日別: 2015年10月26日

手技療法(整体)と脊椎・骨盤矯正



カイロプラクティック(背骨矯正法)は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎指圧療法)の他にもオステオパシーやスポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

アメリカ(米国)の治療師D.D.パーマー (1845~1913) が生みだされた。

疾患は神経機能の障害から起きるという理論に基づいて、身体、主に椎骨指圧神経系機能の回復をはかろうとする施術方法です。

19 世紀に米国(アメリカ)にて生みだされた神経機能に対する治療方法

背骨(脊椎)の歪(亜脱臼)みを改善、神経機能を改善させ、各組織や各器官の不調を治療する。

カイロプラクティック(背骨矯正療法)筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を判断、治療、予防をする専門家であり、関節矯正もしくは脊椎マニピュレーション(アジャストメント)を含む手技を特色として、主に脊椎のズレ(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療方法です。

簡単に言えば…、骨格のゆがみ、特に脊椎(椎骨)の異常を手技や矯正器具によって改善することによって神経機能の働きを回復する施術法です。

すなわち人の身体コントロールするのは脳・脊髄つながっている神経系であり、その神経線維の働きがよくなれば自然とは痛みや痺れの改善とともに健康になると考えているわけです。

健康管理システムの中における骨格健康管理専門職

神経筋骨格系の機能、能力健康そして生活の質を高める能力を有している。

最新の研究および臨床に基づいて、特に脊椎と神経系の関りを重視し治療、検査、診断に専門的な着手方法を行う。

手技矯正運動療法患者の教育など含み、特にアジャストメントを行う訓練を受けた専門家です。

カイロプラクティックは、既往歴を訊き取り、姿勢バランス分析など各検査をします。

骨格のバランスを統合的に診断して施術手順を組立て、症状や個人差に適合した矯正カイロプラクティック・テクニックを用います。







また、有力企業に小さな企業がカルテルへの参加を強要された場合などは、課徴金を減免する措置なども想定されている。 カルテルや私的独占など独占禁止法違反が認定された企業について、公正取引委員会が、調査への協力度などに応じて課徴金の額を公取委の裁量で増減できる「裁量型課徴金制度」の導入を検討していることが15日、関係者への取材で分かった。
法改正をめぐっては、市場秩序を向上させる効果が期待される一方、公取委に強い裁量権を与えることへの妥当性についての議論も予想される。  これまでは、課徴金額は機械的に決められたため、企業にとって調査に協力するメリットが小さく、不正の実態解明の障壁になっていた。 新たな“裁量型”では、違反と認定された企業が公取委から求められた資料を全て提出した場合に、算定率を10%から8%に下げる例や、逆に提出を全て拒んだ企業には算定率を高めるケースなどが想定される。
公取委は独禁法改正案の提出を目指し、原案作成を進めている。 調査協力した企業に“見返り”を与えて実態解明を容易にし、違反の抑止力を高める狙いがある。  現在の制度は、不正に関連した売上高に一定の算定率をかけた額を課徴金とし国庫納付を命じている。




「イーライセンス」の管理手数料は、たとえばCDを販売した場合、使用料の5%で、JASRACの6%よりも安い。 一方、コンサートやカラオケ、店舗のBGMを含む演奏権の管理はJASRACに残すという。 また、無償の宣伝用CDを作るときは使用料を取らないなど、レコード会社の宣伝活動をしやすくしている。 将来的に3社による新しい著作権管理会社の設立を目指しており、今回の移行は事業統合に向けた調整の一環とみられる。 先月30日、子会社のエイベックス・ミュージック・パブリッシングが「イーライセンス」と著作権管理事業者「ジャパン・ライツ・クリアランス」の株式を取得。 今後、それぞれの楽曲の著作権者の合意を取り付け、系列の著作権管理事業者「イーライセンス」に管理を任せる。 その分、権利者への分配金が多いとされる。 音楽大手のエイベックス・グループ・ホールディングスが、日本音楽著作権協会(JASRAC)に任せていた約10万曲の著作権管理を系列会社に移す手続きを始めた。 JASRACによる著作権管理事業の独占状態が、初めて変わる可能性が出てきた。
エイベックスの担当者は「使用料や手数料の選択肢を用意することで、競争を生み出し、音楽業界を活性化させたい」と話す。 エイベックスによると、移行の対象はCDの販売や放送、レンタルなどにかかる権利で、安室奈美恵やEXILE、浜崎あゆみらの楽曲も含まれる。
管理事業者はレコード会社や放送局、カラオケ店、飲食店などから著作物の使用料を受け取り、作家らに著作権料を分配する。 JASRACは国内最大の事業者で、300余万曲を管理している。

 元請け業者である三井住友建設は、事前に地盤調査を実施し、くいを打つ場所を設定したデータを旭化成建材に提供していた。 結果的に、10本のうち6本は強固な地盤である「支持層」に達しておらず、2本は支持層に到達してはいたが、打ち込みが不十分だった。
これらのデータは傾いたマンションだけで10本分あった。 旭化成などによると、同マンションでは建設中の平成17年12月から18年2月の間に、4棟で473本のくいが打たれた。 旭化成はデータ取得に失敗した状況について、さらに詳しく調査する。  旭化成建材の担当者は、このデータをもとに施工を行い、ドリルが支持層に達したかを確認。 このうち傾いた建物を含む3棟で計38本分のデータに転用や加筆があったとしている。
旭化成によると、工事担当者は聞き取り調査に対し、「プリンターのスイッチを押し忘れたり、記録紙が泥で汚れたり、雨でぬれたりして、きちんと記録できなかった」などと話し、データが適切に記録できていなかったことを認めた。  担当者はデータの記録に失敗したが、くいが固定されており、再調査が難しいことから、データを転用した可能性がある。 横浜市都筑区の大型マンションが施工不良で傾いた問題で、くい打ち施工を行った旭化成建材の工事担当者が「地盤の強度データを記録し損ねた」と、他の地盤データを転用・加筆した理由について説明していることが15日、旭化成への取材で分かった。 くいを打ち込みコンクリートで固定していた。