骨格矯正とカイロプラクティック



夫婦別姓を認めず同姓を定めた民法の規定と、女性にだけ離婚後6カ月(約180日)間の再婚禁止を定めた規定について争われた2件の訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は11日までに、判決期日を12月16日午後3時に指定した。 最高裁は、家族の在り方に深く関わる二つの規定について、初の憲法判断を示すとみられる。 まず再婚禁止期間訴訟の判決を行い、直後に夫婦別姓訴訟について言い渡す見通し。

東京五輪(1964年)の聖火輸送にも使われ、「日の丸飛行機」復活の象徴ともなった。 しかしコスト管理の甘さなど多くの課題から赤字が続き、73年に生産を終了。 その後は国内各社が米ボーイングの機体の国際共同開発に取り組み、世界市場の成長を取り込んできたが、機体製造全体を主導するメーカーは出なかった。 しかし、敗戦で連合国軍総司令部(GHQ)によって生産が禁止され、伝承が途切れる。  航空機生産の解禁後、官民で国産機の復活を目指したYS11の開発は、現在の三菱重工業や川崎重工業、富士重工業などが参加した一大プロジェクトだった。 航空関係の技術者は自動車や鉄道などへの転身を余儀なくされた。 日本の航空機産業の歴史は古く、戦前には「零戦」などの軍用機が開発・製造され、100万人規模の雇用の受け皿ともなった。

製薬大手「ノバルティスファーマ」(東京)が、医薬品の重い副作用約5500例を期限内に国に報告しなかったことがわかり、厚生労働省は今月中にも、医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき同社に業務改善命令を出す方針を固めた。 今年初め頃に起きたシステム障害が原因で、隠蔽などの悪質性はなかったという。 同社広報部は「現時点でコメントは差し控えたい」としている。 同様の副作用報告義務違反で同社は昨年7月に業務改善命令、今年2月には業務停止命令を受けている。




米分析会社Net Applicationsが毎月発表している世界OS市場のバージョン別シェアによると、10月時点でWindows XPのシェアは11.68%。 Appleは旧版OSのサポート終了について明確に発表していないが、Googleは公式ブログで上記のOSを「MicrosoftとAppleが既にサポートしていないプラットフォーム」とし、これらを使い続けているユーザーに対し、サポートされている新しいOSにアップグレードすることを勧めている。 今回さらに4カ月延長することになる。  なお、MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer(IE)」によるWindows XPおよびVistaのサポートは終了しており、XPではIE 8まで、VistaではIE 9までしか使えないMac OS 10.8以前のバージョンを足したシェアは1.26%だ。  Windows XPについては、同社は当初に2015年4月にサポートを終了するとしていたが、Microsoftがサポートを終了した後も2015年内はサポートを続けると発表している。 4月からはこれらのOSへのセキュリティパッチを含むアップデートを提供しない。