背骨矯正と手技療法








カイロプラクティック

カイロプラクティック(脊椎指圧療法)は、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーにより発明された手技療法

カイロプラクティックの名称の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する新しく作られた言葉。

WHO世界保健機関では補完代替医療に位置づけている。

発祥国米国や、カナダ、ヨーロッパなどの一部の国(およそ40か国)は主に筋肉・骨格の障害を取り扱う骨格の専門職として法制化されている国もあります。

世界保健機関WHOの定義では、「筋肉系、骨格系の障害とそれがあたえる健康への影響を診断、治療、予防する専門職である。

治療法は手技によって行われる背骨矯正あるいは骨格マニピュレーションを特徴として脊椎の小さなズレに注目している」。

ただしカイロプラクティック(脊椎矯正法)の定義は、様々な協会や教育機関で異なる場合も多く見られます。

中には病気症状元が背骨などの椎骨の構造的、機能的な亜脱臼(サブラクセーション)だと考え、そしてその亜脱臼(サブラクセーション)を手や矯正器具により調整することで苦痛を治すことがカイロプラクティック(背骨矯正術)だと考える人がいます。