骨格矯正と整体(手技療法)

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、腰(こし)の周辺に疼痛発赤などを生じる状況を指す一般的な語句。

NO.2
世界の腰痛事情。

国・地域によって、行政や学会の施策カルチャーや生活、仕来りが異なっても、腰部(ようぶ)の疾患の発症の頻度は、おおよそ同じである。

WHO世界保健機構の資料は以下のように書かれている。

「腰(こし)の疾病の発症の頻度や有病割合は、おのおのの国のあちこちだいたい一定である。

腰(こし)の疾患は世界中で仕事を休まなければならない理由の一番である」。

NO.3
姿勢による腰痛の予防。

腰部(ようぶ)の症状の症状の原因は、日常生活の姿勢にあると昭和51年のナッケムソンの提言以降、欧州では就労中・炊事洗濯中などの予防対策が行われている。

NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。

2004年の欧州ヨーロッパ委員会の腰痛診療ガイドラインでは、欧州での腰(こし)の症状の一生のうちでの発症する割合は84%で、有病率は23%になります。

NO.5
米国での腰痛事情。

米国アメリカでは、数多くのクランケの腰(こし)の病気は、要因を断定できない非特異的腰痛である。

こ現状について、ナッケムソンは明快なアカデミーの問題を指摘しています。

米国では腰部(ようぶ)の病気になった為に1年間に日本のお金で1000億円以上が医療費として使われていると計算されています。

NO.6
日本の腰痛事情。

わが国においても腰(こし)の病気が有訴者率第一位(もっとも多い症状)であり、日本人の80パーセント強が一生において腰の疾病を経験している。

多くの人々は腰部の病気を主張してもエックス線・MRIで病変部位が診付けられないケースも珍しくない。

原因が見付かったときもその病変部位が腰(こし)の病気の原因と断定できない場合も多く、腰部(ようぶ)の症状患者の80パーセントは原因部分が、特定することができない(非特異的腰痛)。

ブログブログブログ

ブログ
ブログ
カイロプラクティック