カイロプラクティック・整体と背骨矯正



カイロプラクティック(背骨矯正術)は脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」 Chiropractic の他にオステオパシー (Osteopathy)スポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

アメリカ(米国)の治療師「D.D.パーマー 」 が生みだされた。

病態神経系機能の障害で起きるとの理論に基づいて、、特に背骨の関節の矯正により神経機能回復を目的とした治療方法です。

19 世紀に米国にて開発された神経機能に行う施術です。

背骨(脊椎)の歪(亜脱臼)みを調整、神経機能を正常化させ、組織や各器官の不調治療する

「カイロプラクティック」 Chiropractic は筋肉、骨格障害とそれらが及ぼす体への作用を診断、治療、予防をするスペシャリストであり、関節アジャストメントもしくは脊椎のマニピュレーション(調整)を含む手技を特色とし、特に椎骨の小さな歪み(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療です。

ざっくり言えば…歪み、特に骨(背骨)の歪みを手や器具によって矯正することによって神経機能の働きを治す治療法。

人の体をコントロールするのは脳・脊髄繋がっている神経線維であり、神経細胞の伝達がよくなれば自然に身体は痛み・シビレの消失とともに健康になると考えているわけです。

健康管理の中における脊椎健康管理の専門家

神経系・骨格系の機能・能力、健康全般そして日常生活の質を高める機能を持っている。

最新の研究と臨床経験に基づいて、主に脊椎と神経系の関りを重視し治療、検査、診断に専門的なアプローチを行います。

手技療法、エクササイズ、患者の教育など含みながら、主に椎骨アジャストメントをする訓練を受けた専門職。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)では病歴を聞き、姿勢検査など各検査を行っていきます。

骨格の不整列を統合的に診断して治療順序を組立て、症状や個人差に適した矯正のカイロ・テクニックを用います。

原因の一つと指摘されているのが、日本近海に来遊する資源量の減少だ。 だが、今年は往復に一昼夜以上かかる300キロ前後沖合に漁場が形成され、水揚げ不振に拍車をかける。 記録的不漁に終わった2013年との同期比でも7割を割る超低水準で、過去最低の水揚げに終わる恐れが出てきた。  例年であればこの時期は道東の沿岸に漁場が形成され一晩で満船となってピストン操業している時期。 終盤を迎えている北海道東部の主要4港でも前年比3分の2強にとどまる。
水産総合研究センター東北区水産研究所(宮城県塩釜市)が今年6~7月に実施した漁期前調査で既に、日本に来遊する推定資源量は13年(180万トン)の4分の3(136.1万トン)にとどまり、不漁の可能性も懸念されていた。 同センターの渡辺一功(かずよし)漁況グループリーダー(45)は「このままのペースだと、漁獲量が過去最低の可能性もある」と危惧する。 5年連続水揚げ日本一の北海道根室市花咲港では17日、1600トンを超えるサンマが水揚げされ、港は活気づいた。 だが、都道府県などで構成する漁業情報サービスセンター(東京都中央区)の速報値によると、15日現在の全国の漁獲量は5万5050トンで前年同期比48%減となり、水揚げ不振が続いている。 全国の漁獲量は昨年同期比でほぼ半減。 これは記録的不漁だった13年の同期(8万751トン)の約68%に過ぎない水準だ。 今後は三陸沖に漁場が南下するが、公海で台湾や中国、韓国の外国船が操業を終えた後の魚群を追いかけることになり、「漁獲量に影響が出てくるかもしれない」と渡辺さんは懸念する。 大型魚が8割を占めた昨年に比べ小ぶりの魚が目立つ一方、浜値(港での取引価格)は品薄感から前年の約1.5倍に高騰している。 秋の味覚、サンマが記録的な不漁に見舞われている。

問題長期化によって信用回復が遅れ、新車販売の不振が続けば、経営への打撃はさらに深刻化することになる。
また、「ソフトウエアは各国によって設定が異なる」(ミュラー会長)ため、リコールの準備に時間がかかるとして、着手は来年以降にずれ込む見通しだ。 全世界で1100万台に上る不正にかかわる車のリコール(回収・無償修理)は拡大し、これらの費用や損害賠償による損失は数百億ユーロ(数兆円)規模に上るとみられる。
これを受け、VWは欧州全体の850万台のリコール実施を表明。 同社は完了までに「複数年かかる」(米国法人幹部)としており、8日の米議会の公聴会では、議員から「不安を抱えながら、車に乗り続けなければならないのか」などの批判が相次いだ。 リコールの開始は年明けまでずれ込む見通しなど不正車への対応は遅れているうえ、不正の原因究明や責任追及なども進まず、同社に対する不信感は強まるばかりだ。 ミュラー会長は「不正は少数の社員によるもの」と強調しているが、独誌シュピーゲルは「幹部約30人が関与した疑いで職務を停止されている」と報じるなど「組織ぐるみ」の疑いは強まっている。 同社は当初、不正車への対応として、違法なソフトウエアに設定したプログラムの変更で済むとして、1100万台すべてのリコールは必要ないとみていた。 リコールで不正ソフトを正常化すれば、有害物質の排出は抑制される代わりに、エンジンの出力や燃費などの性能が低下し、保有者の不満が広がる恐れもあるなど課題は山積している。
一方、VWは今回の問題について内部調査を進めているが、不正の原因や経営陣の関与など、全体像は見えないままだ。 リコールではエンジンの改修なども必要になり、コストは大幅に膨らむ。 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)がディーゼルエンジン車の排ガス規制を不正に逃れていた問題は、18日で発覚から1カ月が経過する。 スイス金融大手UBSは、リコールや損害賠償による同社の損失が350億ユーロ(約4兆7000億円)まで膨らむと予想する。 欧州以外でもリコールの動きが広がっている。 不正による影響はますます深刻化している。 しかし発覚後1カ月近くも明確な対応を示さないVWへの不信の高まりを受け、ドイツ政府は15日、同国内の全不正車約240万台のリコール命令に踏み切った。

また、有力企業に小さな企業がカルテルへの参加を強要された場合などは、課徴金を減免する措置なども想定されている。 カルテルや私的独占など独占禁止法違反が認定された企業について、公正取引委員会が、調査への協力度などに応じて課徴金の額を公取委の裁量で増減できる「裁量型課徴金制度」の導入を検討していることが15日、関係者への取材で分かった。
法改正をめぐっては、市場秩序を向上させる効果が期待される一方、公取委に強い裁量権を与えることへの妥当性についての議論も予想される。  これまでは、課徴金額は機械的に決められたため、企業にとって調査に協力するメリットが小さく、不正の実態解明の障壁になっていた。 新たな“裁量型”では、違反と認定された企業が公取委から求められた資料を全て提出した場合に、算定率を10%から8%に下げる例や、逆に提出を全て拒んだ企業には算定率を高めるケースなどが想定される。
公取委は独禁法改正案の提出を目指し、原案作成を進めている。 調査協力した企業に“見返り”を与えて実態解明を容易にし、違反の抑止力を高める狙いがある。  現在の制度は、不正に関連した売上高に一定の算定率をかけた額を課徴金とし国庫納付を命じている。

これまでは、課徴金額は機械的に決められたため、企業にとって調査に協力するメリットが小さく、不正の実態解明の障壁になっていた。 調査協力した企業に“見返り”を与えて実態解明を容易にし、違反の抑止力を高める狙いがある。
現在の制度は、不正に関連した売上高に一定の算定率をかけた額を課徴金とし国庫納付を命じている。  新たな“裁量型”では、違反と認定された企業が公取委から求められた資料を全て提出した場合に、算定率を10%から8%に下げる例や、逆に提出を全て拒んだ企業には算定率を高めるケースなどが想定される。 公取委は独禁法改正案の提出を目指し、原案作成を進めている。
カルテルや私的独占など独占禁止法違反が認定された企業について、公正取引委員会が、調査への協力度などに応じて課徴金の額を公取委の裁量で増減できる「裁量型課徴金制度」の導入を検討していることが15日、関係者への取材で分かった。 また、有力企業に小さな企業がカルテルへの参加を強要された場合などは、課徴金を減免する措置なども想定されている。 法改正をめぐっては、市場秩序を向上させる効果が期待される一方、公取委に強い裁量権を与えることへの妥当性についての議論も予想される。

監視チームが購入履歴やインターネット・オークションなどをチェックし、転売を確認できたチケットは使えないようにする。
大阪市のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の運営会社は、11月から不正転売されたチケットを無効にすると発表した。 チケットには番号が付けられていることから特定も可能。 運営会社によると、エクスプレス・パスやパレードなどを特別席で鑑賞できるチケットの転売は、昨年7月に「ハリー・ポッター」エリアがオープンしたころから増加。 インターネット上のオークションでは、USJの人気アトラクションの待ち時間を短縮できる「エクスプレス・パス」などが高値で売買されており、運営会社は監視チームを作り、転売の撲滅を目指す。 規定で転売は禁止されているが、年約10億円分のチケットが転売されており、正規価格の7倍で取引された例もあったという。 転売を目的にインターネットで購入されたチケットは、同一人物が販売開始直後に数百枚を買うなど不審な点がある。

始動スイッチをめぐっては、スズキが3~4月に同じ部品メーカーが製造したスイッチの不具合で、計約199万台をリコールしている。  今年4月までに車両火災が13件起きたが、けが人は出ていない。 スイッチ内に塗られた多量のグリースが熱で炭化し、始動時以外に電気が流れ、ハンドル付近から煙や火が出る恐れがあるという。
同省は同日、マツダの原因調査が不十分だったとして文書で改善を指示。
マツダは16日、エンジンの始動スイッチに不具合があったとして、「デミオ」など21車種計92万3672台(1989年1月~2005年12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。 同省によると、対象車は「ファミリア」「ランティス」など15車種と、フォードにOEM(相手先ブランドによる生産)供給した「レーザー」「フェスティバ」など6車種。