手技療法と脊椎矯正



今月17日までの1週間の患者数も同じ時期として過去最多になっていて、厚生労働省は、うがいや手洗いをするよう呼びかけています。 国立感染症研究所によりますと、去年一年間に報告された患者は9万2625人で、過去10年で最多でした。 「伝染性紅斑」いわゆる「リンゴ病」は、感染すると発熱のほか、頬や腕に赤い発疹ができるのが特徴で、妊娠中の女性が感染すると流産につながることがあります。 「リンゴ病」の感染が広がっています。


東北大大学院生命科学研究科の東谷篤志教授(分子遺伝学)のグループが2009年11月、生まれた直後の線虫約1万匹をスペースシャトルで「きぼう」に輸送。 宇宙での映像を見ると運動能力が低下していた。 無重量状態が影響して虚弱体質になったとみられる。 約1000個の細胞からなり、生命現象の研究に用いられるモデル生物。 解凍して数千匹を調べた結果、無重量状態で育った線虫は、同じ宇宙空間であっても重力を加えた線虫より筋肉量が約2割少なかった。 宇宙での長期滞在に向け、生理的な影響を検討していく必要がある」と指摘した。 線虫は土壌に生息する微小生物で体長約1ミリ。 4日間成育した後、冷凍し、10年2月に再びシャトルで回収した。 宇宙空間で育った線虫は筋力が弱く、運動能力も低いことが、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」での成育実験で分かった。  東谷教授は「宇宙飛行士はトレーニングで筋力維持に努めているが、内臓などは細胞レベルで働きが落ちている可能性がある。
まひが出た患者の報告は昨年10月時点では47人だった。  感染研によると、12月3日現在の患者66人のうち6歳以下は41人。 昨年8月から12月3日までに報告された患者は、大人も含めて26都府県の男女66人としている。 発症した時期は9月に集中していた。 20歳未満が全体の9割強を占めた。 原因不明のまひを起こす子どもが昨年夏から相次いだ問題で、国立感染症研究所(感染研)は19日、実態調査の最新情報を明らかにした。 性別は男性35人、女性30人、不明1人。  原因不明のまひは、発熱やせきなどの症状が出た後に起き、一部の患者から「エンテロウイルスD68」が検出されている。
 まとめによると、今月4~10日に、全国約3000の小児科から報告のあった患者数は3771人で、1か所当たり1・2人となった。  感染研感染症疫学センターの砂川富正・第二室長は「おたふく風邪の流行は4~5年周期で起こる傾向があり、今年は流行する可能性がある。  1か所当たりの患者数が多い都道府県は、佐賀(5人)、宮崎(4・23人)、石川(3・31人)で、各県とも流行注意報を発令した。 2~3週間の潜伏期間後、耳の下が腫れ、発熱する。 1か所あたり1・0人を超えるのは、2011年7月以来。 通常は1~2週間で治るが、無菌性髄膜炎や脳炎などを引き起こすことがあり、0・1~1%の確率で難聴になる。 おたふく風邪(流行性耳下腺炎)が今年に入り、4年半ぶりに全国的な流行の兆しを見せていることが、国立感染症研究所のまとめでわかった。 おたふく風邪はムンプスウイルスの感染で起きる。 ワクチンを接種して予防することも重要だ」と話している。



カイロプラクティック(背骨矯正法)は、脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) の他に「オステオパシー」やスポンディロセラピ-などの脊椎矯正法があります。

米国(アメリカ)治療師D.D.パーマー (1845~1913) が発明された。

病態は神経系の障害により発症するという考え方に基づき、肉体、特に背骨の関節の矯正により神経系の機能の回復を目的とした施術法です。