骨盤矯正と手技療法



辺野古移設阻止の公約実現に全力を挙げる考えを改めて強調した上で、「国の考えに(裁判で)一つ一つ反論したい」と述べ、自ら法廷で陳述することにも意欲を示した。 建設を進めて5年たてば完成する。 翁長氏は会見で「一連の政府の対応は地方自治の本旨に照らして極めて不当だ」と批判。 提訴後15日以内に口頭弁論が開かれる見通し。 これに対し、安倍晋三首相は11日の参院予算委員会で「普天間の危険除去には辺野古(移設)しかない。 しっかりと法令に従って作業を進めていきたい」と述べ、移設作業を継続する方針を明確に示した。 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、同県の翁長雄志知事は11日午後、県庁で記者会見し、辺野古沿岸部埋め立て承認の取り消し処分を是正するよう求めた国の指示を拒否することを正式に表明した。 これを受け、政府は地方自治法に基づき、知事に代わって埋め立てを承認する「代執行」に向け、週明けにも高等裁判所に沖縄県を提訴する方針で、両者の対立はいよいよ法廷闘争に移る。

東京五輪(1964年)の聖火輸送にも使われ、「日の丸飛行機」復活の象徴ともなった。 航空機生産の解禁後、官民で国産機の復活を目指したYS11の開発は、現在の三菱重工業や川崎重工業、富士重工業などが参加した一大プロジェクトだった。 しかしコスト管理の甘さなど多くの課題から赤字が続き、73年に生産を終了。 日本の航空機産業の歴史は古く、戦前には「零戦」などの軍用機が開発・製造され、100万人規模の雇用の受け皿ともなった。 その後は国内各社が米ボーイングの機体の国際共同開発に取り組み、世界市場の成長を取り込んできたが、機体製造全体を主導するメーカーは出なかった。 しかし、敗戦で連合国軍総司令部(GHQ)によって生産が禁止され、伝承が途切れる。 航空関係の技術者は自動車や鉄道などへの転身を余儀なくされた。