カイロプラクティックと骨格矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰(こし)周辺に痛み、発赤などを覚える様を指し示す用語。
NO.2
世界の腰痛事情。
国で行政や学会の方策文化や暮らし、しきたりが違っていても腰部(ようぶ)の疼痛の発症の比率は大体一定である。
WHOの書物では、次のように語られている。 「腰部(ようぶ)の疾患の発症する割合や有病率は、世界中のたくさんの場所でだいたい同じである。 腰痛(ようつう)は、各国で仕事を休むりゆうのナンバー1」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰痛の痛みの原因は、姿勢に起因するとの昭和51年のナッケムソンの指摘以降、欧州では職務中・炊事洗濯中などの対策が行われている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年の欧州ヨーロッパ委員会の腰部の症状診療ガイドラインによれば、欧州での腰部(ようぶ)の病気の生涯発症の頻度は84%で、有病率は23%であります。
NO.5
米国での腰痛事情。
米国アメリカにおいても、おおくの人の腰の疼痛は、要因をはっきり示すことのできない原因不明の腰痛だと言うことです。 このことについて、ナッケムソンは明確な学会の問題を指摘している。
米国は、腰の痛みで、1年間に日本円に換算して1000億円以上が無駄に使われていると算出されている。
NO.6
日本の腰痛事情。
日本の患者においても腰部の疼痛が自覚症状のある患者の比率で一番(最多の症状)で、日本国民の80%以上が一生涯において腰部(ようぶ)の疾患を経験されています。 多くの人々は腰部(ようぶ)の疾患を主張してもレントゲン・MRI診断で原因が認められないようなケースも普通にあります。 病原が特定された時でもその事が腰部の疾病の要因とはかぎらず、腰痛(ようつう)の人の8割は病因箇所の、特定することができない(原因不明の腰痛)。
ブログブログsigur ros



ブログ
ブログ
カイロプラクティック

About

View all posts by