米国では1958年に風疹が大流行したが、米国人が風疹の本当の恐ろしさについて認識するようになったのは、60年代以降である。 それまでタブー視されていた中絶手術が、道徳的ではなく医学的な決断として提唱されるようになったのだ。 風疹は米国社会に深い影響を与えた。 1960年代の米国に、あるウイルスが恐怖をもたらした。 米国でも中絶手術は違法だったが(避妊が禁じられていた州も多かった)、刑法には医師が医学的な理由で「治療の目的の中絶手術」を行うことを許可する例外が含まれていた。 1973年に中絶手術が法的に認められるころには風疹はもはや推進力ではなかったものの、風疹の大流行は「女性のみならず男性も、中絶手術という手順の有効性とそれを合法化する必要性について議論するきっかけとなりました」.「風疹は、中絶手術に関する公の議論を巻き起こし、初期の中絶手術権ムーブメントを後押しする役割を果たしました」とリーガン氏。 先ごろブラジルおよびコロンビア政府が発表した声明は、同様の影響が予想される内容だった。 例外とは妊婦に命の危険がある場合を意味するものだったが、定義があいまいだったため、一部の医師が風疹に感染した女性に対する中絶手術を始めた。 リーガン氏は、風疹によって中絶手術に関する議論が進んだのは、家族の問題としてとらえられたためだと述べている。 しかし、小頭症の前例が存在すること、さらに感染した妊婦の中絶手術を支持する声明をブラジル人医師らが出していることから、50年前に風疹によって米国で起きたことと同様に、ブラジルでもジカウイルスによって中絶手術に対する慣行が変わる可能性がある。 1960年代初頭に深刻な先天異常を引き起こした薬害サリドマイド禍を経て、64~65年の風疹流行時に、米国政府は妊婦が感染する危険性について積極的な警告を行ったと、『危険な妊娠(Dangerous Pregnancies)』の著者レスリー・J・リーガン氏は言う。 「風疹は、中絶手術に関する公の議論を巻き起こし、初期の中絶手術権ムーブメントを後押しする役割を果たしました」とリーガン氏。 それはジカウイルスではなく、風疹ウイルスである。 ウイルスに感染した妊婦への中絶手術許可は、健康な子どもを産みたいという両親の希望を叶える手段として提案された。 どちらの国も、中絶手術は今でもほぼ例外なく違法である。 1973年に中絶手術が法的に認められるころには風疹はもはや推進力ではなかったものの、風疹の大流行は「女性のみならず男性も、中絶手術という手順の有効性とそれを合法化する必要性について議論するきっかけとなりました」ブラジルでは、出生児が小頭症を発症している例があり、その大半がジカウイルスによるものと考えられているが、この国で中絶手術が合法になるのはレイプ、妊婦の健康に対する脅威、無脳症の場合のみ。 その後、医師らが「治療のための中絶手術」を許可する条件を法的に定義するよう主張した結果、全国的な中絶手術合法化のムーブメントにつながった。 先天異常による中絶手術の前例がないコロンビアでも、保健相が、感染した妊婦が中絶手術を求める権利を示唆している。 大人の症状は一般的な風邪とさほど変わらないのに、妊婦が感染すると、胎児の難聴や心臓欠陥、精神障害のほか、死亡すら招くというものだった。




