骨格矯正と整体・カイロプラクティック

郵政3社の株式は国内で売り出す95%を個人投資家に販売する計画だ。

 上場する3社の一つで、金融2社と日本郵便(非上場)の持ち株会社である日本郵政の株式売り出し価格は、26日に決定する。

売り出し価格は、引受証券会社が投資家の購入希望を募り、需要を把握した上で決定した。

購入申込期間は、金融2社が20~23日、日本郵政が27~30日。

ゆうちょ銀行は1株1450円、かんぽ生命は同2200円で、個人投資家の購入意欲の強さから、両社とも7日に公表した仮条件の上限値が売り出し価格となった。

来月4日に上場する日本郵政グループ3社のうち、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の東証1部上場が19日決まり、売り出し価格が公表された。

18日、ルング大統領は集まった約5000人の国民を前に「神はわれわれの嘆きを聞き、われわれの罪をゆるしてくださる。

ザンビアの通貨クワチャは今年に入り、対ドルで45%も下落した。

輸出の大半を占める銅の価格が下がったのが主な要因だが、下落率は米経済通信社ブルームバーグ(Bloomberg)が動きを追う155通貨の中でも最悪となっている。

 この日に予定されていたサッカーの試合はすべて延期され、バーは午後6時までの閉店を命じられた。

そして必ず、この国を深刻な社会・経済危機から救ってくださる」と語り、さらに「優れたアイデア」を持つ者は名乗り出て政府を支援するよう呼び掛けた。

こうした事態を打開しようと、ルング大統領は前月、国を挙げて神に祈りをささげるよう命令していた。

北朝鮮外務省報道官は17日、朝鮮中央通信を通じて声明を発表し「朝鮮半島で対決と緊張激化の悪循環を決定的に断つためには(朝鮮戦争)停戦協定を平和協定に変えなければならない」と訴えた。

朝鮮中央通信は最近、国家宇宙開発局の国際宇宙航行連盟加盟が決まったと伝えた。

 10日に開かれた朝鮮労働党創建70年記念行事でも、金正恩(キムジョンウン)第1書記が演説で核について具体的に言及せず、対米非難も抑制するなど米国の反応をうかがう姿勢を示してきた。

両国が追加制裁など新たな圧力を加える構えを見せた場合、長距離弾道ミサイル発射に踏み切って対抗する可能性もある。

国際宇宙航行連盟は公的機関ではないものの、各国政府機関や企業、科学者らが参加する非政府組織だ。

 だが、米韓首脳会談を通じて米国側から伝えられたのは、ミサイル発射や核実験への警告や北朝鮮を核保有国として認めないという従来の立場だった。

同局は、事実上の長距離弾道ミサイル発射である「衛星打ち上げ」を担っている組織だ。

このため、北朝鮮は今後、米国を対話のテーブルに引っ張り出すためにミサイル発射などの挑発行為に打って出るとの観測もある。

ワシントンで開かれた米韓首脳会談後、北朝鮮の核・ミサイル開発に的を絞った共同声明が発表されたのを受け、北朝鮮が米韓の結束に反発を強めるのは必至だ。

 北朝鮮はミサイル発射の前提となる手続きを進めている。

ただ、オバマ氏は南シナ海問題などで中国が国際規範に違反した場合は、共に「声を上げることを期待する」と要請。

 朴氏は9月に中国が北京で開いた「抗日戦争勝利70年」の軍事パレードなどの行事に出席。

習氏と天安門城楼で並ぶなどして世界に緊密ぶりを印象付けた。

米国は主要同盟国である韓国にも対中けん制で役割を果たすよう強く求め、過度な中韓接近にくぎを刺した格好だ。

 だがその後「我々は第二次大戦後の国際規範によって利益を享受し」、それが弱体化することは「韓国を含む全ての国にとって良くない」と指摘し、中国が違反した場合には共同歩調を取るよう求めた。

オバマ米大統領は共同記者会見で韓国と中国の関係強化を支持し、韓国内では「中国傾斜論払拭(ふっしょく)」(聯合ニュース)との評価が出ている。

米国内では「一部の人々には神経に障るイメージ」(ワシントン・ポスト)との見方も出て、韓国の「中国傾斜論」に拍車がかかった。

さらに「もし朴氏が(中国国家主席の)習近平氏と会えば、米国に問題が生じるとの見方があるが、おかしな話だ」と指摘した。

米ホワイトハウスで16日に開かれた米韓首脳会談は、韓国と中国の接近による米国の懸念を朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領が取り除けるかが焦点の一つだった。

 オバマ氏は韓国側の記者に「米韓関係に亀裂があるとの指摘をどう考えるか」と問われ「米韓関係は過去のどのときよりも強い」と反論。