骨格矯正



「伝染性紅斑」いわゆる「リンゴ病」は、感染すると発熱のほか、頬や腕に赤い発疹ができるのが特徴で、妊娠中の女性が感染すると流産につながることがあります。 国立感染症研究所によりますと、去年一年間に報告された患者は9万2625人で、過去10年で最多でした。 今月17日までの1週間の患者数も同じ時期として過去最多になっていて、厚生労働省は、うがいや手洗いをするよう呼びかけています。 「リンゴ病」の感染が広がっています。
同省の声明によると、この男性はオマーンで発熱したが、同国の医師らが対処できず、22日にタイに入国。 タイでMERS感染が確認されたのは2例目。 「検査でMERS陽性反応が出た」ため、首都バンコク(Bangkok)にある病院に隔離された。  タイで初めてMERSが確認された際の感染者もオマーン人の高齢の男性で、昨年6月に病院に収容されたが、治療後、ウイルス陰性が確認され数週間後に退院した。 当局は、男性と接触した可能性のある250人以上の行方を追跡してる。 このうち37人はウイルスに感染している「可能性が高い」と同省は語ったが、詳細は明らかにしなかった。 タイ保健省は24日、同国を訪れたオマーン人の男性(71)が中東呼吸器症候群(MERS)に感染していることを確認し、男性と接触した可能性のある数百人の行方を追跡していると発表した。 男性は「疲れているが、意識ははっきりしている」という。
兵庫県立大西はりま天文台(同県佐用町西河内)で21日、世界最大の公開望遠鏡「なゆた」の口径2メートルの主鏡(反射鏡)が、補修に伴い7年ぶりに搬出された。 宇宙を観測し続けたことで、大気中の汚れなどが表面に付着したため。 反射率は60%台から約90%に回復する見込みという。 作業を見守った同天文台の研究員は「とにかく無事に、元通りになって戻ってきてほしい」と話していた。 3月上旬にはメンテナンスを終え、再び鮮明な星空を映し出す予定。 同天文台では厚さ最大20センチ、重さ約1トンもの主鏡をはじめ、なゆたを構成する3種類の反射鏡を4日かけて慎重に搬出。  なゆたは、一般の人たちが観測可能な望遠鏡としては、世界一の大きさを誇る。 2004年に設置され、08年12月~09年3月には、初めての補修作業が欧州で行われた。 今回は茨城県の工場に搬送し、表面のアルミニウム膜を張り直す「再蒸着(さいじょうちゃく)」を施す。
20歳未満が全体の9割強を占めた。 まひが出た患者の報告は昨年10月時点では47人だった。 原因不明のまひは、発熱やせきなどの症状が出た後に起き、一部の患者から「エンテロウイルスD68」が検出されている。 原因不明のまひを起こす子どもが昨年夏から相次いだ問題で、国立感染症研究所(感染研)は19日、実態調査の最新情報を明らかにした。





カイロプラクティック Chiropractic は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(背骨矯正法)の他にもオステオパシー (Osteopathy)・スポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

アメリカの治療師「パーマー」 が創られた。

疾患は神経系の障害により起るとの哲学に基づき、身体、主に背骨矯正によって神経系の機能の回復を目的とした治療方法なのです。


Comments are closed here.