カイロプラクティック(手技療法)と骨格矯正

カイロプラクティック カイロプラクティック カイロプラクティック

正社員に比べて立場の弱い非正規社員を守るため、派遣元だけでなく、実質的な職場である派遣先の企業にも防止策を義務づける。

 現行法は、マタハラの禁止を明記しているが、企業に防止策を義務付けていない。

厚生労働省は、妊娠や出産を理由とした職場での不利益な取り扱い(マタニティー・ハラスメント)の防止策を企業に義務付ける方針を固めた。

厚労省が9~10月に行った調査でも、妊娠した派遣社員が、派遣先で「迷惑だ」「辞めたら?」などと言われる実態が明らかになった。

男女雇用機会均等法と育児・介護休業法を改正し、相談窓口の設置や上司の研修などの具体策を指針で示す。

 25日の労働政策審議会分科会で明らかにした。

2017年の実施を目指す。

来年の通常国会に提出する予定の改正案では、産休や育休を取得する社員に対し、上司や同僚が退職を勧めたり、人事考課で評価を下げたりしないよう、企業に対策を立てさせる。

同席した塩崎氏に「介護施設の数も十分ではない。

首相指示は、さらなる積み増しを求めたもので、政府が26日に取りまとめる緊急対策に反映させる見通しだ。

さらに整備計画を追加してほしい」と伝えた。

安倍晋三首相は25日、「1億総活躍社会」の具体的目標である介護離職ゼロの達成に向け、特別養護老人ホームなどの介護施設の追加整備を塩崎恭久厚生労働相に指示した。

 首相は介護の実情を把握するため、配偶者らの介護に当たっている一般の男女10人と首相官邸で懇談。

介護施設について、厚労省は従来の整備計画に約6万人分上乗せし、2020年代初めまでに約40万人分を整備する計画を12日に公表している。

逮捕容疑は9月9日、許可を受けずにライフルスコープ1個をインドネシアに向け、国際スピード郵便で輸出した疑い。

 公安部は、2人が直接テロ組織を支援していたわけではないとみているが、詳しい動機や思想的背景がなかったか解明を目指す。

デニ容疑者は自身のフェイスブックに国際テロ組織アルカイダ元指導者ウサマ・ビンラディン容疑者の動画を掲載。

インドネシア向けに銃に装着するライフルスコープを不正輸出したとして、警視庁公安部は25日、外為法違反容疑で、同国籍の工員デニ・ダニエル容疑者(40)=千葉市花見川区千種町=と会社員イルヴァン・アリザル容疑者(31)=東京都葛飾区奥戸=を逮捕した。

公安部によると2人は兄弟で、いずれも容疑を認めている。

イルヴァン容疑者もイスラム過激派の兵士とみられる画像を載せていた。

サンゴが大幅に減少したと推定される場所もあり、政府は同日、中国漁船による密漁の影響だとして、外交ルートを通じて中国側に再発防止を要請した。

調査地点がほぼ同一で、当時はアカサンゴなど131群体が見つかった場所からは今回、5群体しか確認できず、逆に過去の調査ではなかった漁網が86枚見つかった。

全地点から漁網計147枚が見つかり、中にはサンゴに絡まった網や、漁具によって一部が折れたサンゴもあったという。

宝石サンゴの密漁問題で、水産庁は24日、沖縄周辺海域でサンゴの生息状況を調査した結果、海底にある中国漁船のものとみられる多数の漁網や、破損したサンゴを確認したと発表した。

さらに、農林水産省が2010~11年度、同海域で実施した調査結果と比較。

調査は今年8月18日~9月7日、同海域の26地点で無人探査機を使って実施。

村上世彰元代表は、2014年6月ごろ、東京都内のアパレル会社の株価を、大量の売り注文で意図的に下げた疑いが持たれていて、25日、証券取引等監視委員会の強制調査を受けた。

関係者によると、村上元代表は、自宅の捜索に立ち会い、任意で事情を聴かれたという。

また村上元代表は、意図的に株価を下げたあとに株を買い戻し、株価が上昇したあと、再び売りに出していたが、一連の取引で、数千万円の利益を得ていたとみられることも、新たにわかった。

株価を意図的に下げた、相場操縦の疑いで強制調査を受けた、旧・村上ファンドの村上世彰(よしあき)元代表が、この取引で、数千万円の利益を得ていたことが、新たにわかった。

ほかの複数の銘柄でも同様の取引が行われ、村上元代表の関係者とみられる人物の口座が使われていたということで、監視委員会は、実態解明を進めている。

ブリヂストンは、2011年11月からネクスコ・エンジニアリング北海道と共同で同技術の試験を進めており、今回、同社とライセンス契約を締結。

判別結果は車内ディスプレイに表示されるほか、通信ネットワークを介してほかのドライバーや道路管理事業者と共有することもできる。

これをリアルタイムに解析し、7つの路面状態(乾燥、半湿、湿潤、シャーベット、積雪、圧雪、凍結)に判別する。

「CAIS」を使用することで、夜間など視界の悪い状況でも、走行しながら路面状態を的確に把握できるようになる。

ブリヂストンは11月25日、タイヤから路面状態をリアルタイムに判別するセンシング技術を世界で初めて実用化したと発表した。

タイヤのトレッド内側に装着した加速度センサによりタイヤのトレッドの振動を検出し、情報を無線で車載解析装置へ送信。

今回、実用化に成功したのは、タイヤから接地面の情報を収集・解析し、路面情報やタイヤの状態を把握する「CAIS」コンセプトに基づく路面状態判別技術だ。

また、路面情報を道路管理事務所がリアルタイムに共有することで、効率的かつ効果的な雪氷対策作業が可能となる。

カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック