脊椎矯正とカイロプラクティック(手技療法)

ブログ ブログ カイロプラクティック

カイロプラクティック(背骨矯正法)は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正法)以外にもオステオパシーやスポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

米国(アメリカ)の治療家D.D.パーマー (1845~1913) が創始した。

疾患は神経の障害によって起るとの理論に基づいて、身体、主に脊柱矯正によって神経の機能の回復を目指した施術法です。

19 世紀末に米国(アメリカ)で生みだされた神経機能の障害に対する治療方法です。

脊椎(背骨)の歪(亜脱臼)みを矯正、神経機能を正常化させ、組織や各器官の異常を治療する。

カイロプラクティック(背骨矯正法)は背骨の障害とそれが及ぼす肉体への影響を診断、治療、予防をする専門家であり、関節矯正もしくは脊椎のマニピュレーションを含む徒手を特色とし、主に椎骨のズレ(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療方法です。

ざっくり言えば…骨のゆがみ、特に背骨の歪みを手技や矯正器具によって矯正することで神経の機能の作用を治療する治療方法です。

すなわち人間の体をコントロールするのは脳に繋がっている神経組織で、その神経系の働きが良くなれば自ら人間は痛みやシビレの改善とともに健康的になると考える訳です。

健康管理の中における骨格ヘルスケアの専門家。

神経系、骨格系の機能、能力健康全般そして生活の質を高める能力を備えている。

最近の研究と臨床に基づき、特に脊椎(背骨)と神経系の関り合いを重視しながら診断、検査、治療に専門的な着手方法をします。

徒手矯正、運動、患者教育などを含みながら、特に椎骨アジャストメントを執り行う教育を受けた専門家。

カイロプラクティック(背骨矯正術)では既往歴を訊き取り、姿勢チェックなど各種検査をします。

ズレを全体的に診断して施術手順を構成様態や体の特徴に合った施術のカイロプラクティック・テクニックを用います。

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で、野菜や魚は全ての関税が16年目までに撤廃されることが分かった。

現状3.5%以上のカツオやベニザケ、ヒラメなどは即時撤廃となる。

また、重要5項目の中でも、牛タンやハム、ソーセージなどの一部加工品は段階的に撤廃される。

 水産物では、魚の関税がすべて撤廃される。

果物ではパイナップル缶詰などの一部の加工品を除いて、オレンジやサクランボなどの関税が段階的に下がり最終的にはゼロとなる。

このため、「生産者に与える影響は限定的」(交渉関係者)とする見方が多い。

TPP交渉は元々、すべての品目の関税撤廃が原則とされてきた。

関税が早期撤廃される野菜や魚については、元々の関税がそれほど高くない上に、TPP参加国からの輸入品と国産品が競合しているケースは少ない。

撤廃品目数は、農林水産物834品目の約半数に達する見通しで、日本政府が「聖域」として交渉してきたコメ、牛・豚肉、乳製品、麦、砂糖の重要5項目以外は、ほとんどの関税が即時撤廃か数年間で段階的に撤廃される。

一方で、国内に漁業者が多いアジやサバについては16年目までの段階的な撤廃となる。

タマネギは原則8.5%の関税が6年目に撤廃される。

このため、野菜ではホウレンソウやレタス、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツなどにかかっている3%の関税がTPPの発効後すぐになくなる。

TPPの大筋合意以降、国内では詳しい説明を求める声が高まっており、農林水産省が各品目についての精査を進めている。

これまでは、課徴金額は機械的に決められたため、企業にとって調査に協力するメリットが小さく、不正の実態解明の障壁になっていた。

調査協力した企業に“見返り”を与えて実態解明を容易にし、違反の抑止力を高める狙いがある。

現在の制度は、不正に関連した売上高に一定の算定率をかけた額を課徴金とし国庫納付を命じている。

 新たな“裁量型”では、違反と認定された企業が公取委から求められた資料を全て提出した場合に、算定率を10%から8%に下げる例や、逆に提出を全て拒んだ企業には算定率を高めるケースなどが想定される。

公取委は独禁法改正案の提出を目指し、原案作成を進めている。

カルテルや私的独占など独占禁止法違反が認定された企業について、公正取引委員会が、調査への協力度などに応じて課徴金の額を公取委の裁量で増減できる「裁量型課徴金制度」の導入を検討していることが15日、関係者への取材で分かった。

また、有力企業に小さな企業がカルテルへの参加を強要された場合などは、課徴金を減免する措置なども想定されている。

法改正をめぐっては、市場秩序を向上させる効果が期待される一方、公取委に強い裁量権を与えることへの妥当性についての議論も予想される。

技術開発には長期間を要することから、早期に対象拡大の検討を始める。

 ホンダは来年3月までに独自開発のFCVを発売するが、20年にGMと共同開発する燃料電池や水素貯蔵システムの搭載車をそれぞれのブランドで発売する予定。

両社はすでに対象拡大の協議に入った。

2013年から共同開発する燃料電池車(FCV)に加え、人工知能などIT(情報技術)や自動運転が検討対象とみられる。

ホンダが米ゼネラル・モーターズ(GM)との共同開発の拡大を検討していることが16日、分かった。

両社の技術を融合して次世代技術の開発競争をリードしたい考えだ。

FCVでの協力が円滑に進んでいることから、技術の相乗効果や開発投資の低減が見込めると判断したもようだ。

次世代技術の開発をめぐっては、トヨタ自動車が9月に米マサチューセッツ工科大(MIT)やスタンフォード大と人工知能の研究で連携すると発表。

日産自動車も1月にアメリカ航空宇宙局(NASA)と自動運転の共同研究を始めるなど開発競争が激化している。

始動スイッチをめぐっては、スズキが3~4月に同じ部品メーカーが製造したスイッチの不具合で、計約199万台をリコールしている。

 今年4月までに車両火災が13件起きたが、けが人は出ていない。

スイッチ内に塗られた多量のグリースが熱で炭化し、始動時以外に電気が流れ、ハンドル付近から煙や火が出る恐れがあるという。

同省は同日、マツダの原因調査が不十分だったとして文書で改善を指示。

マツダは16日、エンジンの始動スイッチに不具合があったとして、「デミオ」など21車種計92万3672台(1989年1月~2005年12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

同省によると、対象車は「ファミリア」「ランティス」など15車種と、フォードにOEM(相手先ブランドによる生産)供給した「レーザー」「フェスティバ」など6車種。

カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック