Home » 未分類 » 手技療法と骨格矯正

手技療法と骨格矯正

米Appleが次期iPhone(「iPhone 7」と呼ばれる)で3.5ミリイヤフォンジャックを排除するといううわさを受けてオンライン署名ページSumOfUsで始まった「Appleにイヤフォンジャックの継続を訴える署名」が、目標数の21万人を超えた。

その後、米9TO5Macなども独自の情報筋からこのうわさを裏付ける情報を入手したと報じている。

本稿執筆現在、21万7058人となっている。

また、同社はBeatsブランドのBluetoothイヤフォンを開発中といううわさもある。

日本からも署名できる。

このうわさは、Apple情報に詳しいMacお宝鑑定団Blogが「信頼できる情報筋の話」として昨年11月に最初に報じたもの。

AppleのiPhoneにはこれまで標準で純正のイヤフォンが付属してきておりiPhone 7にもLightning接続のEarPodsが付属するとみられている。

Appleは過去にも、iPodのDockコネクタを最初のFirewireから2003年にDockコネクタに、その後さらにLightningへと変更し、大量のコードやケーブルを無用の長物と化させたとこのページは訴える。

署名ページには、「この変更はiPhoneユーザーにイヤフォンを買い換えるための余分な支出を強いるだけでなく、リサイクルされない電子機器の山を創出することになる」とある。

銀行、保険、証券監督当局を集約し、一元化することを検討していた。

国務院当局者のコメントは現時点で得られていない。

関係筋によると、国務院の幹部、肖捷氏が率いる見通しだ。

市場関係者の1人は、中国市場混乱の背景について「中国が経済、金融崩壊の瀬戸際にあって、指導者らがパニックに陥り出したのでなく、共産党が一段と市場原理に基づいた経済へ明確な道筋を決めることに無関心とみられていることが根本にある」との見方を示した。

関係者は「指導部は株式市場の危機に大きな不快感を抱いている」と指摘。

関係筋が明らかにした。

ただ、規制当局の一元化に時間がかかるため、暫定的な担当機関の検討に入ったという。

国務院は、金融担当部門の格上げに向けて作業部会を設置した。

規制当局の一本化には数年を要する可能性があるため、暫定措置として国務院の金融部門を格上げする案が持ち上がっている。

金融当局の不手際により、経済政策運営に対する懸念が世界的に高まったとの見方が背景にある。

中国では、昨年夏の株式相場の急落後、金融当局間の連携が上手く取れていなかったことがこうした事態を引き起こしたとの批判が浮上。

そこに年明けの相場急落が追い討ちをかけ、市場の信頼回復に向けた規制当局の体制見直しが一段と切迫性を増していた。

カイロプラクティック(脊椎矯正療法)は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティックの他に「オステオパシー」・スポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

アメリカの治療家「ダニエル・デビッド・パーマー」(1845~1913) が生みだされた。

病態は神経系の機能の障害から発生するとの理論に基づき、身体、主に椎骨の指圧で神経系機能回復をはかろうとする施術法です。