骨格矯正と整体(手技療法)

2016年7月24日 未分類
ブログ ブログ カイロプラクティック

整形外科による治療。 運動療法。 。 体操、ジョギング、散歩 、マッケンジー法。 痛みが強い時は運動禁止。 装具療法。 。 腰痛ベルト、コルセットなど。 いつも付け続けると、筋肉が弱まり腰の痛みが悪化するため、必用とする場合だけ。 薬物療法。 。 消炎鎮痛剤など…。 痛み止めは長期使用し続けると効果が弱まるので、必用な時に使用する。 (通常は12日以下にすべき)弱オピオイドを長期に服用すると習慣性を生じる。 理学療法。 。 関節可動域訓練、筋力トレーニング、温熱療法など。 理学療法士が各患者の病状に合わせて治療法を行う。 マッサージ療法。 。 指圧、マッサージなど…。 整骨院などでも受けることができます(マッサージ師、指圧師の資格保持者)。 手術。 。 椎間板切除術、レーザー減圧手術、など…。 手術が成功しても、腰の痛みが改善するとは限らない。 数ヶ月から数年程度で再発し、再手術になる人もいる。 薬物治療。 腰痛の治療としては、薬が有用なケースの薬物治療があります。 腰痛が起こった時の患者さんの要求は、疼痛が完全に消失することです。 しかし、慢性的な腰痛のケースは、治療の目標は、症状を制御して機能をできる限り回復させることです。 疼痛への薬物療法は、いくばくかの効き目があるに過ぎないので、薬への期待度は、現実に直面して、満足度が下がる時がケースがあります。 通常、まず最初に推奨されるのは、アセトアミノフェンやNSAID非ステロイド消炎鎮痛剤です。 大半の腰の痛い患者は、非ステロイド消炎鎮痛剤NSAIDのみで充分である。 アセトアミノフェンは、規定の量を使うのであれば、大変安全な薬です。 しかし、過剰に使うと、肝臓障害を誘発する原因になり、極端な過量では、死に至る時もある。 非ステロイド系消炎鎮痛剤は、急性の腰部の痛みに対して、アセトアミノフェンより、もう少し効能があるようですが、よりも大きな副作用の危険性があります。 例を上げれば、腎臓不全、胃潰瘍、心臓疾患などを発症する恐れが考えられます。 前述の理由から、非ステロイド系消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンに続いて、二番目に勧められる薬剤となっており、アセトアミノフェンが効果ないケースにかぎって投与されます。 非ステロイド消炎鎮痛剤には、種類があります。 効能を考える場合にCOX-2阻害薬の方が、非ステロイド系消炎鎮痛剤の中のその他の薬よりも良いとする医学的根拠は少しも見付けられない。 セキュリティーの観点から、ナプロキセンがよいかもしれない。 ナプロキセンは、例をあげれば消化性潰瘍や血小板減少症のある人には適さない。 ある研究は、アセトアミノフェンは効果が無いと述べている。 筋弛緩薬は有効なケースもあるかもしれない。 症状があまり改善してこない場合には、モルヒネなどのようなオピオイドの短い間の利用が効果的時もあるかもしれない。 わが国では弱オピオイドが使用される。 オピオイドを投薬すると依存症になる恐れがあり、また、他の薬と負の相互作用がある可能性があります。 また、めまい、吐き気、便秘などの副作用が起きる可能性が大である。 オピオイドは、急性の深刻な痛みが数々のトラブルを起こすケースに、短期使うのが適当です。 腰痛の専門家のグループでは、慢性腰痛に対して、オピオイドを漫然と継続して使ってはいけないと助言している。 慢性の腰痛を患う年長の患者に、糖尿病や胃病変や心臓の疾患など、非ステロイド系消炎鎮痛剤を利用するとリスクが伴う様なケースに、オピオイドが投薬されるケースもある。 また、精神的な病状がある人の中の特定の人々に、オピオイドは有用かもしれない。 抗うつ剤は、抑うつ状態のある慢性の腰の痛みの患者さんに効能がある可能性がある。 しかし、副作用の危険があります。 抗けいれん薬のガバペンチンとカルバマゼピンは、慢性の腰痛に対してしばしば用いられるが、これらは、坐骨神経痛を治癒させる可能性もあるが、不十分な根拠しかない。 ステロイド剤の経口的全身的投与は、腰の痛みには好ましくない。 腰の椎間関節の注射やステロイド注射、椎間板へのステロイド注射は、慢性的な非神経根性疼痛には有益性が無いが、それらは、坐骨神経の症状には、検討されるかもしれない。 硬膜外のブロック注射は、坐骨神経痛に対して、短い間の改善をもたらすが、長い目で見た値打ちは、期待できない。 それらは、副作用を伴う危険性が考えられる。 ブログブログブログ



慢性頭痛 .
慢性頭痛 .
慢性頭痛 .
慢性頭痛 .
慢性頭痛 .
慢性頭痛 .
緊張型頭痛を改善する .