骨盤矯正と整体

ブログ ブログ カイロプラクティック



米Appleが次期iPhone(「iPhone 7」と呼ばれる)で3.5ミリイヤフォンジャックを排除するといううわさを受けてオンライン署名ページSumOfUsで始まった「Appleにイヤフォンジャックの継続を訴える署名」が、目標数の21万人を超えた。 その後、米9TO5Macなども独自の情報筋からこのうわさを裏付ける情報を入手したと報じている。 本稿執筆現在、21万7058人となっている。 また、同社はBeatsブランドのBluetoothイヤフォンを開発中といううわさもある。 日本からも署名できる。 このうわさは、Apple情報に詳しいMacお宝鑑定団Blogが「信頼できる情報筋の話」として昨年11月に最初に報じたもの。 AppleのiPhoneにはこれまで標準で純正のイヤフォンが付属してきておりiPhone 7にもLightning接続のEarPodsが付属するとみられている。 Appleは過去にも、iPodのDockコネクタを最初のFirewireから2003年にDockコネクタに、その後さらにLightningへと変更し、大量のコードやケーブルを無用の長物と化させたとこのページは訴える。 署名ページには、「この変更はiPhoneユーザーにイヤフォンを買い換えるための余分な支出を強いるだけでなく、リサイクルされない電子機器の山を創出することになる」とある。




 なお春モデルには発売済みの「Galaxy A8 SCV32」「DIGNO rafre KYV36」、「isai vivid」の「レザーブラウン」「レザーブラック」も含み、総勢9機種を展開する。 Androidタブレットは、Qua phoneと共通のインタフェースを持つ10.1型ディスプレイの「Qua tab 02 HWT31」(Huawei製)1機種。 Androidスマートフォンはシャープ製のコンパクトモデル「AQUOS SERIE mini SHV33」、auの独自ブランドモデル「Qua phone KYV37」(京セラ製)の2機種で、このほか「Xperia Z5 SOV32」の新色「ピンク」と「BASIO KYV32」の新色「レッド」も登場した。 そしてAndroidベースのOSを採用した折りたたみボディの携帯電話「GRATINA 4G」もラインアップしている。

ANAとベトナム航空は共同運航やマイレージの相互付与のほか、空港でのチェックインや整備の分野でも協力する。 ANAホールディングスは12日、国営ベトナム航空に出資し業務提携することで、同航空と基本合意したと発表した。 ANAが別の航空連合の海外航空会社に出資するのは初めて。 ANAが出資・提携した場合、日航との提携は解消される見通しだ。 両国間の直行便や国内線を共同運航し、便数や路線を増やす。 共同運航などの業務提携は所属する航空連合で加盟社の承認を受けた上で、早ければ今秋にも始める方針だ。  ベトナム航空は羽田、成田、中部、関西、福岡の各空港に就航している。 これまでANAを含む複数の海外航空会社と交渉してきた。  ベトナムは現在、国営企業改革を進めており、政府が95%を出資しているベトナム航空も対象だ。 出資額は約130億円で、出資比率は8・8%になる。 ベトナム航空は現在、日本航空と共同運航などで提携している。  ANAとベトナム航空は別の国際航空連合(アライアンス)に所属している。 経済成長で急増する訪日客を取り込むねらいだ。



カイロプラクティック(脊椎矯正療法)は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(Chiropractic) の他にもオステオパシー (Osteopathy)・スポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

米国の治療家「D.D.パーマー 」(1845~1913) が創始した。

病気は神経系の障害により発現するとの考え方に基づいて、身体、主に椎骨矯正によって神経系の機能回復をしようとする治療法です。





カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック