ホーム / 未分類 / 「カイロプラクティック」を知ろう!

「カイロプラクティック」を知ろう!

浜松市・植木・造園カイロプラクティック

「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 は1895年米国のパーマーにより開発された手技。

命名の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する造られた言葉です。

世界保健機関WHOでは補完代替医療に位置づけている。

発明国米国や、カナダ、EU諸国などの一部の国において、おもに筋肉系・骨格系の障害を扱う骨格の専門職として法制化されている国もあります。

世界保健機関(WHO)の定義では、「筋肉骨格系の障害とそれが与える健康への影響を診断・治療・予防をする専門職であります。

治療は、手技による関節アジャストメントもしくは骨格マニピュレーションを特徴とし特にサブラクセーションに注目している」。

ただしカイロプラクティック Chiropractic の定義は、様々な協会や教育機関によって異なっているケースも多く見られます。

また、中には疾病症状原因が背骨などの骨(運動分節)の構造的、機能的な亜脱臼(サブラクセーション)だと考え、その亜脱臼(サブラクセーション)を手技や矯正器具で正すことで苦痛を治すことがカイロプラクティックという考えを持っている人がいます。 整体

「整体(せいたい)」とは



整体は、日本ではふつう手技(しゅぎ)を用いた民間療法(みんかんりょうほう)民間療法、代替医療を示す言葉です。

静岡県浜松市東区のカイロプラクティック・整体

また、身体を整える施術方法(せじゅつほうほう)全てについて使われる言葉です。 Blog


整体(せいたい)を知ろう!

整体(せいたい)を知ろう!



日本語として大正時代に使用されるようになった言葉でアメリカ(米国)で体系づけられた手技療法・整骨術を整体(せいたい)と翻訳したのが始まりだと言われています。

「整体」について知ってみよう

「整体」について知ってみよう

「整体」について知ってみよう



今現在、一般にもちいられる意味では、カイロプラクティック(脊椎矯正法)に似ている背骨矯正療法(主に脊椎・骨盤)を主目的とした施術方法を指して用いられるケースがおおい。 Blog


整体で、知らないこと

整体で、知らないこと

整体で、知らないこと

整体で、知らないこと



脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)など、身体全体の骨格や関節の歪みの矯正、筋肉の調整を、手を使った手技療法と矯正器具で行う技術およびその行為を指しているという意見もあるが統一された形態は無い。 Blog


整体(せいたい)で、知ってること

整体(せいたい)で、知ってること



徒手的治療により様々な病状を改善することを目的とする治療方法は「マニピュレーション」と称されるが、この代表といえるのがカイロプラクティック(Chiropractic) とオステオパシー (Osteopathy)である。 自然治癒力を活性化することと手技が中心であるという似た部分があるが、セラピー哲学や着手の方法は異なります。 Blog


「整体(せいたい)」って何だろう?

「整体(せいたい)」って何だろう?



どちらも19世紀にアメリカで体系づけられた療法である。 カイロプラクティック(脊椎矯正療法)は背骨の関節のサブラクセーション(不全脱臼)を手技によって矯正「アジャストメント」して、身体の不調を回復させていこうとする療法。 カイロプラクティック。 オステオパシーは肉体の構造の歪みは体循環に悪い効果を及ぼし、神経伝達や内分泌、体液の循環を阻害すると考え、脊柱だけでなく全ての筋肉や骨格、内臓、頭蓋骨が治療の対象となります。

カイロプラクティック

脳髄液の循環の回復やリンパ液の循環の改善も目的とされています。 「カイロプラクティック」やオステオパシー (Osteopathy)の理論・技法は整体や指圧(しあつ)といった日本の徒手矯正に影響を与えました。 カイロプラクティック

「整体」



整体(せいたい)に決められた手順は無く、行う人により理解・解釈は異なる。 大正の頃に伝わった「オステオパシー」カイロプラクティック(脊椎矯正法)など西洋より伝来の治療法を中心とする整体、古武術の柔術(じゅうじゅつ)や骨法などの流派に伝わる施術を利用した整体、中医学の手技を利用した整体、団体の独自の理論や思想など加えた整体(せいたい)など存在するともいわれる。 カイロプラクティック

「整体(せいたい)」って何だろう?

「整体(せいたい)」って何だろう?



民間療法で、医療制度から見れば代替医療の一種ですが、保険の適応外であるので、通常医療と共に病院で補助療法として用いられることはない。 法制度からは医業類似行為の一種とされます。 「整体術(せいたいじゅつ)」・「整体法」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 ともいわれています静岡県浜松市中区のカイロプラクティック・整体明治末ごろから現れた民間療法で、指圧、カイロプラクティック(脊椎指圧療法)、オステオパシー (Osteopathy)、光線療法、電気治療などの方法を用いて保険治病の目的で業をなすことを「療術(りょうじゅつ)」といいますが、整体もこの一つとされています 。

整体について考えよう

整体について考えよう

整体について考えよう

整体について考えよう



整体は、論理・術が共通でないため、整体(せいたい)を冠する療法家おのおのが、独自の説を語っている。

「整体」で、知ってること

「整体」で、知ってること

「整体」で、知ってること



カイロプラクティック(背骨矯正療法)のような科学的・「物理的」方法と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で普通に使われる内臓体壁反射などの論理の混合形となっています。

整体について知ってみよう

整体について知ってみよう

整体について知ってみよう

整体について知ってみよう



身体の骨格を形作る関節(背骨(せぼね)・骨盤・・四肢・等)の歪み(ゆがみ)・ズレの矯正と筋肉のアンバランスの矯正などを主に手による矯正方法(道具を使うことも)でする施術である。



腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰(こし)に疼痛炎症などを感ずる病態を指し示す一般的な用語。
NO.2
世界の腰痛事情。
地域・場所で学会の方策、カルチャーや暮し暮し暮し暮しや仕来り仕来り仕来り仕来りが違ってもが違ってもが違ってもが違っても腰部(ようぶ)の疾病腰部(ようぶ)の疾病腰部(ようぶ)の疾病腰部(ようぶ)の疾病の発症する割合は発症する割合は発症する割合は発症する割合は、おおよそ変わりないの変わりないの変わりないの変わりないのである。
WHO世界保健機関WHO世界保健機関WHO世界保健機関WHO世界保健機関の通知で通知で通知ででは次項のように次項のように次項のように表現されている表現されている表現されている。 「腰部(ようぶ)の疾病腰部(ようぶ)の疾病腰部(ようぶ)の疾病の罹患率や有病割合は世界中世界中世界中の至る所でおおよそ同じです同じです。
腰部の疾患腰部の疾患は仕事を休業する仕事を休業するりゆうのナンバー1」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰部の痛みの症状の原因は、生活の中での姿勢にあると昭和51年のナッケムソンの提言以来、ヨーロッパでは就労中・家事労働中などの予防対策がされている。

神経学的診察神経学的診察神経学的診察
背骨背骨背骨、脊髄の疾患脊髄の疾患脊髄の疾患が想像想像想像できたときは神経学的検査神経学的検査神経学的検査の知識を用いて解剖学的判断解剖学的判断やレントゲン・CT・MRIを行う必要があるようです。 下半身下半身へ広がる疼痛広がる疼痛が認められる状況には椎間板病変の見込みが出て来る。
椎間板障害は9割ほどががL4/L5椎間板かL5/S1椎間板に発生するという。
脊髄の解剖学的な特性からL4/L5椎間板障害であればL5のみの異常かL5とS1の異常が予想され、腰椎5番・仙骨1番椎間板の症状S1だけの障害となります。 障害された神経根を調べるには知覚(ちかく)、筋力(きんりょく)、反射(はんしゃ)を検査するべきである。
No.53
反射
膝蓋腱反射:腰椎4番腰椎4番神経根が主に関っている主に関っている。 この神経がこの神経が機能低下すれば機能低下すれば腰椎4番腰椎4番障害を可能性を疑う可能性を疑う。
アキレス腱反射。 仙骨1番神経根が大きく関連している。
これが機能の低下を起こせば仙骨1番機能障害などを疑う。
No.54
知覚知覚知覚知覚
腰椎4番腰椎4番腰椎4番腰椎4番。 脛骨稜(すね)の内側。
腰椎5番腰椎5番腰椎5番腰椎5番、脛骨稜(スネ)の外側。
第1指と第2指の間。
S1。 足裏足裏足裏、外くるぶし外くるぶし外くるぶしの下。
No.55
筋力筋力
L4:足首の関節足首の関節の内反と背屈。
L5。 足の指の背屈。
S1、足首の関節の外反と底屈、足の指の底屈。
前述のような神経学診断で解剖学診断を行うことが可能。 さらに定性的な検査には神経根症状を見る誘発診断などが使えます。
特に有用なのがラセーグ徴候(ストレート・レッグ・レイズ)と呼ばれるもので仰向けで横になって膝関節を曲げない状態で脚を挙上する。
お尻お尻から膝の下膝の下に痛みを発現したら発現したらL5,S1の根症状あり証拠になります証拠になります。
上げた上げた脚の反対の下肢が痛みがでる事がありクロスSLRと言われます。
FNS診断といわれるものもあり腹這の姿勢で膝関節を曲げ脚を持ちあげる検査方法。
L3,L4の神経根が圧迫されていると大腿部前面に疼痛が出現する。
MJ

著者について: