整体(手技療法)と脊椎矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック



ソフトバンクのパケット定額サービスでは、1GBの次は月2GBの通信ができる「データ定額パック・小容量(2)(以下、2GBプラン)」を提供している。 この1GBプランは本当に「安い」といえるのだろうか。 ※本稿の価格はいずれも税別。 前者は、国内の通話がし放題になり、後者は、国内の5分以内の通話がし放題になる。 1GBプランと組み合わせられるのは、スマ放題とスマ放題ライトのみ。 ソフトバンクが、月額料金2900円で1GBのデータ通信を利用できる「データ定額パック・小容量(1)(以下、1GBプラン)」を、2016年4月から提供する。 また、スマ放題ライト+5GBプランの7000円と比べると、スマ放題ライト+1GBプランは2100円安くなる。 「スマ放題」と合わせると月額料金5900円、「スマ放題ライト」と合わせると月額料金4900円で利用できる。 一方で、月額料金934円の「ホワイトプラン」とは組み合わせられない。 今回の新プランは、総務省がタスクフォースで提言した「低容量(1GB以下)のデータ定額プランを作ること」に応える形で新設されたものだが、タスクフォースの発端は、安倍晋三首相が「家計への負担が大きい携帯電話料金の引き下げ」を指示したこと。 2GBの料金は月額料金3500円なので、1GBだと600円安くなる。 仮に1GBとホワイトプランを組み合わせることができれば、月額料金料金は4134円まで下げられる。 ただし、スマ放題ライトでは2GBプランとは組み合わせられないので、スマ放題+2GBプランの6500円と比べると、スマ放題ライト+1GBプランは1600円安くなる。 スマートフォンはバックグラウンドでの通信が多いうえ、1日30~40分の通勤中などで毎日使うと、1GBはあっという間に到達してしまうので、外でスマホを頻繁に使う人には1GBプランは向かない。 この600円の差を大きいと取るか小さいと取るかは人によるだろうが、1GBプランの恩恵を受けるのは、「通話をよくするが、データ通信が少ない人」に限られる。 通話もデータ通信もあまりしないという人は、今回の新プランは安いとは感じないかもしれない。




そしてAndroidベースのOSを採用した折りたたみボディの携帯電話「GRATINA 4G」もラインアップしている。 Androidスマートフォンはシャープ製のコンパクトモデル「AQUOS SERIE mini SHV33」、auの独自ブランドモデル「Qua phone KYV37」(京セラ製)の2機種で、このほか「Xperia Z5 SOV32」の新色「ピンク」と「BASIO KYV32」の新色「レッド」も登場した。 Androidタブレットは、Qua phoneと共通のインタフェースを持つ10.1型ディスプレイの「Qua tab 02 HWT31」(Huawei製)1機種。 なお春モデルには発売済みの「Galaxy A8 SCV32」「DIGNO rafre KYV36」、「isai vivid」の「レザーブラウン」「レザーブラック」も含み、総勢9機種を展開する。






カイロプラクティック(背骨矯正法)は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正法)の他にもオステオパシー (Osteopathy)やスポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

米国の治療家パーマー(1845~1913) が生みだされた。

疾患は神経系の機能の障害から発現するという考え方に基づいて、、主に椎骨の関節の矯正により神経の機能の回復をはかろうとする施術法です。





カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック