骨格矯正と整体(手技療法)

ブログ ブログ ブログ


腰痛と原因


脊椎側弯症
急性腰痛症。
急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)は、ある日急にウエスト周辺に激痛が発現病気で、関節捻挫・筋肉組織の損傷・筋膜の損傷などの状態をいう。
原因。
腰痛とは、腰周りあたりに症状が出現することであります。 普通はウェスト周り痛の場合は臓器の障害、筋肉組織、皮膚の病気、腰椎関節の捻挫とかが考えられます。

内臓からの腰痛でないことを確認する


整体とカイロプラクティック、脊椎側彎症
後腹膜臓器の内科的な病気のケースは重篤な場合にが多く、腰部の症状の患者を診察したら一番初めは内科的な病気の診察を行うようにすることです。
目安として視察で異常病状が無い皮膚の病気はまず無い。
臓器の疾病のケースには安静時の苦痛で、活動している時で痛みが軽減しない(例外が膵臓炎で丸まった方が痛み楽になる)のが特別な特性である。

筋肉組織からくる「ぎっくり腰」


k2片頭痛、カイロプラクティック
筋繊維の疾病の場合では動いている時の痛みが主になるのが独特な特性である。
整形などに腰の疼痛を主に訴え外来受診する人たちはとても数多いようです。
腰の疾病発現時の腰の周辺病状が耐えられないほとの痛みなわりに予後が良い。 7日間くらいで大体半分の人が、2週間から30日間で約90パーセントが軽快するのが特性です。 病院を来院した突発的な腰の痛み患者の7割が非特異的腰痛で、予後が良く椎間板の異常や背骨の骨折のような腰部の痛みが約1.5割であり悪性新生物や感染症が原因となるのは1%以下だという統計がある。
すなわち、腰(こし)の痛みのみで運動器の病態であろうと考えられたら急性腰痛症というような判断でNSAIDsを2週間程度処方し経過観察をするのが普通である。

注意すること


22.脊柱側彎症
注意すべき腰痛
腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板の病変は臨床所見やCT検査やMRI検査の所見でほとんど決定診断できる。 しかしその腰痛の中には、外科疾患のその中にも注意しなければならない腰の疼痛があり以降に列記する。




カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック

骨盤矯正とカイロプラクティック・整体


頭が痛い .
出産後の骨盤矯正 .
腰の痛み . 整体

整体(せいたい)とは、日本語では一般に手技を使った民間療法、代替医療(だいたいいりょう)を表す言葉です。



また体を整える治療法(ちりょうほう)全てに対して用いられる言葉です。



日本語として大正時代に用いられ始めた語句でアメリカ(米国)で誕生した手技療法・整骨医術を整体と訳したのが始まりだと言われています。



今現在、一般にもちいられる意味では、カイロプラクティック(脊椎矯正法)に似ている背骨矯正法(主に脊椎・骨盤)を目的とした手技療法を指して用いられることが多い。



脊椎・骨盤・上肢・下肢など、肉体全体の骨格や関節の歪みの調整、骨格筋の調整などを、手を使った手技と補助器具でおこなう施術及びその行為を表してしるという意見もあるが統一された形態は無い。



徒手的療法により色々な病状を治癒させることを目指す治療法はマニピュレーションと称されるが、この代表的なものがカイロプラクティック(脊椎指圧療法)オステオパシーである。 自然治癒力(しぜんちゆりょく)を高めることと手技が中心であるという共通部分があるが、治療の哲学やアプローチの方法は異なる。



どちらも19世紀に米国で体系づけられた施術です。 「カイロプラクティック」 Chiropractic は椎骨関節の「サブラクセーション」(亜脱臼、不全脱臼)を手技で調整アジャストすることで、身体機能を改善していこうという施術法オステオパシー (Osteopathy)は、体の構造的なアンバランスは体循環に悪い効果を及ぼし、神経伝達や内分泌、血液・リンパ液などの循環を妨害すると考え、脊柱だけでなく全ての筋繊維や骨格構造、内臓器、頭蓋骨が治療法の対象となります。



脳脊髄液の循環の回復やリンパ液の循環の改善も目的とされています。 カイロプラクティック又はオステオパシー (Osteopathy)の理論・技術は、整体(せいたい)や指圧(しあつ)などの日本の手技治療に影響を与えた。



整体(せいたい)では定まった方法は無くやる人によって治療することは異なります。 大正のころ伝えられたオステオパシーカイロプラクティック(脊椎矯正術)などの欧米より伝来の治療法を中心とする整体(せいたい)、日本古来の格闘技の柔術骨法などの流派に伝わる手技療法を取り入れた整体(せいたい)、中国医学の手技療法を取り入れた整体、各団体の独自の施術方法など加味した整体などがあるといわれています。



民間療法で、医療の制度から見れば補完代替医療の一つですが、保険の適応外であるので、一般医療と一緒に一般の医療現場で補助療法として使用されることはない。 法律からは医業類似行為の一つとされています。 「整体術」・「整体法」・「整体療法」 ともいわれる。 明治末ごろから出現した民間療法で、指圧、カイロプラクティック(脊椎矯正療法)オステオパシー、光療法、電気治療などの方法で病気回復の目的で業となす行為を「療術(りょうじゅつ)」といいますが、整体(せいたい)もこの一種とされました 。



整体(せいたい)は、論理・術の両方とも統一されていない為、整体(せいたい)を冠する治療家個人が独自の説を語っています。



「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 のような「科学的」・「物理的」方法と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で時々に使われる内臓体壁反射などの論理の合わせたものとなっている。



身体の骨の関節(脊柱・骨盤・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・等)の歪み・ズレの矯正と骨格筋のアンバランスの矯正などを中心に手足を使った手技(道具は、補助として使用する)で行う治療である。

ギックリ腰 .
整体院 .
カイロ .

脊椎矯正と整体・カイロプラクティック

ブログ ブログ カイロプラクティック


「ぎっくり腰」と原因


n5首の痛み、静岡県浜松市
急性腰痛症。
急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)は、ある日いきなり腰部に痛みが走る疾患で、関節捻挫・筋繊維の損傷・筋膜組織の炎症などの病状をいいます。
原因。
腰痛とは、ウェスト部分辺りに症状が発症することであります。
多くは腰周り痛の場合には後腹膜臓器の病気、運動器、皮膚組織の疾病、椎間関節の捻挫とかが考えられる。

内臓からの腰痛でないことを確認する


4.整体、カイロプラクティック
内臓の内科的な障害の時には重篤なケースでが多く、腰の疼痛の患者を診たら最初は、内科的な疾病の診療をするべきです。
目安として視診で異常病状のみあたらない皮膚組織の疾患はまずない。
臓器の疾患のケースには安静にしているときの痛みであり、活動時で症状が収束しない(例外が膵臓炎で丸まった方が苦痛が楽になる)のが特徴である。

筋肉・靭帯からくる「ぎっくり腰」


c7カイロプラクティック、浜松市、慢性疲労
運動器の怪我のケースは運動時痛がメインになることが特別な特性である。
整形外科に腰部の疾病を主訴に外来受診する患者達はとっても数多い。
腰の症状発生時の腰症状が激しい痛みなわりに後が良く7日程度で約半数の腰痛の患者が、2週間~1か月で約90パーセントが軽減していくのが特徴であります。 医院を来院した突然の腰部の痛み患者の70パーセントが原因のはっきりしない腰痛で、予後が良く椎間板の障害や椎骨の骨折のような腰部の症状が約15パーセントであり悪性腫瘍や感染が要因となるのは1パーセント以下であるという統計があるようです。 すなわち、腰痛(ようつう)のみで筋肉・骨格の疾病であろうという可能性があれば急性腰痛症という判断でNSAIDsを2週間程度処方し経過観察をするのが通常である。

注意しなければならない急性腰痛


w5背中の痛み、静岡県浜松市
注意すべき腰痛
腰椎脊柱管狭窄症や椎間板損傷は整形学的検査や画像所見で大多数は判断できます。 しかしその中には、整形外科的疾患のその中にも注意の必要のある腰部の疼痛があり以降に列記する。




ブログ
ブログ
カイロプラクティック

カイロプラクティック・整体と骨格矯正


浜松 .
カイロプラクティック .
カイロプラクティック . 整体

整体(せいたい)は、日本ではふつう手技を使った民間療法(みんかんりょうほう)代替医療(だいたいいりょう)を示す言葉です。



また身体を整える療法(りょうほう)全般に対してもちいられる言葉。



日本語として、大正時代に用いられ始めた用語で、アメリカ(米国)で体系づけられた療法・オステオパシーを整体と訳したのが始まりだと思われます。



今現在、一般的に使われる意味では「カイロプラクティック」 (Chiropractic) に似た脊椎矯矯正法(主に脊椎)を目的とした施術方法を指して用いられることがおおい。



脊椎・骨盤・上肢・下肢など、からだ全体の骨格や関節の歪みの矯正、骨格筋の調整を、手を使った手技療法(しゅぎりょうほう)と調整器具でおこなう治療及びそれらの行為を指しているという意見もあるが統一された体系は無い。



徒手的治療法により種々の疾病を治癒させることを目指す治療法は「マニピュレーション」と称されるが、この代表といえるのがカイロプラクティック(脊椎矯正術)オステオパシー (Osteopathy)である。 治癒力(ちゆりょく)を活かすことと手技が中心であるという共通点があるが、治療の哲学や着手の方法は異なります。



どちらも19世紀後半にアメリカで体系づけられた治療法です。 カイロプラクティック(脊椎矯正法)は椎骨関節の「サブラクセーション」(亜脱臼、不全脱臼)を徒手的手技によって調整「アジャスト」することによって、体の不調を治す施術法オステオパシー (Osteopathy)は、体の構造的な歪みは血液・リンパ液などの循環に悪い作用をあたえ、神経の伝達や内分泌、血液やリンパ液の循環を妨げると考え、脊椎だけでなく全ての筋肉や骨格構造、内臓、頭蓋骨が治療の対象となります。



脳髄液(のうずいえき)の循環の回復やリンパの流れの回復も目的とされる。 「カイロプラクティック」・オステオパシーの論理・技術は整体(せいたい)や指圧といった日本の手技療法に大きな影響を与えた。



整体には決まった方法は無く人により施術する事は違います。 大正の頃に日本に伝わったオステオパシー (Osteopathy)やカイロプラクティック(脊椎矯正法)など欧米伝来の治療法を中心とする整体、古武術の柔術(じゅうじゅつ)骨法(こっぽう)などの流派に伝わる手技療法を用いた整体、中医学の手技療法を使った整体、団体の独特の施術方法などを加えた整体などが存在するといわれています。



民間療法であり、医療の制度から見て補完代替医療の一種ですが、保険適用外であるため、一般医療と一緒に病院で補助療法として用いられることはない。 法律からは医業類似行為の一種とされています。 「整体術(せいたいじゅつ)」・「整体法」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも呼ばれています。 明治頃に出現した民間療法で、指圧、「カイロプラクティック」「オステオパシー」、光療法、電気治療などの手段を用いて保険治病の目的で業をなすことを「療術」と言いますが、整体もこの一種とされた 。



整体は理論・技術の両方とも共通でないため、整体(せいたい)を冠する治療家おのおのが、独自の説を展開している。



「カイロプラクティック」 Chiropractic の様な科学的・「物理的」治療と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で時々に使われる内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)などの理論の合わせたものとなっています。



肉体の骨格を形作る関節(脊柱(せきちゅう)・骨盤・・四肢・顎関節等)の歪み(ゆがみ)・ズレの調整と骨格筋のバランスの調整など主に手を使用した矯正法で行う治療です。

脊柱側彎症 .
首の痛みと頭痛 .
カイロプラクティック .

背骨矯正

カイロプラクティック カイロプラクティック カイロプラクティック


整体


e10整体、カイロプラクティック、浜松市
急性腰痛症。
急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)は、急に腰の周りに激痛が出る疾患で、関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜組織の損傷などの状況を言います。
原因。
腰痛とは、ウェスト周りあたりに苦痛が発現することです。 大半は腰の周囲痛の場合には内臓の障害、筋肉、皮膚組織の病気、腰部椎間関節の捻挫とかが考えられます。

内科的疾患をまず疑う


e11カイロプラクティックと整体、浜松市
後腹膜臓器の内科的な障害の時は重篤な時でが多く、腰の疼痛の人をみたら一番初めは、内科的な疾患の診断を行うようにすることです。 目安として視診で異常症状の見当らない皮膚の疾患はおおくない。
内臓諸機関の病気の場合には安静時の痛みで、動いている時で症状が軽減しない(例外がすい臓炎で丸まっていた方が病状ば減少する)のが特徴である。

筋肉・靭帯からくる急性腰痛


a19.整体、腰痛
筋繊維の損傷の場合は活動痛が主になるのが特性である。
病院に腰痛を一番の症状に来院する患者はやたら数多い。
しかし腰の症状発症した時の腰周り病態が耐え難い痛みなわりに後が良く7日程度でほぼ半分の腰痛患者が、14日から30日で約9割が軽減するのが特性です。 病院を訪れた突然の腰部の疼痛患者の7割が原因の分からない腰痛で、予後が良好であり椎間板ヘルニアや背骨の骨折などの腰部の病気が約1.5割であり悪性新生物や感染症が要因となるのは1パーセント以下であるという統計がある。 すなわち、腰部(ようぶ)の痛みのみで筋肉・骨格の疾患であろうという可能性があれば急性腰痛症というような診断でNSAIDsを14日間程度処方し経過を観察するのが通常である。

気を付けなければならない「ぎっくり腰」


e2整体
注意すべき腰痛
腰椎脊柱管狭窄症や腰椎椎間板の障害は臨床所見やCTやMRIの診断で大方決定診断できます。 しかし腰痛の中には外科疾患のその中にも注意すべき腰(こし)の疼痛があり後述する。




整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
筋緊張型頭痛と脊椎矯正 .

骨格矯正と整体・カイロプラクティック

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック


ぎっくり腰


m3偏頭痛、整体
急性腰痛症。
急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)は、突然ウェストに激痛が発生する疾病で、腰椎関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの病態を言う。
原因。
腰痛とは、ウェスト周りあたりに病状が発症することであります。 一般に、ウエスト周辺痛の時には臓器の障害、筋繊維、皮膚の疾病、腰部椎間関節の捻挫とかが考えられます。

内科的な疾患を疑う


整体
臓器の内科的な病態の場合では重篤なケースが多く、腰の疼痛の患者を診察したら一番最初は内科的な疾患の否定を行うようにすることです。
目安として検査で異常症状の見当たらない皮膚の病気は多くない。
後腹膜臓器の疾病の時は安静にしている時の苦痛であり、動いているときで疼痛が改善しない(例外は膵炎で丸まった方が苦痛が減少する)のが特別な特徴である。

筋肉組織からくる「ぎっくり腰」


背中の痛み
筋肉組織の疾患のケースは活動しているときの痛みがメインになるのが独特な特徴である。
整形などに腰(こし)の痛みを主症状に外来受診をする患者はとっても多い。
腰部の症状発現時の腰のところ痛みがなわりに強烈な痛み予後が良好であり1週間でおおよそ半分が、14日から1か月で約90パーセントが完治するのが特性です。 医療機関を受診した突発的な腰部の痛み患者の7割が原因の特定できない腰痛で予後が良く椎間板異常や背骨の骨折のような病態が約15%であり悪性新生物や感染が原因となるのは1%以下であるという統計がある。 すなわち、腰の症状のみで筋肉・骨格の病態であろうという可能性があったら急性腰痛症というような判断でNSAIDsを14日程度処方し様子見するのが通常である。

気を付けなければならないこと


カイロプラクティック、頭痛
注意すべき腰痛
腰椎脊柱管狭窄症や椎間板異常は検査やCT検査やMRI検査の診断で大抵決定診断できる。 だがしかし中には、外科的疾患のその中にも注意しなければならない腰(こし)の疼痛があり次項に記す。




ブログ
ブログ
カイロプラクティック