背骨矯正と整体・カイロプラクティック(手技療法)

まず再婚禁止期間訴訟の判決を行い、直後に夫婦別姓訴訟について言い渡す見通し。

夫婦別姓を認めず同姓を定めた民法の規定と、女性にだけ離婚後6カ月(約180日)間の再婚禁止を定めた規定について争われた2件の訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は11日までに、判決期日を12月16日午後3時に指定した。

最高裁は、家族の在り方に深く関わる二つの規定について、初の憲法判断を示すとみられる。

今回の撤収計画の見直しの背景には何があるのでしょうか。

アメリカのオバマ大統領は10月中旬、アフガニスタン撤収計画を見直し、次期大統領就任後の2017年以降も米軍を5500人程度駐留させると表明しました。

アフガニスタン戦争は2001年から14年以上にわたるため、既に「アメリカの最長の戦争」となっており、今回の見直しでさらに長引いていくことになりました。

2012年の自らの再選の公約としてオバマ自身が掲げた任期中の米軍のアフガン撤退が結局、実現しなかったことになります。