士が医療現場で排便指導してきたことを初めて実証したといい、同病院の高野正太・大腸肛門機能科部長は「便秘で悩んでいる人は、まず『考える人』のポーズを試してみてほしい。 その結果、背筋を伸ばした真っすぐな姿勢では便を排せつできなかった22人(平均56歳)に対し、ロダンの「考える人」のように、肘を膝につける前傾姿勢を取らせたところ、11人が完全に排せつできた。 直腸と肛門が便をより出しやすい位置関係になる上、肛門を締め付ける筋肉が緩むためとみられる。 さらに、肛門を締め付ける「括約筋」などもより緩んだ状態だったことから、チームは「『考える人』の姿勢は背筋を伸ばすより排便しやすい」と結論付けた。 検査中のX線写真を詳細に解析すると、「考える人」の姿勢では、直腸と肛門のつながり具合がより真っすぐになり、便が出やすくなっていた。 著名なフランスの彫刻家ロダ(1840~1917年)の彫刻「考える人」のように前傾姿勢を取ると、洋式トイレでは排便しやすくなるという研究結果を、大腸や肛門が専門の高野病院(熊本市)の医師らのチームがイタリアの医学誌で発表した。
金子准教授は「関連分野の研究者らと連携し、臨床応用を目指したい」と話した。 将来は、がん患者の免疫治療に応用が期待できるという。 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、人の免疫機能を活性化させる細胞を作製したと、京都大iPS細胞研究所の金子新准教授らの研究チームが発表した。 人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう、英: induced pluripotent stem cells[注 2])とは、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)[注 3]と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。 2006年(平成18年)、山中伸弥率いる京都大学の研究グループによってマウスの線維芽細胞(皮膚細胞)から初めて作られた。 再生iNKT細胞は大量に作製でき、さまざまな種類のがん治療に応用が期待できるという。 論文は10日、米科学誌ステムセル・リポーツ電子版に掲載された。 研究チームは、がん細胞を攻撃するキラーT細胞などを活性化させる働きを持つ「iNKT細胞」に着目。 健康な人の血液からこの細胞を採取してiPS細胞を作製し、5週間かけて再びiNKT細胞に変化させた。 「血液のがん」と呼ばれる白血病の細胞で実験したところ、約6割のがん細胞を死滅させたという。 こうして若返った「再生iNKT細胞」は、他の免疫細胞の活性化を助ける機能を維持していたほか、通常のiNKT細胞にはない、がん細胞を直接攻撃する能力を備えていた。
観察した結果、脳神経細胞間で情報を伝達するシナプスの形成が阻害され、記憶の固定や維持ができない状態が確認できた。 ストレス(英:Stress)とは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である。 オックスフォード英語辞典では、苦痛や苦悩を意味するDistressが短くなった単語とされる。 研究グループは、マウスの大脳皮質の一部で記憶に関係する「海馬」の切片を培養し、ストレスホルモン「グルココルチコイド」を投与。 これまでも人や動物を使った実験でストレスにより記憶の固定が阻害されることは報告されていた。 様々なストレス管理の方法がある。 この文脈では、精神的なものだけでなく、寒さ熱さなど生体的なストレスも含む。 しかし、近年の2012年の研究では、ストレスが健康に影響を与えると認識している群の死亡率が43%高まることが見いだされている。 ストレスが健康に影響を与える研究が行われてきた。 ストレスの概念は一般に、1930年代のハンス・セリエの研究に起源を持つとされる。 だが、ストレスが直接影響しているのか、ストレスを回避するための生体の防御反応なのかは明らかになっていなかった。 細胞を使った実験で再現できたことで、ストレスの影響を細胞レベルで直接検討できるようになり、記憶障害などの予防法や治療法の開発につながると期待される。 論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。 認識していない群はそうではない[3]。 ストレスホルモンが直接影響したと考えられるという。 記憶の固定や維持にストレスが悪影響を及ぼすことを生体の外で初めて再現したと、大阪大の小倉明彦教授らの研究グループが8日発表した。 などストレスに対する認識の影響の研究が進展している。
脱毛症(だつもうしょう)とは、本人が生えることを期待していた毛髪(主に過去に生えていた箇所の毛)が生えなくなった状態のことである。 生理学的には、ヒトの頭髪の形状は年齢や個々人の個性により多様であり、こうあらねばならないという正解があるわけではない。 年を取ると毛が薄くなり抜けてしまうのは、毛を生み出す幹細胞が老化し、毛穴の小器官「毛包(もうほう)」が次第に縮小して消えてしまうためだと分かった。 その結果、毛包の幹細胞が本来の能力を失って表皮の角化細胞に変わり、毛包自体も次第に縮小し消失する。 最近では女性のレーザー脱毛と混同されることから 薄毛と言われる事が多い。 55~70歳の女性は若い女性に比べ、縮小した毛包が多く、17型コラーゲンの減少を確認できた。 東京医科歯科大や米ニューヨーク大などの研究チームがマウスの背中の毛と高齢女性の毛髪で解明し、5日付の米科学誌サイエンスに発表した。 毛包の縮小は男性ホルモンによる男性型脱毛症に特徴的な現象と考えられていたが、高齢化でも進むことが確認された。 研究チームはマウス実験の成果を人間で調べるため、大分県別府市の「くらた医院」の協力を得て、顔のたるみやしわを取る美容整形手術で切除された側頭部の皮膚を分析した。 早期に17型コラーゲンの分解を防げば、毛を長期間、維持できるという。 医学的には、毛密度が生来の50%以下に低下した場合を指し、他人から見ても目立つ場合が多いとされる。 毛包では幹細胞が自ら増殖するとともに毛を作る細胞を供給しており、通常は毛の成長と脱毛、休止のサイクルを繰り返している。 17型コラーゲンが分解されると、毛髪を黒くする色素の幹細胞も枯渇して白髪になる。 東京医科歯科大の西村栄美教授らは17型コラーゲンの分解を防ぐ物質を探し始めており、西村教授は「5年から10年の間に薬ができれば」と話している。 幹細胞の老化を防ぐには、細胞と基底膜を結び付ける「17型コラーゲン」が必須であることも発見。 しかし、年を取るとDNAの損傷を修復できなくなり、17型コラーゲンが酵素で分解されてしまう。 通俗的には禿げ(はげ)と言われる。








カイロプラクティック

カイロプラクティック(脊椎矯正法)は、1895年米国(アメリカ)D.D.パーマー により生み出された療法です。

カイロプラクティックの命名は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する造られた言葉。

世界保健機関では補完代替医療として位置づけています。

発明国のアメリカや、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパなどの一部の国(約40カ国)においておもに筋骨格系の障害を扱う筋骨格系健康管理専門家として法制化されている国もあります。

(WHO)世界保健機関の定義は、「筋骨格系の障害とそれが与える健康全般への影響を診断、治療、予防する専門家である。

治療方法としては、手技によって行われる関節アジャストあるいは脊椎マニピュレーションを特色とし特にサブラクセーションに注目している」。

ただしカイロプラクティック 「Chiropractic」 の定義は、様々な協会学校で異なる時も多く見られます。

病気症状要因が脊椎などの椎骨の構造的、機能的なズレ(サブラクセーション)だと考え、そしてその異常(サブラクセーション)を手技で正す位置に矯正することで痛みを施術することがカイロプラクティック(背骨矯正療法)だと考える人々がいます。