骨盤矯正と整体・カイロプラクティック



だが、ほぼ同時に二つの地震が発生すると、震源が一つの大きな地震と誤認し、予測が過大になる傾向がある。 現在の予測システムは、東日本大震災のような巨大地震や、ほぼ同時に二つの地震が発生した場合などに精度が低下しやすい。 現在は、最初に揺れをとらえた観測点のデータを主に利用して、震源や地震の規模を推定し、各地の震度を予測する。 こうした弱点を補う高精度化事業は2段階で進める。 従来の震度予測手法を大幅に改良するとともに新手法も導入し、併用することで、予測した震度と実測の誤差が1以内に収まる「的中率」が85%以上となる精度を目指す。 第1段階は、従来の予測手法の改良だ。 2014年度の的中率は83%だったが、大震災が起き、余震が続いた10~11年度は28~56%と低かった。 気象庁は今春にも緊急地震速報の高精度化事業を始める。


無重量状態が影響して虚弱体質になったとみられる。  東谷教授は「宇宙飛行士はトレーニングで筋力維持に努めているが、内臓などは細胞レベルで働きが落ちている可能性がある。 宇宙での長期滞在に向け、生理的な影響を検討していく必要がある」と指摘した。 宇宙での映像を見ると運動能力が低下していた。 約1000個の細胞からなり、生命現象の研究に用いられるモデル生物。 宇宙空間で育った線虫は筋力が弱く、運動能力も低いことが、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」での成育実験で分かった。 解凍して数千匹を調べた結果、無重量状態で育った線虫は、同じ宇宙空間であっても重力を加えた線虫より筋肉量が約2割少なかった。  線虫は土壌に生息する微小生物で体長約1ミリ。 東北大大学院生命科学研究科の東谷篤志教授(分子遺伝学)のグループが2009年11月、生まれた直後の線虫約1万匹をスペースシャトルで「きぼう」に輸送。 4日間成育した後、冷凍し、10年2月に再びシャトルで回収した。
 直接の観測にはまだ至っていないが、現在、米ハワイ(Hawaii)のW・M・ケック天文台(W. M. Keck Observatory)にある口径10メートルの望遠鏡や、すばる望遠鏡(Subaru Telescope)などが観測を試みている。 「この新惑星が太陽の周りの公転軌道を完全に1周するのには1万~2万年かかる」と推定されるという。 これは、非常に胸を躍らせることだ」と語る。 チームによると、この天体は数理モデルとコンピューターシミュレーションを通じて発見された。 米カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは20日、太陽系の最外縁部に存在する未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表した。  研究結果は、米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナル(Astronomical Journal)に掲載された。 また同大学のコンスタンティン・バティギン(Konstantin Batygin)助教(惑星学)は「過去150年以上の間で初めて、太陽系の惑星探査が不完全である確かな証拠が得られた」と話している。  カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン(Mike Brown)教授(惑星天文学)は「これは、本物の太陽系第9番惑星とみられる」「太陽系のかなりの部分が未解明の状態。 この天体の重力は、太陽系外縁部の準惑星の動きや、海王星よりもさらに遠くにある「カイパー・ベルト(Kuiper Belt)」と呼ばれる領域の天体にも影響を与えているという。 チームが発表した声明によると、「プラネット・ナイン(Planet Nine)」の通称で呼ばれているこの天体は、地球の約10倍、冥王星の約5000倍の質量を持ち、「太陽系外縁部の異様な、非常に細長い軌道」を巡っている。





カイロプラクティック(脊椎矯正術)は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 の他にもオステオパシーやスポンディロセラピ-などの脊椎矯正法があります。

米国の治療家パーマー(1845~1913) が体系づけられた。

病変は神経系の機能の障害によって発症するとの考え方に基づいて、体、主に椎骨の指圧で神経系の機能の回復をしようとする治療なのです。