携帯キャリアの中で、最初に実質0円を打ち出したのはソフトバンクだった。 結果的には、総務省の皆さんが意図された方向に改善されてきているのではないか」と語った。 この影響についてソフトバンク代表取締役社長 兼 CEOの宮内謙氏は、「1月末までが激しいキャッシュバック戦争だったので、2月と比較すると相当減ったように見えるかもしれないが、2015年の2月と比べるとそんなに激減ではない。 総務省は2月2日、ガイドラインを守っているかを確認するため、店舗での覆面調査を実施すると発表。 この点については、「別にあっても構わないと思うが、世界中でいろいろな会社がいろいろなモノの売り方をしている。 孫氏は「iPhoneは6万円とか10万円とかする。 それが世界一安く手に入る日本、僕はいいんじゃないかなという気がする。 ソフトバンクグループ代表取締役社長の孫正義氏は、2月10日に開催された決算会見で、2月から“実質負担0円”での端末の販売が廃止されたことについて、「本当にそれは改善なのか、改悪なのかは、いろいろな議論があるところだと思う」と見解を述べた。 それを特に若い人に定価で買ってくださいというのは負担が大きいんじゃないかと思う。 「その分、ユーザーには通信料を安くするとか、学生のヘビーユーザーには『何ギガプレゼント』みたいな形で還元する。 特定の業界であまり事細かに、手取り足取りというのはいかがなものかと一般論としては感じる」(孫氏)と疑問を呈した。 その一方で、実質0円での提供は経営的には負担の方が大きかったとし、その負担が軽減されるという意味ではポジティブに捉えていると説明。 でも、(総務省が)それがいかんという方針なら、我々はそれに従う」と思いを語る。 我々としては逆にシェアが上がっているのが実態」と説明した。 この前日となる2月9日に開催されたKDDIの決算会見で、同社代表取締役社長の田中孝司氏は、実質0円の販売が廃止された影響について、「来店客数は大幅に減っている」と語っていた。 また、行き過ぎたキャッシュバックと思われる広告や掲示を見つけた場合には、総務省が設置した窓口まで連絡するよう求めている。
プロモビデオは、1度見たユーザーに何度も表示されることはない。 Twitterは、「First Viewにより、マーケターはTwitterの最も価値のある広告枠を24時間専有することで、重要なオーディエンスリーチを獲得できる」と説明する。 TwitterはMAUこそ伸び悩んでいるものの、広告による売上高は堅実なペースで増加している。 2015年第3四半期(7~9月)の広告売上高は前年同期比60%増だった。 広告主はFirst Viewにより、プロモビデオを24時間限定でタイムラインの上部に表示できる。 同社は10日に第4四半期の業績を発表する。 広告料などの詳細は不明だが、かなり高額になりそうだ。 Twitterが昨年公開したプロモビデオの効果についての説明によると、ある効果測定の結果、プロモビデオを再生したユーザーの43%がそのブランドを記憶しており、また、プロモビデオに接しなかったユーザーよりもキャンペーンの認知率も高かったという。 「ユーザーが最初にTwitterを訪問したとき、あるいはTwitter.comにログインしたとき」に、タイムラインの上部にプロモビデオ(動画入りの広告ツイート)が表示される。 米Twitterは2月9日(現地時間)、新たな広告商品「First View」を発表した。 時系列が特徴のタイムラインに、ユーザーにとっての不純物がまた1つ増えることになる。 まずは米国で“ローリングアウト”していき、その後提供地域を拡大する計画。 First Viewに表示されるのは、まずはプロモビデオだけだが、Twitterの広報担当社が米TechCrunchに語ったところによると、今後他の広告商品も対象にする可能性があるという。 「最初にTwitterを訪問したとき」というのは、恐らく「あなたがいない間に」機能と同程度の期間を置いてTwitterを再訪したとき、という意味のようだ。






カイロプラクティック

カイロプラクティック(脊椎矯正療法)とは1895年アメリカ(米国)の「ダニエル・デビッド・パーマー」により発明された施術方法です。

カイロプラクティックの名称の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する造語。

世界保健機関WHOでは補完代替医療として位置づけています。

発祥国アメリカや、イギリス、オーストラリア、EU諸国などの一部の国(約40カ国)では、主に骨格の障害を取り扱う筋・骨格系健康管理専門家として法制化されています。

(WHO)世界保健機関の定義では「筋肉・骨格の障害とそれが及ぼす健康への影響を診断・治療・予防をする専門家である。

治療方法として手技によって行われる脊椎矯正もしくは脊椎マニピュレーションを特徴として、特に脊椎の小さなズレに注目している」。

但しカイロプラクティックの定義は、いろいろな協会や学校によって異なっている時も多い。

中には苦痛の要因が脊椎などの骨の構造的、機能的な異常(サブラクセーション)にあると考え、そしてその異常(サブラクセーション)を手・器具により調整することで痛み・痺れ施術することカイロプラクティック(脊椎矯正法)と思っている人達がいます。