カイロプラクティックと整体



カイロプラクティック(背骨矯正療法)は、脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」 Chiropractic の他にもオステオパシー・スポンディロセラピ-などの脊椎矯正法があります。

アメリカの治療師「ダニエル・デビッド・パーマー」 が創られた。

病態は神経系の機能の障害によって起るという理論に基づき、体、特に脊柱の矯正で神経の機能回復をはかろうとする治療なのです。

19 世紀末に米国(アメリカ)で発明された神経機能障害に行う治療です。

背骨の歪(ズレ)みを矯正、神経の機能を改善させ、組織や器官の不具合治す

カイロプラクティック(脊椎矯正法)は背骨・骨盤障害とそれらが及ぼす肉体への影響を判断、治療、予防をする専門家であり、関節矯正もしくは脊椎マニピュレーション(調整)を含む徒手治療を特色とし、特にサブラクセーション(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療方法です。

分かりやすく言えば・・・骨格の歪み、特に骨格(椎骨)の異常を手や特殊な矯正ベッドによって改善することによって神経の作用を治療する施術法です。

人間の身体を制御するのは脳に繋がっている神経であり、その働きがよくなれば自ら人間は病気の回復とともに健康的になる訳です。

健康管理・システムの中の骨格健康管理のプロフェッショナルです。

神経系や骨格系の機能、能力、健康全般そして日常生活の質を高める機能を持っている。

最近の研究と臨床経験に基づいて、主に脊椎と神経系の関係を重視し診断、検査、治療に専門的な着手方法を行います。

手技矯正、エクササイズ、患者教育など含みながら、特に脊椎アジャストメントを執り行う教育を受けた専門職です。

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) では病歴を訊き、姿勢バランス検査など各検査を行っていきます。

脊椎のズレを総合的に診断して治療順序を統合して病状や体の特徴に適した治療テクニックを使います。







携帯電話料金の引き下げに向けた議論が動き出す。   これによりライトユーザー向けの低容量プランに移行するスマホユーザーの通信料収入の落ち込みをフィーチャーフォンからスマホに移行するユーザーの収入で補える。
<SMBC日興証券・菊池悟シニアアナリスト> データ通信をあまり利用しないライトユーザー対策は必要。 ユーザーのサービス向上と通信業界の成長を踏まえた施策を検討することになるが、この短い時間で落とし所を見いだせるのか。 そうすれば携帯電話各社の業績への影響も少ない。 これによりMVNOにとってはプラスになる。 携帯電話がこれだけ身近なのに、料金にオプションなどが含まれて複雑で、消費者は十分に理解できていない。 二人の専門家に聞いた。 日本の携帯電話料金は世界的にみて、高くも安くもないが、安倍首相が値下げの方策検討を指示したのは、公共料金のようにとらえているからだと思う。 分離により端末の競争から料金やサービスの勝負に変わってくる。 そのため端末代と通信料を分離すれば、通信料はもう少し安くなるはずだ。
端末を買い替えると、端末代金に相当する分を通信料金から差し引いて相殺しているが、実際は端末代を通信料から広く回収する仕組みになっている。 安倍晋三首相の要請を受け、総務省が19日に第1回の有識者会議を開催し、年内に一定の結論を出す予定。 その代わり端末代は高くなる。 LTEへの移行でユーザーの利便性も高まる。 あわせて3GサービスのフィーチャーフォンユーザーがLTEサービスのスマホユーザーに移行できるプランが求められる。 だが、総務省や携帯電話大手の思惑が交錯するなかで議論が難航するとみられる。

これまでは、課徴金額は機械的に決められたため、企業にとって調査に協力するメリットが小さく、不正の実態解明の障壁になっていた。 調査協力した企業に“見返り”を与えて実態解明を容易にし、違反の抑止力を高める狙いがある。
現在の制度は、不正に関連した売上高に一定の算定率をかけた額を課徴金とし国庫納付を命じている。  新たな“裁量型”では、違反と認定された企業が公取委から求められた資料を全て提出した場合に、算定率を10%から8%に下げる例や、逆に提出を全て拒んだ企業には算定率を高めるケースなどが想定される。 公取委は独禁法改正案の提出を目指し、原案作成を進めている。
カルテルや私的独占など独占禁止法違反が認定された企業について、公正取引委員会が、調査への協力度などに応じて課徴金の額を公取委の裁量で増減できる「裁量型課徴金制度」の導入を検討していることが15日、関係者への取材で分かった。 また、有力企業に小さな企業がカルテルへの参加を強要された場合などは、課徴金を減免する措置なども想定されている。 法改正をめぐっては、市場秩序を向上させる効果が期待される一方、公取委に強い裁量権を与えることへの妥当性についての議論も予想される。




始動スイッチをめぐっては、スズキが3~4月に同じ部品メーカーが製造したスイッチの不具合で、計約199万台をリコールしている。  今年4月までに車両火災が13件起きたが、けが人は出ていない。 スイッチ内に塗られた多量のグリースが熱で炭化し、始動時以外に電気が流れ、ハンドル付近から煙や火が出る恐れがあるという。
同省は同日、マツダの原因調査が不十分だったとして文書で改善を指示。
マツダは16日、エンジンの始動スイッチに不具合があったとして、「デミオ」など21車種計92万3672台(1989年1月~2005年12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。 同省によると、対象車は「ファミリア」「ランティス」など15車種と、フォードにOEM(相手先ブランドによる生産)供給した「レーザー」「フェスティバ」など6車種。