脊椎・骨盤矯正と整体・カイロプラクティック

ブログ ブログ カイロプラクティック

ソフトバンクのパケット定額サービスでは、1GBの次は月2GBの通信ができる「データ定額パック・小容量(2)(以下、2GBプラン)」を提供している。

この1GBプランは本当に「安い」といえるのだろうか。

※本稿の価格はいずれも税別。

前者は、国内の通話がし放題になり、後者は、国内の5分以内の通話がし放題になる。

1GBプランと組み合わせられるのは、スマ放題とスマ放題ライトのみ。

ソフトバンクが、月額料金2900円で1GBのデータ通信を利用できる「データ定額パック・小容量(1)(以下、1GBプラン)」を、2016年4月から提供する。

また、スマ放題ライト+5GBプランの7000円と比べると、スマ放題ライト+1GBプランは2100円安くなる。

「スマ放題」と合わせると月額料金5900円、「スマ放題ライト」と合わせると月額料金4900円で利用できる。

一方で、月額料金934円の「ホワイトプラン」とは組み合わせられない。

今回の新プランは、総務省がタスクフォースで提言した「低容量(1GB以下)のデータ定額プランを作ること」に応える形で新設されたものだが、タスクフォースの発端は、安倍晋三首相が「家計への負担が大きい携帯電話料金の引き下げ」を指示したこと。

2GBの料金は月額料金3500円なので、1GBだと600円安くなる。

仮に1GBとホワイトプランを組み合わせることができれば、月額料金料金は4134円まで下げられる。

ただし、スマ放題ライトでは2GBプランとは組み合わせられないので、スマ放題+2GBプランの6500円と比べると、スマ放題ライト+1GBプランは1600円安くなる。

スマートフォンはバックグラウンドでの通信が多いうえ、1日30~40分の通勤中などで毎日使うと、1GBはあっという間に到達してしまうので、外でスマホを頻繁に使う人には1GBプランは向かない。

この600円の差を大きいと取るか小さいと取るかは人によるだろうが、1GBプランの恩恵を受けるのは、「通話をよくするが、データ通信が少ない人」に限られる。

通話もデータ通信もあまりしないという人は、今回の新プランは安いとは感じないかもしれない。

ブルートゥース接続のスピーカー機器「トリビィ(Triby)」で、家族向けの情報ハブといった位置づけ。

一方、サードパーティーとして、アレクサを導入しする機器をCESで発表したのが、フランスのスタートアップ企業、インボクシア(Invoxia)。

会場では、とくにスマートホーム関連で、アレクサやエコーとの連動を謳ったサードパーティー機器の出展が目立ったほか、フォード・モーターもコネクテッド・カー(つながる車)実用化の一環として、アマゾンとの提携を発表。

突き詰めれば、物販のための音声アシスタントにすぎない。

アマゾンの狙いは、こうしたエコーの単体販売やスマートフォンとの連携にとどまらない。

さらにインボクシアでは、子供が間違ってネットでの商品注文をしないよう、家族の声を区別する機能も開発中という。

円筒型スピーカーの格好をしたエコーは、Wi-Fi/ブルートゥース経由でネット接続し、音声での受け答えや品物のネット注文などができる。

米国では2014年11月に試験販売が始まり、2015年6月に一般発売された。

外出先などで紛失した場合は、ほかのbravoユーザーのスマホが紛失物の100フィート(約30m)以内に近づくと検知し、持ち主のスマホの地図上に表示してくれる機能もある。

今春にもソフトをアレクサ対応にアップデートの予定。

ブラボーから逆にスマホも見つけられる。

サードパーティー側でも、自ら巨額の投資じてソフトを開発せずに、高いレベルの音声インターフェースを活用できる利点がある。

コイン大の大きさの無線デバイスを自分のかばんや財布、鍵といった大事な持ち物に取り付け、なくさないようにしておけるのがトラッカー・ブラボー(TrackR Bravo)」。

自宅にいる場合はエコーを、車内ではアレクサの機能を使って、自動車の情報も音声でやり取りできる。

5日にフォードが発表した内容によれば、同社の第3世代の車載情報システム「SYNC(シンク)3」と、アマゾンのエコーおよびアレクサを連携させるという。

車内からエコーに接続し、自宅の照明や、室温を調整するサーモスタット、セキュリティーシステム、ガレージドアなどを音声で操作したり、これらの機器の状態も確認できるようにする。

スマートホームや住宅向けIoTをめぐっては、アップルやグーグル、サムスンといったIT大手も狙いを定め、基盤となるプラットフォーム技術や仕様を開発したりしている。

屋内で場所を特定するWi-Fi対応の電気プラグ「アトラス(Atlas)」は39ドルだ。

アマゾンのエコー/アレクサと連携することで、音声を使って探し物を突き止められるという。

サービスの開始時期は今年後半になる予定だ。

アマゾンと消費者の接点がそれだけ増えれば、商品のネット注文の増加が期待できるためだ。

現在のトリビィは、インターネット通話で受けた電話をスピーカーフォンで話したり、ラジオを聞いたり、外出先から送られたメッセージや絵を表示したりできるが、スマートフォンアプリか本体のボタンでしか操作できない。

それをアレクサファンドの資金支援を受けて、音声でも操作できるように改良する。

価格は199ドル。

 このうちベインは、11年にすかいらーくを約3000億円で買収、再建に成功して15年10月に再上場を果たした実績がある。

 米マクドナルドが、株式の売却先として打診したのは投資ファンドや総合商社。

米マクドナルドが、約5割を握る日本マクドナルドホールディングス(HD)の株式売却を模索し始めた。

 そのため、ついに米マクドナルドはしびれを切らし、日本マクドナルドHD株の売却に向けて動き始めたというわけだ。

具体的な名前は明らかにされていないが、米ベインキャピタルや三井物産の名前が挙がっている。

 日本マクドナルドは、2014年夏に発覚した期限切れチキン問題をきっかけに業績が悪化。

というのも、昨年7月に米マクドナルドが打ち出したグローバル戦略で、日本は「最重要マーケット」から外されており、「見放された」と受け止められていたためだ。

ただ、社内は至って冷静。

すかいらーくの会長には、元米マクドナルド社長だったラルフ・アルバレス氏が就くなど人的関係も深い。

 にもかかわらず、14年3月に就任したサラ・カサノバ社長の施策は、セットメニューの値下げや値上げを繰り返すなど迷走しており、売上高は一向に回復しそうにない。

売上高が大幅に落ち込み、2期連続の最終赤字が見込まれている。

また、「総合商社で唯一関心を示した」(関係者)とされる三井物産は生活消費関連に弱い。

 マクドナルド、ベイン、三井物産3社とも「今回の件にはコメントできない」としている。

そのため、フランチャイズも含めて全国に約3100店舗、売上高にして約4400億円のチェーンが一気に手に入ることに興味を示したようである。

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎指圧療法)以外に「オステオパシー」・スポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

米国治療家「ダニエル・デビッド・パーマー」(1845~1913) が体系づけられた。

疾患は神経系の機能の障害で起るとの考えに基づき、、主に椎骨の調整により神経機能の回復をしようとする施術法なのです。

整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
姿勢 .
筋緊張型頭痛とカイロプラクティック .