カイロプラクティックと整体

ブログ ブログ カイロプラクティック



銀行や証券会社には、顧客から預かったお金などを自社の資産と分けて管理しなければならない規制があるが、仮想通貨は対象外だった。  ビットコイン取引所の最大手だったマウントゴックスの経営破綻(はたん)では、元経営者が利用者のコインを横領していた疑いがある。 仮想通貨への法規制は初めてで、来年の通常国会への法案提出を目指す。 利用者から預かった仮想通貨を自社の持ち分と分けて管理し、監査法人などのチェックを受けるよう義務づける。 金融庁は25日、「ビットコイン」などの仮想通貨の利用者を守るため、取引所などの業者を規制する新法をつくる方針を固めた。

判決は、同社の当時の関連会社が架空売り上げを計上し、虚偽の業績を公表したと認定。 ライブドア(解散)事件で株価が暴落して損害を受けたとして、元株主の男性が、堀江貴文元社長(43)ら当時の幹部8人に計約1億7000万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(倉地真寿美裁判長)は25日、堀江氏ら4人に計7800万円の支払いを命じる判決を言い渡した。 しかし同年1月、同社が強制捜査を受けて株価が暴落した。 堀江氏らについて「虚偽の認識があり、取締役としての任務を怠った」と判断した。 今回の判決で賠償を命じられた4人以外の4人とは、既に計450万円を支払う内容で和解が成立している。 判決によると、男性は2005年12月~06年1月、ライブドア株計25万株を約1億8200万円で購入。







村上世彰元代表は、2014年6月ごろ、東京都内のアパレル会社の株価を、大量の売り注文で意図的に下げた疑いが持たれていて、25日、証券取引等監視委員会の強制調査を受けた。 関係者によると、村上元代表は、自宅の捜索に立ち会い、任意で事情を聴かれたという。 また村上元代表は、意図的に株価を下げたあとに株を買い戻し、株価が上昇したあと、再び売りに出していたが、一連の取引で、数千万円の利益を得ていたとみられることも、新たにわかった。 株価を意図的に下げた、相場操縦の疑いで強制調査を受けた、旧・村上ファンドの村上世彰(よしあき)元代表が、この取引で、数千万円の利益を得ていたことが、新たにわかった。 ほかの複数の銘柄でも同様の取引が行われ、村上元代表の関係者とみられる人物の口座が使われていたということで、監視委員会は、実態解明を進めている。








カイロプラクティック
カイロプラクティック
カイロプラクティック