カイロプラクティック・整体(手技療法)と骨格矯正



カイロプラクティック Chiropractic は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)以外に「オステオパシー」・スポンディロセラピ-などの脊椎矯正法があります。

アメリカ治療家「D.D.パーマー 」 が創始した。

疾病は神経の障害によって起るという考え方に基づき、身体、主に背骨の関節指圧によって神経の機能回復をしようとする施術方法なのです。

19 世紀に米国(アメリカ)で創始した神経機能に対して行う治療方法。

脊椎(背骨)の歪(ズレ)みを整え、神経の機能を正常化させ、各組織や各器官の異常を治療する。

カイロプラクティック(背骨矯正術)は筋肉、骨格障害とそれらが及ぼす肉体への影響を判断、治療、予防をするスペシャリストであり、関節矯正もしくは脊椎のマニピュレーションを含めた徒手を特徴として、特に脊椎の歪み(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療法です。

分かりやすく言えば・・・骨格の歪み、特に骨格(脊椎)の不整列を手技や特殊な矯正ベッドによって矯正することで神経の機能の作用を治す施術です。

すなわち人の身体を主に制御するのは脳につながっている神経組織であり、その神経線維の働きがよくなれば自然に人は症状の消失とともに健康になると考えている訳です。

健康管理・システムの中における脊椎健康管理の専門家

神経系や骨格系の機能、健康全般そして日常生活の質をより高める機能を持っている。

最新の研究および臨床経験に基づいて、特に脊椎(背骨)と神経系の関係を重視し診断、検査、治療に専門的な着手方法をする。

手技矯正、体操療法、患者の教育など含みながら、特にアジャストメントをする訓練を受けた専門職です。

カイロプラクティックは、まず既往歴を聞き、姿勢バランス分析など各種検査を行っていきます。

身体の不整列を全体的に判断して治療順序を統合病態や体の特徴に合った施術のカイロプラクティック・テクニックを使用します。

これは記録的不漁だった13年の同期(8万751トン)の約68%に過ぎない水準だ。 秋の味覚、サンマが記録的な不漁に見舞われている。 5年連続水揚げ日本一の北海道根室市花咲港では17日、1600トンを超えるサンマが水揚げされ、港は活気づいた。 全国の漁獲量は昨年同期比でほぼ半減。 同センターの渡辺一功(かずよし)漁況グループリーダー(45)は「このままのペースだと、漁獲量が過去最低の可能性もある」と危惧する。 今後は三陸沖に漁場が南下するが、公海で台湾や中国、韓国の外国船が操業を終えた後の魚群を追いかけることになり、「漁獲量に影響が出てくるかもしれない」と渡辺さんは懸念する。 大型魚が8割を占めた昨年に比べ小ぶりの魚が目立つ一方、浜値(港での取引価格)は品薄感から前年の約1.5倍に高騰している。
原因の一つと指摘されているのが、日本近海に来遊する資源量の減少だ。 水産総合研究センター東北区水産研究所(宮城県塩釜市)が今年6~7月に実施した漁期前調査で既に、日本に来遊する推定資源量は13年(180万トン)の4分の3(136.1万トン)にとどまり、不漁の可能性も懸念されていた。 記録的不漁に終わった2013年との同期比でも7割を割る超低水準で、過去最低の水揚げに終わる恐れが出てきた。  例年であればこの時期は道東の沿岸に漁場が形成され一晩で満船となってピストン操業している時期。 だが、今年は往復に一昼夜以上かかる300キロ前後沖合に漁場が形成され、水揚げ不振に拍車をかける。
だが、都道府県などで構成する漁業情報サービスセンター(東京都中央区)の速報値によると、15日現在の全国の漁獲量は5万5050トンで前年同期比48%減となり、水揚げ不振が続いている。 終盤を迎えている北海道東部の主要4港でも前年比3分の2強にとどまる。




携帯電話料金の引き下げに向けた議論が動き出す。   これによりライトユーザー向けの低容量プランに移行するスマホユーザーの通信料収入の落ち込みをフィーチャーフォンからスマホに移行するユーザーの収入で補える。
<SMBC日興証券・菊池悟シニアアナリスト> データ通信をあまり利用しないライトユーザー対策は必要。 ユーザーのサービス向上と通信業界の成長を踏まえた施策を検討することになるが、この短い時間で落とし所を見いだせるのか。 そうすれば携帯電話各社の業績への影響も少ない。 これによりMVNOにとってはプラスになる。 携帯電話がこれだけ身近なのに、料金にオプションなどが含まれて複雑で、消費者は十分に理解できていない。 二人の専門家に聞いた。 日本の携帯電話料金は世界的にみて、高くも安くもないが、安倍首相が値下げの方策検討を指示したのは、公共料金のようにとらえているからだと思う。 分離により端末の競争から料金やサービスの勝負に変わってくる。 そのため端末代と通信料を分離すれば、通信料はもう少し安くなるはずだ。
端末を買い替えると、端末代金に相当する分を通信料金から差し引いて相殺しているが、実際は端末代を通信料から広く回収する仕組みになっている。 安倍晋三首相の要請を受け、総務省が19日に第1回の有識者会議を開催し、年内に一定の結論を出す予定。 その代わり端末代は高くなる。 LTEへの移行でユーザーの利便性も高まる。 あわせて3GサービスのフィーチャーフォンユーザーがLTEサービスのスマホユーザーに移行できるプランが求められる。 だが、総務省や携帯電話大手の思惑が交錯するなかで議論が難航するとみられる。




次世代技術の開発をめぐっては、トヨタ自動車が9月に米マサチューセッツ工科大(MIT)やスタンフォード大と人工知能の研究で連携すると発表。 2013年から共同開発する燃料電池車(FCV)に加え、人工知能などIT(情報技術)や自動運転が検討対象とみられる。
両社はすでに対象拡大の協議に入った。 ホンダが米ゼネラル・モーターズ(GM)との共同開発の拡大を検討していることが16日、分かった。 両社の技術を融合して次世代技術の開発競争をリードしたい考えだ。 技術開発には長期間を要することから、早期に対象拡大の検討を始める。 FCVでの協力が円滑に進んでいることから、技術の相乗効果や開発投資の低減が見込めると判断したもようだ。 日産自動車も1月にアメリカ航空宇宙局(NASA)と自動運転の共同研究を始めるなど開発競争が激化している。  ホンダは来年3月までに独自開発のFCVを発売するが、20年にGMと共同開発する燃料電池や水素貯蔵システムの搭載車をそれぞれのブランドで発売する予定。

スイッチ内に塗られた多量のグリースが熱で炭化し、始動時以外に電気が流れ、ハンドル付近から煙や火が出る恐れがあるという。
今年4月までに車両火災が13件起きたが、けが人は出ていない。 マツダは16日、エンジンの始動スイッチに不具合があったとして、「デミオ」など21車種計92万3672台(1989年1月~2005年12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。 始動スイッチをめぐっては、スズキが3~4月に同じ部品メーカーが製造したスイッチの不具合で、計約199万台をリコールしている。 同省によると、対象車は「ファミリア」「ランティス」など15車種と、フォードにOEM(相手先ブランドによる生産)供給した「レーザー」「フェスティバ」など6車種。 同省は同日、マツダの原因調査が不十分だったとして文書で改善を指示。