日別: 2015年12月1日

骨格矯正とカイロプラクティック・整体

カイロプラクティック カイロプラクティック カイロプラクティック



正社員に比べて立場の弱い非正規社員を守るため、派遣元だけでなく、実質的な職場である派遣先の企業にも防止策を義務づける。  現行法は、マタハラの禁止を明記しているが、企業に防止策を義務付けていない。 厚生労働省は、妊娠や出産を理由とした職場での不利益な取り扱い(マタニティー・ハラスメント)の防止策を企業に義務付ける方針を固めた。 厚労省が9~10月に行った調査でも、妊娠した派遣社員が、派遣先で「迷惑だ」「辞めたら?」などと言われる実態が明らかになった。 男女雇用機会均等法と育児・介護休業法を改正し、相談窓口の設置や上司の研修などの具体策を指針で示す。  25日の労働政策審議会分科会で明らかにした。 2017年の実施を目指す。 来年の通常国会に提出する予定の改正案では、産休や育休を取得する社員に対し、上司や同僚が退職を勧めたり、人事考課で評価を下げたりしないよう、企業に対策を立てさせる。

同席した塩崎氏に「介護施設の数も十分ではない。 首相指示は、さらなる積み増しを求めたもので、政府が26日に取りまとめる緊急対策に反映させる見通しだ。 さらに整備計画を追加してほしい」と伝えた。 安倍晋三首相は25日、「1億総活躍社会」の具体的目標である介護離職ゼロの達成に向け、特別養護老人ホームなどの介護施設の追加整備を塩崎恭久厚生労働相に指示した。  首相は介護の実情を把握するため、配偶者らの介護に当たっている一般の男女10人と首相官邸で懇談。 介護施設について、厚労省は従来の整備計画に約6万人分上乗せし、2020年代初めまでに約40万人分を整備する計画を12日に公表している。

焦点となっている軽減税率の対象品目をめぐり、自民党は4千億円の枠内に収まる生鮮食品を軸に調整する考えだが、公明党はさらに財源が必要な加工食品まで含めるよう求めており、平行線が続いている。 井上氏は税財政全体で検討すべきだと主張して折り合わず、協議を続けることを確認した。 自民党の谷垣禎一幹事長は25日、公明党の井上義久幹事長と都内で会談し、平成29年4月の消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率について、社会保障と税の一体改革の枠内の財源(4千億円)で議論するという安倍晋三首相の意向を伝えた。 自公両党はこの日、週内に与党協議を開き、複数税率での取引に対応する経理方式に関して宮沢、斉藤両氏が手がけた素案を提示することを決めた。 会談には自民党の宮沢洋一、公明党の斉藤鉄夫両税制調査会長も同席した。







東京電力と有線放送大手のUSENは25日、法人向け電力販売で業務提携すると発表した。 電力小売りが全面自由化される来年4月から、USENが全国の飲食店などに提供する音楽配信サービスと電気をセットにした割安販売を行う。 既に電力小売りが自由化されている大口顧客については、一部で試験的にサービスを始めている。 東電の供給エリアに加え、中部、関西でも販売していく。 東電の法人向けウェブサイトでのサービス提供も検討する。





ブログ
ブログ
カイロプラクティック

背骨矯正とカイロプラクティック(手技療法)

ブログ ブログ カイロプラクティック



コスト削減に加えて電気料金も引き上げ、13~14年度は2年連続で経常損益が黒字となった。  発行額や時期の詳細は、金融機関などと今後詰める。 東電は原発事故の賠償などで経営危機に陥り、2012年夏に国が資本注入して議決権の過半数を握った。 経営は持ち直しつつあるとして、16年度に運転資金として社債の発行再開を含めて1兆円を調達する計画をたてていた。 東京電力は来秋にも、福島第一原発事故後に止まっていた社債の発行を再開し、3千億円規模を調達する見通しとなった。 原発事故で社債市場の信用力が下がり、銀行からの借り入れに頼ってきたが、自力で調達して「実質国有化」から脱する足がかりをつくる。 ただ、業績回復を後押しする柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働が遅れれば、発行時期は遅れる可能性もある。 国の議決権は、順次引き下げていく道筋を描いている。

投資の落ち込みを反映して企業の生産活動も伸び悩み、工業生産は6.2%増と1~6月期(6.3%増)から伸びが鈍った。 無理な成長を追わずに、成長の質を高めるのが狙いだ。 だが、下支え策が効果を表すには時間がかかるとみられ、市場では「今年の成長率は7%を割り込む」(エコノミスト)との見方も広がっている。 政府も9月以降、鉄道や道路建設などのインフラ整備プロジェクトを相次いで認可するなど、景気下支えに動いている。 しかし、6月中旬以降の株価急落をきっかけに景気の先行きに不安が高まり、中国人民銀行(中央銀行)は8月、昨年11月以降で5回目となる利下げを実施。  中国政府は、今年の成長率目標をこれまで3年間維持してきた7.5%から7%前後に引き下げた。 消費動向を示す社会消費品小売総額は、1~9月期は10.5%増と1~6月期(10.4%増)から小幅の増加にとどまった。 1~9月期の新車販売台数も0.3%増と、14年通年(6.9%増)と比べて勢いを失っている。 地方を中心に続く不動産市場の低迷や、政府が無駄な都市開発を抑制していることなどが背景にある。 また、欧州や新興国などの景気低迷を受けて頼みの外需も振るわず、1~9月期の輸出は1.9%減と前年を下回った。  消費も力強さを欠いている。 今年1~9月期の分野別では、固定資産投資(製造業の設備投資や社会インフラ投資など)は前年同期比10.3%増と、1~6月期(11.4%増)から鈍化した。

また、洪水や土砂崩れが起きたほか、広い範囲で停電が発生、フィリピン当局によると、6万5000人以上が避難しているという。  18日、フィリピンに上陸した「台風24号」が猛威をふるっている。 「台風24号」は、勢力を弱めているものの、進む速度が遅く、数日間はフィリピン付近にとどまる見通しで、被害が拡大する恐れも出ている。 ルソン島では、建物のカベが倒壊するなどして9人が死亡したほか、6万5000人以上が避難している。 ロイター通信によると、ルソン島各地では、台風の影響で木や建物のコンクリート壁が倒れるなどして、少なくとも9人が死亡した。 「台風24号」は18日未明、フィリピンのルソン島に上陸、勢力は非常に強く、最大瞬間風速70メートルを記録した。







イゲ知事は同州のホームレス対策で最も欠けているのは家族の避難施設であると強調した。 今回宣言した緊急事態に基づき、居住先がない個人や家族を恒久的に収容する家屋へ迅速に移す計画に注力する。 ホームレスの家族用の臨時の家屋の建設などを進める。 同知事の報道官によると、州のホームレス人口は今年実施された調査によると推定7620人。 ホームレス人口の増加に悩む米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は16日、路上などでの生活を余儀なくされている住民の減少を目指した緊急事態を宣言する報道発表文を発表した。 ハワイ州でホームレス問題の解決策を模索する幹部によると、同州では特にオアフ島でのホームレス増加が過去2年の間に目立つ。 米国勢調査によると、ハワイ州の総人口は約136万人。 このため関連予算として130万ドル(約1億5000万円)以上を準備した。 数は他州に比べて少ないが、住民10万人当たりの比率では465人と、全米50州の中では最大の水準となっている。 一方、米国のホームレス問題団体によると、カリフォルニア州のホームレス人口は約11万4000人、ニューヨーク州は8万人以上、テキサス州は約2万8500人となっている。 同州では2013年、ホームレス対策が改善してないことに業を煮やした州議会議員が路上などに放置された、ホームレスも使うショッピング用カートをハンマーで相次いで破壊する騒ぎも起きていた。






カイロプラクティック
カイロプラクティック
カイロプラクティック