カイロプラクティック・整体と背骨矯正

カイロプラクティック カイロプラクティック カイロプラクティック






ブルートゥース接続のスピーカー機器「トリビィ(Triby)」で、家族向けの情報ハブといった位置づけ。 一方、サードパーティーとして、アレクサを導入しする機器をCESで発表したのが、フランスのスタートアップ企業、インボクシア(Invoxia)。 会場では、とくにスマートホーム関連で、アレクサやエコーとの連動を謳ったサードパーティー機器の出展が目立ったほか、フォード・モーターもコネクテッド・カー(つながる車)実用化の一環として、アマゾンとの提携を発表。 突き詰めれば、物販のための音声アシスタントにすぎない。 アマゾンの狙いは、こうしたエコーの単体販売やスマートフォンとの連携にとどまらない。 さらにインボクシアでは、子供が間違ってネットでの商品注文をしないよう、家族の声を区別する機能も開発中という。 円筒型スピーカーの格好をしたエコーは、Wi-Fi/ブルートゥース経由でネット接続し、音声での受け答えや品物のネット注文などができる。 米国では2014年11月に試験販売が始まり、2015年6月に一般発売された。 外出先などで紛失した場合は、ほかのbravoユーザーのスマホが紛失物の100フィート(約30m)以内に近づくと検知し、持ち主のスマホの地図上に表示してくれる機能もある。 今春にもソフトをアレクサ対応にアップデートの予定。 ブラボーから逆にスマホも見つけられる。 サードパーティー側でも、自ら巨額の投資じてソフトを開発せずに、高いレベルの音声インターフェースを活用できる利点がある。 コイン大の大きさの無線デバイスを自分のかばんや財布、鍵といった大事な持ち物に取り付け、なくさないようにしておけるのがトラッカー・ブラボー(TrackR Bravo)」。 自宅にいる場合はエコーを、車内ではアレクサの機能を使って、自動車の情報も音声でやり取りできる。 5日にフォードが発表した内容によれば、同社の第3世代の車載情報システム「SYNC(シンク)3」と、アマゾンのエコーおよびアレクサを連携させるという。 車内からエコーに接続し、自宅の照明や、室温を調整するサーモスタット、セキュリティーシステム、ガレージドアなどを音声で操作したり、これらの機器の状態も確認できるようにする。 スマートホームや住宅向けIoTをめぐっては、アップルやグーグル、サムスンといったIT大手も狙いを定め、基盤となるプラットフォーム技術や仕様を開発したりしている。 屋内で場所を特定するWi-Fi対応の電気プラグ「アトラス(Atlas)」は39ドルだ。 アマゾンのエコー/アレクサと連携することで、音声を使って探し物を突き止められるという。 サービスの開始時期は今年後半になる予定だ。 アマゾンと消費者の接点がそれだけ増えれば、商品のネット注文の増加が期待できるためだ。 現在のトリビィは、インターネット通話で受けた電話をスピーカーフォンで話したり、ラジオを聞いたり、外出先から送られたメッセージや絵を表示したりできるが、スマートフォンアプリか本体のボタンでしか操作できない。 それをアレクサファンドの資金支援を受けて、音声でも操作できるように改良する。 価格は199ドル。




中国の株式市場の動揺が続いている。 この日は深圳市場も代表的な指数が6・2%下落した。 中国の株式市場は年明けから導入した取引停止措置のサーキットブレーカーが投資家の投げ売りを生む裏目の効果を生み、世界市場にまで動揺を広げた。 年明けに2度の取引打ち切りを引き起こした「サーキットブレーカー」制度が中断されたあとも、市場の不安はぬぐえていない。 年明けの6営業日で、5%を超える下落が早くも3度目という異常事態だ。 当局は7日夜に急きょ、始めたばかりの制度の見合わせを発表したが、市場に自信は戻っていない。 11日は前週末に米国市場が大きく下落したことや、週末に発表された中国の物価についての統計で改めて国内景気の減速が示されたことで、売りが止まらない状態が続いた。 11日の取引でも全面安となり、代表的な上海総合株価指数は5・33%下落して取引を終えた。



「カイロプラクティック」 (Chiropractic) は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(背骨矯正術)以外にオステオパシー (Osteopathy)やスポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

米国の治療師「D.D.パーマー 」(1845~1913) が発明された。

疾病は神経系の障害で発現するという理論に基づいて、身体、特に背骨の矯正により神経系の機能の回復を目的とした施術方法です。





ブログ
ブログ
カイロプラクティック