背骨矯正と整体(手技療法)

ブログ ブログ ブログ


腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、ウエストに痛み、炎症などを覚える病態を指す一般的な語句。
NO.2
世界の腰痛事情。
地域で学会の施策、カルチャーや生活や慣習が違っても、腰部の疾病の発症の度合いは、だいたい同じである。 WHO世界保健機関の情報では、後述のように語られている。
「腰痛の発症の度合いや有病割合は世界のたくさんの場所でほぼ変わりないのである。
腰(こし)の痛みは世界で仕事を休業する原因のナンバーワン」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰の疾患の痛みの原因は、身体の姿勢にあると1976年のナッケムソンの指摘以来、欧州では作業中・炊事洗濯中などの対策が行われている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年の欧州委員会の腰部の症状診療ガイドラインによれば、欧州における腰の病気の生涯発症の度合いは84%で、有病割合は23%である。
NO.5
米国での腰痛事情。
米国アメリカにおいても、多数クランケの腰(こし)の痛みは、原因をつかめない原因不明の腰痛だと言うことです。 こ現状に関して、ナッケムソンは歴然たる学会の問題を示唆しています。
米国は、腰(こし)の病気になった為に12ヶ月間に日本円にすると1000億円以上が無駄に使われているとされている。
NO.6
日本の腰痛事情。
日本国民においても腰部の病気が自覚症状のある患者の比率で一番(最多の症状)であり、わが国民の80パーセント以上が生涯において腰部(ようぶ)の疼痛を経験する。 大半の人は腰の病気を訴えているが、エックス線・MRI診断で病原が見付けられない場合も珍しくありません。 要因が箇所が見つかるとしてもその箇所が腰部の痛みの原因でないこともあり、腰部の疼痛患者の8割が要因部位の特定することができない(非特異的腰痛)。
NO.7
筋骨格系の腰痛と、それ以外の腰痛の割合。
腰の症状患者のうち、骨折、感染症、がん、変性疾患など、原因の断定診断できるものは15%くらいであり、それ以外の85パーセントほどは、要因のはっきりしない非特異的腰痛である。 レントゲンやMRI病変箇所が見付かったとしても、その異常部位が腰部(ようぶ)の病気の原因とは特定できません。
NO.8
お年寄りの腰痛
椎間板損傷や脊柱管狭窄は、お年寄りにはありふれていて、レントゲンやCTやMRIでは、おおかたの高齢者には発見されるが、大半の場合は、それは腰(こし)の病気の原因ではありません。
そのことは、ときどき外科的処置行う理由にされるが、その外科的処置が成功して最終的には腰部の疾患が良くなることは少ないのである。
NO.9
緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)。
筋繊維などに過剰な負荷が掛かることで、筋肉繊維が過緊張する為引き起こされる腰(こし)の疾病なのです。 過度な負荷を強いると、交感神経は通常優位になり活発化し緊張を加えられ、余計な他の筋肉繊維も力が入る。 すると傾いた均衡調節しようと腰の筋肉に過剰な負荷が大きくなり、腰痛が発生する。
NO.10
慢性腰痛。
腰部(ようぶ)の疾患が、3ヶ月以上続くケースは慢性腰痛と言います。
精神的不安やストレスなどのメンタルのかかわりが大きい。 急性の腰部の痛みから慢性的な腰部の症状への移行は、しばしばイアトロジェニックであるとされていますであるようです。
NO.11
イアトロジェニック病って?。
アメリカ人の死因の三大原因の一つにイアトロジェニック病というのがあります。 1位は心疾患2位は癌、そして3位がイアトロジェニック病だそうです。 イアトロジェニック病という病は分かりやすくいいますと病院の治療で引き起こされた死のことです。 医療や薬、手術などが要因となる死です。
NO.12
危険な腰痛。
危険性の高い腰痛は、死亡する危険性の腹部大動脈瘤や大動脈解離、状態によっては死亡する危険性の腎梗塞、急性膵炎、排尿と排便が難しくなる場合もある馬尾症候群が挙げられる。
注意を要する腰痛としては、化膿性脊椎炎硬膜外膿瘍などの脊椎感染症や、多発性骨髄腫やがんの骨転移などの悪性腫瘍の骨病変などがある。
NO.13
非特異的腰痛を来たしやすい要因。
メンタル的要因(人間関係への不満、不安、精神的緊張、抑うつ)。
肥満(BMI)。 妊娠後期(産後腰痛は軽快する)。
腰に負担のかかる職業(重量物の運搬、介護運転手)。 運動不足。 腰痛の男女比は、大きくない。
左右の脚の長さは、あまり腰痛の要因になりません。
NO.14
欧州の腰痛のガイドラインによれば…。
ヨーロッパでの指針では、腰痛は、疾病ではなく、症状であると言っている。
腰痛の原因は、腰部に負担のかかる体の使い方による椎間板・神経・腰椎などの障害、新生物などの特異的疾患による障害、の2つである。




カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック

著者について: