脊椎矯正とカイロプラクティック(手技療法)








カイロプラクティック

カイロプラクティック(背骨矯正術)は、1895年に米国(アメリカ)の「パーマー」によって体系づけられた治療方法です。

カイロプラクティックのと呼ばれるようになったのは、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する新しく作られた造語です。

世界保健機関WHOでは補完代替医療として位置づけています。

発祥国のアメリカや、イギリス、オーストラリア、ヨーロッパなどの一部の国(およそ40か国)では主に背骨・骨盤の障害を扱う筋肉、骨格健康管理の専門職として法制化されている国もあります。

(WHO)世界保健機関の定義は「筋肉・骨格の障害とそれがおよぼす健康への影響を診断、治療、予防をする専門職である。

治療方法は、手によって行われるアジャストもしくは脊椎マニピュレーションを特色として、特に脊椎のズレに注目している」。

但しカイロプラクティック(背骨矯正術)の定義は、様々な協会や学校で異なっているケースも多い。

中には痛み症状要因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な歪み(サブラクセーション)にあると考え、その歪み(サブラクセーション)を手技や器具矯正することで病気を施術することがカイロプラクティック(背骨矯正療法)という考えを持っている人々がいます。